建築施工管理で有利に転職を進める3つのコツ【失敗しないコツも解説】

建築施工管理で有利に転職を進める3つのコツ【失敗しないコツも解説】

施工管理の男性
施工管理の男性
建築の施工管理職で転職したいな。

もっとキャリアアップして稼ぎたい。

転職を有利に進める方法を知りたいです。

 

でも、転職に失敗したらどうしよう…

建築施工管理が転職に失敗しないコツも知りたいな。

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 建築施工管理で有利に転職を進める方法がわかる
  • 建築施工管理の転職に失敗しないコツがわかる
  • 建築施工管理が転職でキャリアアップしていく手順がわかる

 

建築施工管理の人が、有利に転職を進める方法を解説します。

どうせ転職するなら今より良い会社がいいし、キャリアアップしたいところですよね。

転職に失敗しないコツもまとめたので、転職活動の参考にしてみてください。

 

建築施工管理としてキャリアアップしていく手順もまとめたので、今後の人生設計にも役立つかと。

記事を参考に、さっそく転職活動を始めてみましょう。

建築施工管理で有利に転職を進める3つのコツ

建築施工管理で有利に転職を進める3つのコツ

結論、建築施工管理の人が有利に転職を進めるコツは、下記の3つです。

  1. 建築施工管理技士を取得する
  2. 転職エージェントを利用する
  3. あなたの経験が欲しそうな会社に応募する

 

1つずつ解説しますね。

 

①建築施工管理技士を取得する

できれば建築施工管理技士を取得しておきましょう。

どの会社も建築施工管理技士が不足してるから。

施工管理技士資格があると、下記の点で企業側に大きなメリットがあります。

  • 工事をたくさん受注できる
  • 公共工事を受注しやすくなる
  • 主任技術者や監理技術者を配置できる(多くの工事ができて儲かる)

 

まだ取得してない人は2級から、2級をもってる人は1級を目指すとベストですね。

建築施工管理技士については、下記の2記事にまとめてます。

 

そもそも建築施工管理人材が不足してるので、建築施工管理技士がなくても転職は有利。

ただ、建築施工管理技士があるとさらに有利になるイメージです。

 

②転職エージェントを利用する

建築施工管理に強い転職エージェントを利用するのもおすすめ。

年収交渉など、あなたの有利になるようサポートしてくれるからです。

あなたが働いてる間も下記をやってくれるので、転職活動がスムーズに進みますよ。

  1. あなたに合う会社をピックアップ
  2. 履歴書に書く内容を考えてくれる
  3. 面接で話す内容を考えてくれる

 

転職のプロに力を借りたい人は、転職エージェントを利用しましょう。

無料です。

 

③あなたの経験が欲しそうな会社に応募する

あなたの経験が欲しそうな会社に絞って応募しましょう。

実績を見せびらかせば、採用されやすいし、条件も上げてくれるから。

 

どんな会社があなたを欲しがるか調べる方法は、企業のホームページの「施工実績」を見ればOK。

あなたが経験したのと近い工事実績があれば、あなたを欲しがる可能性大です。

また、わからなければ転職エージェントに相談して、あなたを高く買ってくれる会社を紹介してもらうとですよ。

 

建築施工管理の転職で失敗しない3つのコツ

建築施工管理の転職で失敗しない3つのコツ

施工管理の男性
施工管理の男性
転職を有利に進める方法はわかったけど、転職に失敗したらどうしよう…

転職活動なんて慣れてないから、失敗が怖いなぁ…

建築施工管理の人が転職に失敗しないコツは、下記の3つ。

  1. 口コミサイトを調べる
  2. 不明点は面接ですべて聞く
  3. 現場を見学させてもらう

 

こちらも1つずつ解説しますね。

 

①口コミサイトを調べる

口コミサイトで、転職先候補の会社の口コミを調べましょう。

社員・元社員さんの本音が書かれてるから。

具体的には下記のサイトで良いかと。

 

ただし、一部ウソの情報もあるので、口コミサイトを鵜呑みにしすぎないのもコツ。

また、会社選びに失敗しない方法は、施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】にもまとめてます。

 

②不明点は面接ですべて聞く

調べたけどわからなかったことは、すべて面接で聞きましょう。

求職者側にも聞く権利があるから。

具体的には、下記を面接で聞いてOKですよ。

  • 給料
  • 残業時間
  • 休日

 

雇用契約書を結ぶかどうかの大事な面接なので、あなたも企業側をジャッジする必要があります。

※というか、給料・残業時間・休日も知らずに転職できないですよね。

 

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれるので、そこで聞いてOKです。

まともな会社なら、給料・残業時間・休日をすべて答えてくれますよ。

反対に、質問に明確に答えない会社は、何か裏があるかもしれないので要注意です。※ブラック企業かも。

 

【ちなみに】給料・残業・休日を聞くのは失礼じゃない

施工管理の男性
施工管理の男性
でも、面接で給料・残業・休日を聞くのって失礼じゃない?

内定が出にくくなるんじゃないの?

一昔前は「面接で給料・残業・休日を聞くのは失礼」とされてましたが、近年は聞いていい風潮です。

どこも人手不足ですからね。

特に建築施工管理は人手不足なので、企業側が給料・残業・休日を答えないと、良い人材を獲得できません。

だから、ガンガン聞いちゃっていいですよ。

 

給料・残業・休日を聞いて不機嫌になる会社は、こっちからお断りしましょう。

他にいくらでもあなたを採用したい企業はあるので、まともに答えてくれる会社に転職すればいいだけです。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

 

③現場を見学させてもらう

内定承諾する前に、現場を見学させてもらいましょう。

現場の雰囲気を見てから決める方が、ミスマッチが少ないから

ただし、会社によっては見学にさせてくれないところもあります。

反対にいうと「見学させてくれる=後ろめたいことがない会社」なので、信用できるかと。

 

【ちなみに】弊社メルマガでも優良求人情報を配信してます

ちなみに、弊社メルマガでも優良な建築施工管理の求人情報を配信してます。

メルマガ会員しか見れない掘り出し物求人もあるので、転職に失敗したくない人は念のためメルマガ登録をどうぞ。

無料です。メール1本ですぐ退会できますよ。

メルマガ

 

最悪、転職に失敗しても建築施工管理ならまた転職しやすい

施工管理の男性
施工管理の男性
それでも転職に失敗したらどうしよう…

結論、建築施工管理なら転職に失敗しても大丈夫です。

なぜなら、建築施工管理は深刻に不足してるから。

 

仮に転職に失敗しても、すぐまた他の会社に転職できるので失敗はあまり怖くありません。

短期間でも辞めても、建築施工管理技士の資格があって、ある程度の経験値があれば引くてあまたです。

なので、失敗を恐れず堂々と転職活動してみましょう。

 

建築施工管理が転職でキャリアアップしていく手順【2パターン】

建築施工管理が転職でキャリアアップしていく手順【2パターン】

考える男性
考える男性
どうせ転職するならキャリアアップしたいなぁ。

建築施工管理って、どうやってキャリアアップするの?

結論、下記の手順かなと。

  1. まずは現場経験を積む
  2. 2級建築施工管理技士を取得
  3. 前職より大きい会社に転職
  4. 転職先でさらに現場経験を積む
  5. 1級建築施工管理技士を取得
  6. さらに大きい会社に転職
  7. 大きい会社で上の役職を目指す

 

こんなきれいにはいきませんが、わかりやすく手順を解説すると上記のとおりですね。

あなたが今どの辺にいるかで、今後のキャリアプランのイメージができるかと。

 

ちなみに、会社規模が大きいほど年収は高い傾向にあります。

施工管理の年収については、施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】にまとめてます。

 

技術者派遣で体験してから転職するのもアリ

ちょっと変わったキャリアプランですが、下記も失敗が少ないのでアリですね。

  1. まずは施工管理の技術者派遣で働く
  2. 相性の良い会社に転職する
  3. 建築施工管理技士を取得する
  4. 社内で上の役職を目指す

 

「技術者派遣」は、技術者派遣の会社の正社員として雇用されて、働くのは他社の現場というイメージ。

いちいち転職しなくても色んな会社の現場を体験できるので、あなたと相性の良い会社を探しやすいですよ。

いろいろ試した結果、相性のよかった会社の正社員に転職してもOK。

 

お試しできる分、失敗が少ないキャリアプランですね。

あまり失敗したくない人は技術者派遣もおすすめです。

ちなみに施工管理の技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?にまとめてます。

 

まとめ【建築施工管理の転職を有利に進めましょう】

まとめ【建築施工管理の転職を有利に進めましょう】

ということで、本気で良い転職をしたいならさっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

もたもたしてると今の会社で次の現場に配置されてしまい、転職できなくなりますよ。

「明日でいいや」だとたぶん明日もやらないので、1年後も今の会社のまま。

動かないと人生は変わらないので、できることから今日やってみましょう。

 

想像してみてください。

あなたに合う会社に転職して、今より高い給料で自信をもって活躍する姿を。

 

今日からできることを始めれば、そういう未来がやってくるかもしれません。

さっそく行動あるのみです。

 

建築施工管理の人が有利に転職を進めるコツは、下記の3つです。

  1. 建築施工管理技士を取得する
  2. 転職エージェントを利用する
  3. あなたの経験が欲しそうな会社に応募する

 

そして、転職に失敗しないコツは下記の3つ。

  1. 口コミサイトを調べる
  2. 不明点は面接ですべて聞く
  3. 現場を見学させてもらう

 

ちなみに、弊社メルマガでも優良な建築施工管理の求人情報を配信してます。

メルマガ会員しか見れない掘り出し物求人もあるので、少しでも良い会社に転職したい人はメルマガ登録をどうぞ。

無料です。メール1本ですぐ退会できますよ。

 

建築施工管理は人手不足なので、仮に転職に失敗してもまた転職できるから大丈夫。

思い切って転職活動を始めてみましょう。

そうすれば、あなたは自信をもって稼げる人生になりますよ。

関連記事

  1. 施工管理はやめとけと言われる5つの理由【就職してもいい人の特徴】

    施工管理はやめとけと言われる5つの理由【就職してもいい人の特徴】

  2. 施工管理のキャリアプラン6ステップ【面接での答え方も解説します】

    施工管理のキャリアプラン6ステップ【面接での答え方も解説します】

  3. 施工管理から転職したい場合のおすすめの異業種7選【転職のコツ】

    施工管理から転職したい場合のおすすめの異業種7選【転職のコツ】

  4. 女性もゼネコンの施工管理で働ける【女性が長く活躍する3つのコツ】

    女性もゼネコンの施工管理で働ける【女性が長く活躍する3つのコツ】

  5. 施工管理は底辺じゃないと思う5つの理由【社会貢献度が高い仕事】

    施工管理は底辺じゃないと思う5つの理由【社会貢献度が高い仕事】

  6. CADオペレーターの辛いところ14選【辛さを軽減する方法も紹介】

    CADオペレーターの辛いところ14選【辛さを軽減する方法も紹介】

  1. コンクリート技士試験の難易度【合格率や受験資格と勉強方法も解説】

    コンクリート技士試験の難易度【合格率や受験資格と勉強方法も解説】

    2021.07.06

  2. 鋼管杭施工管理士の検定試験の内容を解説【合格率は4割くらい】

    鋼管杭施工管理士の検定試験の内容を解説【合格率は4割くらい】

    2021.07.06

  3. 建築コンクリートブロック工事士の試験内容【難易度は高くない】

    建築コンクリートブロック工事士の試験内容【難易度は高くない】

    2021.07.04

  4. 施工管理の採用が難しい理由【求人情報の書き方など採用のコツを解説】

    施工管理の採用が難しい理由【求人情報の書き方など採用のコツを解…

    2021.06.13

  5. 解体工事施工技士資格試験の難易度【できれば講習会に参加しよう】

    解体工事施工技士資格試験の難易度【できれば講習会に参加しよう】

    2021.06.12

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト