【悲報】建設業の若者離れが進んでます【打開策は働き方改革とICT】

【悲報】建設業の若者離れが進んでます【打開策は働き方改革とICT】
考える男性
考える男性
建設業の若者離れが進んでるみたいだけど、

どれくらいマズいのかな?

あと、若者離れを改善する方法があるのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【悲報】建設業の若者離れが進んでます
  • 建設業の若者離れが進む3つの理由
  • 建設業に若者を呼び込む働き方改革とICT

 

建設業界の人材不足が深刻な問題になっています。

一番の問題は、若者が建設業に入ってこないこと。

 

3Kなどイメージの悪さがあるためです。

 

現在、国が先導して働き方改革を進めている最中です。

若者離れの実態と、その解決策として動いているものを解説します。

【悲報】建設業の若者離れが進んでます

【悲報】建設業の若者離れが進んでます

建設業の若者離れが進んでいる理由は、下記の2つ。

  1. 建設業界に就職する若者の減少
  2. 離職率の増加

 

国が発表したグラフを見ても、若者離れは明らかですね。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

 

それでは、建設業の若者離れを深掘りしていきます。

 

①建設業の就職する若者の減少

新卒者の建設業への就職状況は、あまりよくありません。

グラフを見てもらうとわかりますが、平成7年をピークに大きく減少しています。

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

 

平成22年から上昇に転じていますが、平成7年以前と比べるとかなり少ないですね。

 

②離職率の増加

新卒の離職率も上がっています。

新卒者の離職率の高さは業界問わず言われていますが、建設業は高い方です。

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

 

特に、高卒者の離職率は48.5%とかなり高めです。

 

ちなみに、建設業界の離職率については、

施工管理や建設業の離職率は?ブラックな職場を回避する方法にもまとめているので、読んでみてください。

施工管理や建設業の離職率は?ブラックな職場を回避する方法

 

建設業の若者離れが進む3つの理由

建設業の若者離れが進む3つの理由

では、建設業の若者離れが進む理由は何なのでしょうか?

主な理由は下記の3つです。

  • 3Kのイメージ
  • 週休1日
  • 長時間労働

 

1つずつ解説しますね。

 

【理由①】3Kのイメージ

やはり3Kのイメージは根強いですね。

ちなみに3Kとは、下記のことです。

  1. きつい
  2. 汚い
  3. 危険

 

最近では「新3K」という言葉も生まれて、

  • きつい・厳しい・帰れない
  • きつい・帰れない・給料安い

 

などと言われています。

 

厚生労働省の「建設労働者を取り巻く状況について」のデータによれば、若者が建設業を辞めた理由は下記のとおりです。

  • 作業がきつい
  • 現場での人間関係が厳しい
  • 労働に対して賃金が低い
  • 休みが取りづらい
  • 定着しないのグラフ

 

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

 

イメージと実態が同じであるのは、大きな要因です。

 

ガテン系の人は怖いと思われてる

若者の多くは「ガテン系=怖い」とも思っています。

一昔前の体育会系な感じが通用した時代とは違い、若者は怖い大人と関わりたくないと思っています。

※本当は怖くなくても。

 

今の若者が嫌うのは、

  • オラオラ系
  • 根性論
  • 精神論
  • 体育会系

 

なので、ガテン系のイメージが悪いようです。

 

【理由②】週休1日

週休1日は早急に改善しなければいけない問題です。

今の若者は、仕事とプライベートのバランスを重するからです。

 

事実、約5割の会社が4週4休以下です。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

 

今の若者は、決して仕事のやる気がないんじゃありません。

仕事は仕事、休みは休みでキチンと分けたいだけなんです。

 

繁忙期になると休みがないこともある建設業は、「わざわざ選ばなくてもいい職業」と言えます。

 

出勤日数の多さも、他の業界よりかなり多いです。

建設業における働き方改革

出典:国土交通省「建設業における働き方改革

 

【理由③】長時間労働【時給換算すると薄給】

長時間労働であることも、若者から不人気の理由です。

週休1日で長時間労働=若者のニーズを満たしていないからです。

 

36協定が適用されない業界のため、残業が青天井なのも懸念点です。

 

年収自体は悪くないのですが、時給換算すると薄給になってしまいます。

建設労働者を取り巻く状況について

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

 

固定残業代やサービス残業の会社だと、働くほど損ということに。

この辺はググればすぐにわかってしまうので、若者に毛嫌いされる原因になっています。

 

建設業に若者を呼び込む働き方改革とICT

建設業に若者を呼び込む働き方改革とICT

若者離れが進む建設業界ですが、若者を呼び込むための施策として注目されているのが、下記の2つ。

  1. 働き方改革
  2. ICT(建設のIT化)

 

1つずつ解説します。

 

建設業の働き方改革

国主導で進んでいる働き方改革の内容は、下記のとおりです。

  • 36協定の適用業種になり、残業時間の上限を設ける
  • 週休2日の実施
  • 社会保険の加入率アップ
  • ICT化

 

特に、36協定と週休2日は革命的ですね。

 

正直、賛否あります。

特に週休2日は「無理なのでは?」という声もあります。

 

ですが、このまま若者が入ってこないと、仕事が回らなくなってしまいます。

できるできないではなく、やらなければいけない改革といえます。

 

建設業界の働き方改革は、

働き方改革は建設業では無理なのか?【でもやらないとマズい】にまとめたので、読んでみてください。

働き方改革は建設業では無理なのか?【でもやらないとマズい】

 

ICT(建設のIT化)

簡単にいうと、ロボットに施工してもらう感じです。

ロボットが施工してくれるメリットは、下記の3つ。

  • 人が少なくても工事できる
  • 若者に「建設かっこいい」というイメージをもってもらう
  • 3Kから脱却(3K作業はロボットがやるから)

 

建設業界は他業界に比べてIT化がかなり遅れてるので、この辺も若者に嫌われる要因。

なので、キチンとIT化していく必要があります。

 

若者からすると、今だに紙を使ってるのも信じられないことです。

スマホもタブレットもあるのに「データ管理が書類」というのは、若者からするとビックリ。

 

ICTについては、

ICTが建設業界で進んでます【機械の事例やメリットと課題も解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

ICTが建設業界で進んでます【機械の事例やメリットと課題も解説】

 

まとめ【建設業の若者離れ対策は働き方改革とICT】

まとめ【建設業の若者離れ対策は働き方改革とICT】

この記事をまとめます。

  • 就職者の減少と離職率の増加で、建設業の若者離れが進んでいる
  • 3K・週休1日・長時間労働が、若者を遠ざけている
  • 働き方改革では、36協定と週休2日を目指している
  • ICTで3Kから脱却を目指す
  • 体制づくりとイメージづくりが、若者を呼び込むカギ

 

以上、建設業の若者離れの実態と、解決策を紹介しました。

 

ちなみに、働き方改革の最大の争点である「週休2日導入」については、

建設業の週休2日は2021年度末までに実施予定【でも問題は多い】にもまとめているので、興味あれば読んでみてください(^^)

建設業の週休2日は2021年度末までに実施予定【でも問題は多い】

あなたの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 36協定が建設業でも適用される【現場に浸透できそうな3つの理由】

    36協定が建設業でも適用される【現場に浸透できそうな3つの理由】

  2. 東京オリンピック

    東京オリンピック後の建設業界の動向

  3. 働き方改革は建設業では無理なのか?【でもやらないとマズい】

    働き方改革は建設業では無理なのか?【でもやらないとマズい】

  4. 建設業の週休2日は2021年度末までに実施予定【でも問題は多い】

    建設業の週休2日は2021年度末までに実施予定【でも問題は多い】

  5. 高層ビル

    日本の高層ビルTOP10ランキング

  1. 新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    2020.02.17

  2. 技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    2020.02.12

  3. CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    2020.01.25

  4. 建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    2020.01.25

  5. CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    2020.01.23

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

建築設備のおすすめサイト