現場監督のすごいところ7選!手に職をつけて稼ぎたい人におすすめ

現場監督のすごいところ7選!手に職をつけて稼ぎたい人におすすめ
考える男性
考える男性
現場監督のすごいところを知りたいな。

未経験から転職を考えてて、人に自慢できるような仕事をしてみたい。

きついところも知ってから転職を考えたいな。

自分に現場監督でやっていけるのかなぁ…?

あと、未経験から転職するときに失敗しないコツも教えてほしい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは以下のとおり。

  • 現場監督のすごいところ7選
  • 現場監督のきつい・辛いところ
  • 現場監督に必要な能力や向いてる人・向いていない人の特徴
  • 未経験から現場監督に転職する方法と失敗しないコツ

私たちワット・コンサルティングは、現場監督の技術者派遣の会社です。

未経験から現場監督に転職したい人を募集しています。

結論、現場監督はすごい仕事です。

もちろん世の中にある仕事はどれも素晴らしいですが、この記事では現場監督のすごいところを詳しく解説していきます。

手に職がつく仕事で、きちんとスキルアップすれば年収も上がっていきます。

将来性もあるので、長く稼ぐことができるでしょう。

未経験から転職するコツもまとめたので、今回の転職で失敗したくない人は最後まで読んでみてください!

現場監督のすごいところ7選

現場監督のすごいところ7選

結論、現場監督のすごいところは以下の7つです。

  1. 年収が高め
  2. 手に職がつく
  3. 将来性がある
  4. 国家資格がある
  5. 仕事の難易度が高い
  6. 現場を動かすダイナミックさ
  7. スキルアップすると転職が有利

1つずつ解説します。

年収が高め

施工管理は年収が高めです。

平均年収は455万円ほどですが、スキルアップしたり、施工管理技士という国家資格を取得して大手ゼネコンに転職すると、年収1000万円以上を稼ぐ現場監督もいます。

参考:年収1000万円の現場監督9つの条件【年収アップする3つのコツ】

稼ぎたい人に現場監督はおすすめです。

手に職がつく

現場監督は技術職なので、手に職がつく仕事といえます。

後述しますが、現場監督が足りていないためスキルが身につけば食いっぱぐれはないでしょう。

経験を積んだあと、フリーランスで独立する人もいます。

参考:現場監督(施工管理)が独立する3つのメリット【不安なら技術者派遣】

手に職をつけて安定して稼ぎたい人にも、現場監督はおすすめです。

将来性がある

現場監督は将来性もあるすごい仕事です。

具体的には、今後も以下のような需要があります。

  • 災害復興
  • インフラの補修工事
  • ビルやマンションの大規模修繕工事
  • リフォーム
  • リニア新幹線
  • 大阪万博

そもそも建設物がなくなることは考えにくいため、将来性は問題ないでしょう。

詳しくは、施工管理の将来性は明るい【ポジティブなビジョンを解説】にまとめています。

国家資格がある

現場監督には「施工管理技士」という国家資格があります。

施工管理技士を取得すると、以下のメリットがあります。

  • 主任技術者・監理技術者など現場に必須の人材になれる
  • 昇給や資格手当で年収アップできる
  • 転職が有利になる

工事を受注するには、現場に主任技術者や監理技術者を配置しなければいけません。

主任技術者・監理技術者になれる施工管理技士は、会社の売上に直接貢献できる資格です。

施工管理技士の詳細は、施工管理技士の資格の種類や試験の難易度!各試験の難しい順も解説にまとめています。

ただし、施工管理技士を受験するには実務経験が必要です。

未経験者さんは資格がなくても転職できるので、まずは転職して実務経験を積みましょう。

参考:現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】

仕事の難易度が高い

現場監督の仕事は簡単ではありません。

難しい仕事をする点でも「すごい」といえるでしょう。

そもそも現場監督の仕事内容は以下のとおり。

  • 施工計画の作成【工事の段取りを決める】
  • 工程管理【工事のスケジュール管理】
  • 安全管理【事故がないように対策する】
  • 原価管理【会社の利益が出るようにする】
  • 品質管理【良い建設物を造る】
  • 出来形管理【お客様満足を高める】
  • 行政への申請書類の作成
  • 設計など事務作業
  • 現場の写真撮影
  • その他トラブル対応や緊急対応

詳しくは、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説|未経験者向けにまとめています。

考える男性
考える男性
仕事のイメージができない…

やっぱり未経験者にはハードル高い…?

と思うかもしれませんが、未経験者は以下のような簡単な仕事から始めるので安心してください。

  • 事務作業
  • 現場の掃除
  • 現場の写真撮影
  • 飲み物の準備
  • 職人さんの手伝い
  • とにかく質問して仕事を覚える
  • 現場に危険箇所がないかチェック
  • 朝礼の準備
  • 朝礼で当日の作業内容や注意事項の説明

少しずつ仕事を覚えていけばOKです。

詳しくは、現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】にまとめています。

現場を動かすダイナミックさ

現場監督は工事のリーダーとして、職人さんや関連業者さんと連携して現場を動かします。

このダイナミックさがすごいところでしょう。

特に1級の施工管理技士を取得すると、大規模な現場を任されてさらにダイナミックな仕事ができます。

  • 駅のリニューアル工事
  • 大規模なビルや商業施設の工事
  • 高速道路や港湾などの公共工事など

地図に残るような大きな仕事ができるダイナミックさはすごいところです。

スキルアップすると転職が有利

きちんとスキルアップしていけば、転職が有利になります。

現場監督が不足しているため、特に経験者は取り合いになっています。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

特に施工管理技士があると、現場に配置が必要な主任技術者・監理技術者を任せられるため需要が大きいです。

1級の施工管理技士であれば、大手に転職できる可能性もあります。

転職に困りたくない人にも現場監督はおすすめです。

現場監督のきつい・辛いところ

現場監督のきつい・辛いところ
考える男性
考える男性
現場監督のすごいところはわかったけど、きついところ・辛いところも知りたいな。

もちろん現場監督にもきつい・辛いところがあります。

具体的には以下のとおり。

  • 長時間労働の日もある
  • 業務の範囲が広い
  • 週休1日制の会社もある
  • 工事のスケジュールが遅れると休みにくい
  • 家に帰れないこともある
  • 職人さんとのコミュニケーション
  • 板挟みになることがある
  • 理不尽なときもある
  • トイレが汚い現場もある
  • 暑い・寒い
  • 転勤する会社もある
  • 雑用が多い
  • いまだに紙が多い
  • 飲み会がある
  • クレーム対応

詳しくは、施工管理(現場監督)のきついところ15選【大変じゃない働き方も解説】にまとめたので、転職前にチェックしてみてください。

現場監督に必要な能力や向いてる人・向いていない人の特徴

現場監督に必要な能力や向いてる人・向いていない人の特徴
考える男性
考える男性
そもそも自分は現場監督に向いてるのかな…?

向いてないならやめておこうかな…

どんな能力が必要なの?

まず、現場監督に必要な能力は以下のとおりです。

  • 責任感
  • 継続力
  • 交渉力
  • 経理能力
  • 体力と精神力
  • 危機管理能力
  • 問題解決する力
  • 向上心や積極性
  • マルチタスク能力
  • 臨機応変な対応力
  • マネジメントスキル
  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力
  • 現場をまとめるリーダーシップ
  • 最低限のパソコンスキル
  • チャット型アプリの利用スキル

もちろん、最初からすべてができる必要はありません。

少しずつ身につけていけばOKです。

詳しくは、施工管理者に必要な能力17選|求められる能力やスキルを知って転職しようにまとめています。

続いて、現場監督に向いてる人の特徴は以下のとおりです。

10個以上に当てはまるなら、あなたは現場監督に向いているでしょう。

  1. コミュニケーション能力がある
  2. リーダーシップがある
  3. チームワークを活かせる
  4. マネジメント能力がある
  5. スケジュール調整能力がある
  6. リスク管理できる
  7. 体力がある
  8. 臨機応変に対応できる
  9. マルチタスクができる
  10. 交渉力がある
  11. 気配りができる
  12. 細かいことに気がつく
  13. 元気よく話せる、元気よくあいさつと返事ができる
  14. 年上に好かれる・かわいがられる
  15. 初対面の人と仲良くできる
  16. 説明がわかりやすい
  17. 自分の意見を言える
  18. 仕事が丁寧
  19. 整理整頓できる
  20. 細かい仕事ができる
  21. 算数ができる
  22. 勉強し続けられる
  23. 体育会系
  24. メンタルが強め
  25. 理不尽なことや嫌なことがあってもすぐ立ち直れる
  26. 健康体
  27. タバコの煙に抵抗がない
  28. お酒が飲める
  29. 下ネタにあまり抵抗がない
  30. 建設やモノづくりが好き
  31. 向上心・チャレンジ精神がある

反対に、現場監督に向いていない人の特徴は以下のとおりです。

  1. コミュニケーション能力がまったくない
  2. リーダーシップがまったくない
  3. チームワークをまったく活かせない
  4. マネジメント力がまったくない
  5. スケジュール管理がまったくできない
  6. リスクの感覚がまったくない
  7. 想定外のことが起きるとパニックになる
  8. マルチタスクがまったくできない
  9. 交渉力がまったくない
  10. 気配りができず、空気が読めない
  11. 細かいことにまったく気づけない
  12. まったく元気がない
  13. 年上に嫌われる
  14. 初対面の人とまったく話せない
  15. 説明がすごくわかりにくい
  16. 自分の意見をまったく言えない
  17. 仕事が雑
  18. まったく整理整頓できない
  19. 細かい仕事はまったくできない
  20. 算数がものすごく苦手
  21. 一切勉強したくない
  22. 体力がまったくない
  23. 体育会系の人は拒否反応がでる
  24. メンタルがすごく弱い
  25. 理不尽なことや嫌なことは一切たえられない
  26. 健康に問題がある
  27. タバコの煙をすうと体調が崩れる
  28. お酒の匂いをかぐのもダメ
  29. 下ネタは絶対NG
  30. 建設やモノづくりにまったく興味がない
  31. 向上心やチャレンジ精神がまったくない

詳しくは、施工管理に向いている人の特徴31選|向いてない人の特徴も解説にまとめたので参考にしてみてください。

未経験から現場監督に転職する方法

未経験から現場監督に転職する方法
考える男性
考える男性
現場監督をやってみようかなぁ…

未経験から現場監督に転職するには、どうすればいいの?

結論、未経験OKの求人を探しましょう。

以下で求人を探せます。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

まずは求人情報を見ながら、求人を絞っていきましょう。

未経験者が現場監督への転職に失敗しないコツ

考える男性
考える男性
でも、未経験だから転職に失敗したらどうしよう…

失敗しないコツを教えてほしい。

未経験者さんが現場監督への転職に失敗しないコツは、以下のとおりです。

  • 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  • 転勤の有無をチェックする
  • 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  • 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  • ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  • 型に沿って志望動機を作る
  • 型に沿って自己PRを作る
  • 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しくは、未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減らせるにまとめたので参考にしてみてください。

未経験者は技術者派遣も検討する

未経験から現場監督に転職するときは、技術者派遣も検討しましょう。

研修がしっかり整っていて、スムーズに現場監督の仕事を始められるからです。

「技術者派遣」とは、派遣会社の正社員として採用されて、他社の現場で働くスタイルです。
施工管理の技術者派遣のイメージ図

派遣先に現場監督を派遣するため、しっかりと研修が必要です。

そのため、技術者派遣は研修が充実しており、未経験者さん向きといえるでしょう。

考える男性
考える男性
派遣会社を選ぶポイントはあるの?

チェックポイントは以下のとおりです。

  • 優良派遣事業者に認定されているか
  • 求人数は多いか
  • 定着率は高いか
  • 研修制度は整っているか
  • 福利厚生は整っているか
  • サポート体制はあるか
  • 口コミ・評判は良いか

詳しくは、施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット|やめとけと言われる理由にまとめています。

ワット・コンサルティングは現場監督の未経験者を募集中

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングも現場監督の技術者派遣の会社です。

未経験から現場監督に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは以下のとおり。

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 優良派遣事業者に認定されている
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 60日間の研修で基礎をしっかり学べる(研修期間の長さは業界平均の2倍)

研修を重視しているため「基礎をしっかり学んでから働きたい!」という人に合っていると思います。

転職活動の求人集めの参考にしてみてください。

ホワイトな現場監督に転職するコツ

考える男性
考える男性
でも、現場監督ってブラックなイメージがある…

できるだけホワイトに近い会社を選ぶコツはあるの?

結論、以下の27個がコツです。

  1. 定着率が高い建設会社を選ぶ
  2. ITツールを積極的に導入している会社を選ぶ
  3. 転職エージェントに求人情報を見せてもらう
  4. 施工管理の技術者派遣会社で働く
  5. 国土交通省が推進する働き方改革を行う会社を選ぶ
  6. 公共工事が多い会社を選ぶ
  7. 経営事項審査の点数が高い会社を選ぶ
  8. 元請け工事が多い会社を選ぶ
  9. 工期に余裕がある会社を選ぶ
  10. 営業力が強い会社を探す
  11. 大手ゼネコンの施工管理に転職を目指す
  12. マンション大規模修繕の施工管理で働く
  13. 可能なら6月・12月から転職活動を始める
  14. 規模の小さい現場がある会社で働く
  15. 地場の中小企業の施工管理で働く
  16. 絶対に譲れない条件を先に決めておく
  17. 現場の相談ができる会社を選ぶ
  18. 女性や外国人を採用している会社を選ぶ
  19. 口コミサイトを確認する
  20. 残業時間が短い会社を選ぶ
  21. みなし残業時間を確認する
  22. 年間休日数と有給消化率を見る
  23. 抽象的な求人情報に注意する
  24. 求人票でわからなかったことを面接で聞く
  25. 施工管理経験者として能力を上げてから会社に交渉する
  26. 施工管理技士など資格取得して有利に転職活動を進める
  27. 応募企業で現職で働く人に話を聞く

詳しくは、激務じゃないホワイトな施工管理で働くおすすめの方法27選を参考にどうぞ。

現場監督でよくある質問

現場監督でよくある質問

最後に、現場監督についてよくある質問に答えていきます。

優秀な現場監督の特徴は?

以下のとおりです。

  • 言い訳しない
  • 事故を起こさない
  • 工事の段取りが良い
  • 継続的に勉強している
  • 臨機応変に対応できる
  • リーダーシップがある
  • 職人さんとうまくコミュニケーションを取れる

もちろん最初からすべてできる必要はありません。

少しずつできるようになっていきましょう。

職人さんに嫌われる現場監督の特徴は?

以下のような現場監督は、職人さんに嫌われがちです。

  • おどおどして頼りにならない
  • サボって現場からいなくなる
  • 下請けに偉そうな態度をとる
  • 段取りがメチャクチャ
  • 雨で作業を止める
  • 法令を重視しすぎ
  • Yesマン現場監督

詳しくは、ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】にまとめています。

仕事ができない現場監督の特徴は?

以下のとおりです。

  • 言い訳する
  • 段取りが悪い
  • 勉強していない
  • 仕事をしてる気になってる
  • 職人さんにうまく指示出しできない
  • 施主や元請けに良い顔して、職人さんを邪険に扱う

詳しくは、仕事ができない現場監督の特徴7選【職人さんとうまくやっていくコツ】にまとめています。

現場監督が工事を見てるだけで暇なことはある?

あまりありません。

工事がスケジュールどおりに進んでいると暇な瞬間もありますが、基本的に現場監督は忙しいと思っておきましょう。

参考:現場監督は暇じゃない【あんまり激務じゃない働き方も解説】

ミスや失敗をしたら怒られる?

上司や職人さんに怒られます。

厳しく感じるかもしれませんが、現場監督が安全対策をミスすると職人さんがケガをしてしまいます。

事故を防ぐためにも、ミスや失敗で厳しく怒られることもあると理解しておきましょう。

現場監督は作業してはいけないってホント?

基本的に作業はしません。

理由は以下の3つです。

  1. 現場全体を見渡せないから
  2. 作業もやると疲弊してしまうから
  3. どんどん断りにくくなってしまうから

詳しくは、基本は現場監督は作業してはいけない【作業を頼まれたときの答え方】にまとめています。

現場監督が職人さんと良い人間関係を築くコツは?

コツは、うまくコミュニケーションをとることです。

職人さんとうまくコミュニケーションをとる方法は以下のとおり。

  • 元気よく挨拶・返事をする
  • きちんと感謝を伝える
  • 休憩時間にコミュニケーションをとる
  • 工事内容を把握するよう努める
  • 職人さんをリスペクトする
  • 職人さんの話をよく聞く
  • 職人さんの提案を採用する
  • 報連相を徹底する
  • 感情的にならない
  • 職人さんのやり方を否定しない
  • 頭を下げてお願いする
  • 熱心に仕事に取り組む
  • コミュニケーションの5Cを意識する

詳しくは、施工管理が職人さんとうまくコミュニケーションを取る13のコツ!人間関係を良好にを参考にどうぞ。

一人前の現場監督になるには?

以下の7つがポイントです。

  1. たくさんの実務経験を積む
  2. 仕事の内容を勉強する
  3. 工事の内容を把握する
  4. わからないことは質問する
  5. 施工管理のコミュニケーションスキルを身につける
  6. 新人研修が充実している会社に転職する
  7. 施工管理技士以外の資格も取る

詳しくは、早く一人前の施工管理になるために必要な7つのこと【何年で一人前?】にまとめています。

現場監督あるあるを知りたい

以下のとおりです。

  • 子供がなつかない
  • なかなか彼女に会えない
  • 夏場のヘルメット焼けが変
  • 冬場はヒートテックが手放せない
  • 新人は怒鳴られることから始まる
  • 仕事が終わった後の資格の勉強が大変
  • ちゃんとしないと職人さんにナメられる
  • 怖い職人さんが急に見せる笑顔にキュンとする

詳しくは、現場監督あるある23選【わかるわかる!がありますよ】を参考にどうぞ。

現場監督の便利グッズは?

以下のとおりです。

  • 野帳
  • iPad
  • Suica
  • 腕時計
  • スマホ
  • スマホのバッテリー
  • カラビナ
  • 小銭入れ
  • 汗拭きシート
  • 大きめのタオル
  • LEDの懐中電灯
  • マスキングテープ
  • レーザーポインター
  • ハンズフリーイヤホン
  • 小さい黒板(ホワイトボード)
  • 消せるボールペンと蛍光ペン

詳しくは、現場監督(施工管理)の便利グッズ16選【未来の便利な道具も予測】にまとめています。

現場監督と職人はどっちがおすすめ?

どちらもおすすめです。

それぞれメリット・デメリットがあるため、知ってから検討しましょう。

 メリットデメリット
現場監督年収が高め

転職が有利

手に職がつく

残業が多い

板挟みになることがある

職人さん手に職がつく

モノづくりに直接携われる

経験を積むと稼げる

かなり体力が必要

ケガをするリスクがある

まとめ:現場監督はすごい仕事!さっそく転職活動を始めよう

まとめ:現場監督はすごい仕事!さっそく転職活動を始めよう

最後にもう一度、現場監督のすごいところをまとめておきます。

  1. 年収が高め
  2. 手に職がつく
  3. 将来性がある
  4. 国家資格がある
  5. 仕事の難易度が高い
  6. 現場を動かすダイナミックさ
  7. スキルアップすると転職が有利

未経験から現場監督に転職したい人は、さっそく求人を集めてみましょう。

くりかえしですが、未経験者さんが現場監督への転職に失敗しないコツは以下のとおりです。

  • 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  • 転勤の有無をチェックする
  • 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  • 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  • ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  • 型に沿って志望動機を作る
  • 型に沿って自己PRを作る
  • 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しくは、未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減らせるにまとめています。

また、未経験者さんには技術者派遣もおすすめです。

研修がしっかりしているため、基礎を学んでからスムーズに現場監督の仕事を始められるから。

私たちワット・コンサルティングも現場監督の技術者派遣の会社で、未経験から現場監督に転職したい人を募集しています。

転職活動の求人集めの参考にしてみてください。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 派遣の現場監督の給料相場【安定性や将来性もあまり問題ないと思う】

    派遣の現場監督の給料相場【安定性や将来性もあまり問題ないと思う】

  2. 建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

    建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

  3. 施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】

    施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説|未経験者向け

  4. 施工管理の土日休みは噓?施工管理が休日を増やす4つの方法

    施工管理の土日休みは嘘?施工管理が休日を増やす4つの方法

  5. 現場監督(施工管理)の便利グッズ16選【未来の便利な道具も予測】

    現場監督(施工管理)の便利グッズ16選【未来の便利な道具も予測】

  6. 施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

    文系でも施工管理に転職できる6つの理由|ゼネコンに転職できる?

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    2024.02.28

  2. 施工管理におすすめの髪型10選!ヘルメットにも合う髪型とは

    施工管理におすすめの髪型10選!ヘルメットにも合う髪型とは

    2024.02.27

  3. 施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

    施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

    2024.02.24

  4. 施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方法

    施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方…

    2024.01.30

  5. 施工管理は帰宅時間が遅い?労働時間が長い5つの理由を紹介

    施工管理は帰宅時間が遅い?労働時間が長い5つの理由を紹介

    2024.01.27

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ【進め方5ステップも解説】

    2019.10.19

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減ら…

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット|やめとけと言…

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法38選

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト