AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

アメリカのAUTODESK社は、2021年6月6日から「AutoCAD LT」の新規契約の受付を終了することを発表しました。

代わりに、従来のAutoCAD LTの価格でAutoCADを使用できるようになります。

今回の変更により、より安価でAutoCADを使えるようになったため、Jw_cad・BricsCAD・Vectorworks・ZWCADなどのユーザーがAutoCADに乗り換える可能性もあるでしょう。

 

この記事では、2021年6月からの新しいAutoCADについて解説します。

参考記事:AUTODESK社「新規 AutoCAD 提供製品の発売に関するよくあるご質問 (FAQ)

AutoCADの変更点

AutoCADの変更点

2021年6月からのAutoCADの主な変更点は下記の3つです。

  1. AutoCAD LTは廃盤
  2. 従来のAutoCAD LTの価格でAutoCADを利用可能
  3. 新プラン「AutoCAD Plus」でツールセットを利用できる

 

1つずつ解説します。

 

AutoCAD LTは廃盤

従来のAutoCAD LTは廃盤になりました。

2021年6月以降も、期間満了まではAutoCAD LTを利用できますが、期間満了後は新しいAutoCADの購入が必要です。

従来のAutoCAD LTは、自動的にAutoCADに移行されるわけではないので注意してください。

 

従来のAutoCAD LTの価格でAutoCADを利用可能

新しいAutoCADを、従来のAutoCAD LTの価格で利用できるようになりました。

AutoCADの変更点は下記の表のとおりです。

変更前 変更後
価格 199800円/年 71500円/年
機能 専門分野のツールセットあり 専門分野のツールセットなし

下記の新機能が追加↓

トレース

共有

カウント

パフォーマンスの改善

Autodesk Docsにプッシュ

フローティングウィンドウ

ちなみに、下記の機能は従来と同様に使えます。

  • 2D作図
  • ドキュメント作成
  • APIのカスタマイズ
  • Express Tools
  • 3Dモデリング
  • ビジュアライゼーション
  • AutoCADモバイルアプリ
  • AutoCAD Webアプリ

 

AutoCADの価格が大きく下がったのはメリットですが、反対に、専門分野のツールセットが使えなくなっています。

専門分野のツールセットを使う場合は、次に紹介する新プラン「AutoCAD Plus」がおすすめです。

※AutoCADのサブスクリプションメンバーは、Autodesk App Storeから追加料金なしでCALS Toolsをダウンロード可能。

 

新プラン「AutoCAD Plus」でツールセットを利用できる

AutoCADの機能に加えて、下記の専門分野のツールセットを使える新プランです。

  • Mechanicalツールセット
  • Architectureツールセット
  • Electricalツールセット
  • Map3Dツールセット
  • MEPツールセット
  • Plant3Dツールセット
  • Raster Designツールセット

 

価格は231000円/年となっています。

 

AutoCADと他社の比較

AutoCADと他社の比較

AutoCADが改定されたことで、他のCADソフトとの比較が気になるところだと思います。

ここでは、下記の5種類を比較してみました。

  1. AutoCAD
  2. Jw_cad
  3. BricsCAD
  4. Vectorworks
  5. ZWCAD

 

価格 機能
AutoCAD 71500円/年 3D対応
Jw_cad 無料 2D
BricsCAD Lite(2D)75900円

Pro(3D)104500円

永久ライセンス

AutoCADとほぼ一緒
Vectorworks Fundamentals:335500円

Spotlight:457600円

Landmark:457600円

Architect:457600円

Designer:579700円

永久ライセンス

デザイン系に強い
ZWCAD Stdソフトウェア認証(2D):96800円

Stdハードウェア認証(2D):101200円

Proソフトウェア認証(3D):129800円

Proハードウェア認証(3D):134200円

永久ライセンス

AutoCADとほぼ一緒

用途にもよりますが、AutoCADは内容の割に安価だと言えます。

しいて言えば、AutoCADは永久ライセンスではないところが料金的なデメリットですが、安価で導入のしやすいのは大きなメリットかと。

 

AutoCADは高機能で多彩な連携が可能なので、AutoCADに乗り換えを考えていた人には良い機会になるかもしれません。

参考にしていただければ幸いです。

 

AutoCADのトレーニングブック

AutoCADのトレーニングブック

ちなみに、弊社では「実務につなぐAutoCAD トレーニングブック」を作成しました。

  • AutoCADの操作をもっと学びたい
  • 別ソフトからAutoCADに乗り換えるので操作が不安

 

という人のお役に立てば幸いです。

関連記事

  1. 現場監督が恋愛できない5つの理由と解決方法【合わない女性の特徴】

    現場監督が恋愛できない5つの理由と解決方法【合わない女性の特徴】

  2. まとめ【現場監督にふさわしい腕時計を買おう】

    現場監督あるある23選【わかるわかる!がありますよ】

  3. ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】

    ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】

  4. 大工さんの差し入れはお菓子と飲み物が定番【夏と冬のおすすめも紹介】

    大工さんの差し入れはお菓子と飲み物が定番【夏と冬のおすすめも紹介】

  5. CADオペレーターは何歳まで働けるのか【何歳でも。ただし挑戦必須】

    CADオペレーターは何歳まで働けるのか【何歳でも。ただし挑戦必須】

  6. オーバーハング建築のメリット5選【デメリットや価格も解説する】

    オーバーハング建築のメリット5選【デメリットや価格も解説する】

  1. 施工管理の採用が難しい理由【求人情報の書き方など採用のコツを解説】

    施工管理の採用が難しい理由【求人情報の書き方など採用のコツを解…

    2021.06.13

  2. 解体工事施工技士資格試験の難易度【できれば講習会に参加しよう】

    解体工事施工技士資格試験の難易度【できれば講習会に参加しよう】

    2021.06.12

  3. マンションリフォームマネージャー試験の難易度【製図対策の講座あり】

    マンションリフォームマネージャー試験の難易度【製図対策の講座あ…

    2021.06.10

  4. AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

    AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

    2021.05.24

  5. 現場監督の朝礼のコツ【緊張しない×ネタ切れしない3つの方法も解説】

    現場監督の朝礼のコツ【緊張しない×ネタ切れしない3つの方法も解説】

    2021.05.16

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト