施工管理をすぐ辞めるのはアリ?【辞めていいけどデメリットがある】

施工管理をすぐ辞めるのはアリ?【辞めていいけどデメリットがある】

施工管理の男性
施工管理の男性
施工管理をすぐ辞めるのってアリ?

仕事がキツすぎて、今すぐ辞めたいんだよね…

 

でも、すぐ辞めると次の転職とか不利になりそう…

辞めるにしても、次は何をしよう…?

こういった悩みや不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理をすぐ辞めていいかわかる
  • 施工管理をすぐ辞めるデメリットがわかる
  • 施工管理をすぐ辞めた後の転職活動のコツがわかる

 

結論、施工管理の仕事があまりにもキツすぎるなら、辞めていいと思います。

体を壊したら大変ですからね。

この記事では、施工管理をすぐ辞めていい人の条件や、すぐ辞めるデメリットを解説します。

次の転職先候補も紹介するので、本当にすぐ辞めるかの参考にしてみてください。

施工管理をすぐ辞めるのはアリ?【辞めていい3つの条件】

施工管理をすぐ辞めるのはアリ?【辞めていい3つの条件】

結論、施工管理をすぐ辞めていい条件は下記の3つです。

  1. 体調不良
  2. 施工管理にまったく興味がない
  3. 尊敬する先輩や上司がいない

 

1つずつ解説するので、本当に辞めるかどうかの判断にどうぞ。

 

①体調不良

すでに体調不良が表れてるなら、すぐに辞めた方がいいと思います。

体を壊したら命が危険だから。

命より大切なものはありません。

体調不良なら、無理せず辞めましょう。

 

②施工管理にまったく興味がない

施工管理の仕事自体にまったく興味がないなら、辞めていいと思います。

そもそも頑張る理由がないから。

「生活のため」なら、他にも仕事の選択肢はありますよ。

施工管理は大変な仕事なので、ある程度の興味がないとキツいです。

 

③尊敬する先輩や上司がいない

尊敬する先輩や上司がいない人も、辞めていいかなと思います。

なぜなら、目標がないから。

尊敬する先輩や、憧れる上司がいるなら頑張れますが、目標とする人がいないとモチベーションも上がりませんよね。

 

ただし、施工管理の仕事自体が嫌いじゃないなら、他の会社に転職して施工管理を続けた方がいいかも。

先輩や上司を理由に施工管理を辞めてしまうのは、もったいないかもしれませんからね。

※せっかく手に職もつくわけだし。

施工管理で他の会社に転職する方法は、施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】にまとめてます。

※施工管理自体を辞めたい人は、先輩や上司に関係なく退職を検討した方がいいかと。

 

施工管理をすぐ辞めるデメリット【転職が不利】

施工管理をすぐ辞めるデメリット【転職が不利】

施工管理の男性
施工管理の男性
でも、すぐ辞めるのはデメリットもあるでしょ…?

結論、施工管理をすぐ辞めるデメリットは、次の転職が不利になることです。

「すぐ辞める人」に見えて、内定が出にくいから。

企業は人を採用するのに、けっこう多くのお金をかけています。

※求人広告、採用担当者の給料、人材紹介会社へのコストなど

なので、お金をかけて人を採用したのに、すぐ辞められると大損害。

前職期間が短い人は「うちもすぐ辞めるんじゃないの…?」と思われて、採用されにくいです。

 

特に1年未満の退職は転職がかなり不利

特に1年未満の退職だと、転職はかなり不利です。

「嫌なことがあるとすぐ逃げ出す人」に見えるから。

どんな理由があるにせよ、企業側は前職を1年未満で退職した人を採用するのは怖がります。

「うちも1年未満で辞めるのかな…」という先入観をもたれやすく、転職活動が難航しがち。

「辞めたものの、転職先が決まらない」となってしまう人もいますよ。

 

【注意】退職してから転職活動すると資金が底をつくかも

次の転職先が決まる前に退職してしまうと、転職活動中にお金が足りなくなることがあります。

前述のとおり、すぐ辞めると内定が出にくいから。

貯金を切り崩す生活になるので、内定が出ないのは死活問題です。

失業保険が給付されるのは退職から4ヶ月目なので、辞めてから3ヶ月は無収入です。

  • 最低でも3ヶ月分の生活費を貯金をしてから辞める
  • 実家に戻る

 

など、資金面の対策もしっかり考えてから辞めましょう。

※在職中に水面下で転職活動するのが理想ですが、施工管理の仕事は忙しいため難しいです。

 

施工管理をすぐ辞めた人の転職活動のコツ

施工管理をすぐ辞めた人の転職活動のコツ

施工管理の男性
施工管理の男性
どうしたらすぐ辞めても内定をもらえるかな?

結論、即戦力になれる求人に応募しましょう。

即戦力なら、短期離職でも採用されることがあるから。

具体的には、あなたの経歴を棚卸ししてみましょう。

今まで経験したあらゆる業務を整理して、それを活かせる求人に応募する感じです。

イメージは下記のとおりです。

  • 営業経験がある→営業に応募
  • プログラミング経験がある→IT企業に応募
  • タクシーの運転手の経験がある→タクシー会社に応募

 

施工管理は続けたいけどもう少し楽に働きたい人へ

施工管理の男性
施工管理の男性
即戦力になれるようなスキルがないんだけど…

という人は、今の施工管理の経験をアピールすればOK。

短期間ではありますが施工管理の経験者なので、多少の考慮をされて採用になる可能性もあります。

施工管理の男性
施工管理の男性
今の会社が激務すぎて辞めたい…

でも、手に職をつけたいから、もう少し楽な環境で施工管理を続けたい。

という人は、もう少し楽に働ける会社に転職して施工管理を続ければOKかと。

できるだけ楽に施工管理で働く方法は、施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法にまとめてます。

 

また、弊社メルマガでも、ワークライフバランスが良い施工管理の求人情報を配信しています。

今よりキツくない仕事で施工管理を継続したい人は、情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

メルマガ

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、ワークライフバランスが良い施工管理の求人情報を掲載しているので、転職の情報収集になると思います。

 

施工管理を辞めた後の転職先

施工管理の男性
施工管理の男性
ちなみに、施工管理自体を辞める場合、どんな仕事に転職できるの?

可能性があるとしたら下記ですね。

  1. CADオペレーター
  2. 建設会社の営業マン
  3. ビル管理

 

一応、施工管理の経験を活かして働ける仕事です。

詳しくは、施工管理から転職したい場合のおすすめの異業種7選【転職のコツ】にまとめたので参考にどうぞ。

 

【ただし】どの仕事も大変なのは一緒です

ただし、どの仕事に転職しても大変なのは一緒ですよ。

世の中に「楽な仕事」はないから。

人は辛い状況にいるほど、隣の芝生が青く見えるものです。

最悪なのは、施工管理がきついから転職したものの、次の仕事も合わずにまたすぐ辞めてしまうこと。

短期離職×転職回数の増加で、今よりもっと転職が不利になります。

もし「楽な仕事」を求めてるなら、もう少し慎重に検討した方がいいかもしれませんよ。

他の仕事に転職するなら「この仕事をやってみたい!」など、ポジティブな理由で転職しましょう。

 

まとめ【施工管理をすぐ辞めるのはいいけど、次のことを考えておこう】

まとめ【施工管理をすぐ辞めるのはいいけど、次のことを考えておこう】

最後にもう一度、施工管理をすぐ辞めていい3つの条件をまとめておきます。

  1. 体調不良
  2. 施工管理にまったく興味がない
  3. 尊敬する先輩や上司がいない

 

施工管理の男性
施工管理の男性
尊敬する先輩や上司がいないけど、施工管理は続けたい。

という人は、他の会社に転職して施工管理を続ければOKです。

施工管理の転職方法は、施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】をどうぞ。

 

すぐ辞めると次の転職が不利なので、即戦力になれる求人に応募しましょう。

施工管理の男性
施工管理の男性
激務すぎて辞めたいけど、もう少し楽な環境で施工管理を続けたい。

という人は、もう少し楽に働ける会社に転職を検討すればOKです

参考:施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

 

弊社メルマガでも、ワークライフバランスが良い施工管理の求人情報を配信しています。

今よりキツくない仕事で施工管理を継続したい人は、情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、ワークライフバランスが良い施工管理の求人情報を掲載しているので、転職の情報収集になるかなと。

 

施工管理自体を辞めたいけど、施工管理の経験を活かして転職したい人は、下記の転職先が可能性ありです。

  1. CADオペレーター
  2. 建設会社の営業マン
  3. ビル管理

 

参考:施工管理から転職したい場合のおすすめの異業種7選【転職のコツ】

 

すぐ辞めるのはデメリットもあるので、慎重に検討しましょう。

あなたの今後の参考になればうれしいです。

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

  2. CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】

    CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】

  3. 施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

    施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

  4. 【土木公務員を辞めたい人へ】辞めるデメリットや次の転職先候補3選

    【土木公務員を辞めたい人へ】辞めるデメリットや次の転職先候補3選

  5. 現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】

    現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】

  6. CADオペレーターの将来性は明るい【未来の姿を予測してみました】

    CADオペレーターの将来性は明るい【未来の姿を予測してみました】

  1. ノートとヘルメット

    未経験から現場監督になるには?【具体的な転職活動のコツを解説】

    2022.06.16

  2. 事務職

    建設業の事務職のきついところ8選【手に職がつくデスクワークも紹介…

    2022.06.16

  3. cadオペレーターの女性

    CADオペレーターに資格はいらないけど、取得していった方がいい

    2022.06.16

  4. 職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消します】

    職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消しま…

    2022.05.14

  5. CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    2022.05.14

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト