施工管理とは?をわかりやすく解説【未経験・資格なしでも大丈夫】

施工管理とは?をわかりやすく解説【未経験・資格なしでも大丈夫】
考える男性
考える男性
施工管理とは何なのか、わかりやすく教えてほしい。

色んなサイトを見たけど、正直わかりにくい。

 

自分にもできそうなら、やってみようかな…

手に職つけられて、稼げそうだし。

 

資格とかはいらないのかな?

あと、ブラック企業が多そうだけど、大丈夫かなぁ…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】
  • 施工管理の具体的な仕事内容
  • 施工管理は未経験・資格なしでもできる【いずれ施工管理技士を取ろう】
  • 施工管理に向いてる人の30の特徴【あなたが向いてるかチェック】
  • ブラック企業に転職しない方法【未経験者は研修で会社を選ぶ】

 

建設業界未経験の人は、「施工管理」ってイメージわかないですよね?

ググってみても、結局よくわからない人も多いはず。

 

なので本記事では、施工管理をできるだけわかりやすく解説します。

まったくわからない人がイメージしやすいようにまとめてますので、参考にしてみてください(^^)

施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

施工管理とは、ようは監督のことです。

 

工事現場には、監督が必要。

工事現場ってたくさんの人が作業してるので、誰かが監督しないとバラバラになっちゃうからです。

 

そのため、施工管理のことを別名「現場監督」といいます。

文字通り、現場にいる監督です(^^)

 

施工管理はスポーツの監督と一緒

わかりやすく言うと、

  • 施工管理=監督
  • 作業員さん=選手

 

だと思ってください。

 

野球に例えると、こんな感じ。

野球の監督 施工管理
どの選手を使うか決める 作業員を下請け会社に依頼
試合の作戦を決める 工事のやり方を決める
サインを出す 作業員に工事のやり方を指示
1年のスケジュールを決める 工事のスケジュールを決める

スポーツの監督と、ほぼ一緒です。

 

施工管理の具体的な仕事内容

施工管理の具体的な仕事内容

施工管理の具体的な仕事内容は、下記のとおりです。

  1. 工事のスケジュールを考える(施工計画)
  2. 工事がスケジュール通りに進んでるかチェック(工程管理)
  3. 作業員さんたちの安全を守る(安全管理)
  4. 会社が儲かるようにお金の調整(原価管理)
  5. できるだけ良い建設物を造る(品質管理)
  6. お客さんが使いやすい建物にする(出来形管理)
  7. 周りに迷惑をかけない配慮(環境管理)

 

1つずつ、わかりやすく解説します(^^)

 

①工事のスケジュールを考える(施工計画)

まず最初に、工事全体のスケジュールを考えます。

全体のスケジュールがないと、工事がスムーズに運ばないからです。

 

例えば、

  • 設計図のチェック
  • 現場の確認
  • どこの工事にどれくらいの時間と人が必要か計算

 

などなど。

 

設計図と現場が違うこともよくあるので、その辺の調整も必要です。

慣れないうちは先輩と一緒にやるので、ご安心を(^^)

 

②工事がスケジュール通りに進んでるかチェック(工程管理)

工事がスケジュール通りに進んでるか、チェックするのも仕事。

工事って、期限内に完成させなきゃいけないからです。

※お客さんとの約束があるので。

 

なので、遅れている箇所があれば、早く終わらせるように対応します。

人を増やすとか。

 

また、工事が早く進みすぎると、他の箇所との連携がうまく取れなくなるので、それも問題。

早く進みすぎてる工事のスピードを調整するのも、仕事のうちです。

 

例えば、床ができてないのに、天井は造れないですよね?

床を造るスピードを上げて、天井を遅らせるなどの調整も、施工管理の仕事です。

 

③作業員さんたちの安全を守る(安全管理)

工事現場で絶対起こしちゃいけないのは、事故です。

人命に関わるからです。

 

現場の作業員さんたちが安全に働ける対策を取るのも、施工管理の仕事です。

 

例えば、

  • 落下しないよう、手すりを設置
  • 朝礼でも安全指導
  • 作業員のヘルメットのヒモがゆるんでないかチェック

 

などなど。

 

みんな無事で完成させるのが使命です。

 

④会社が儲かるようにお金の調整(原価管理)

良いものを造りたいと思っても、お金をかけすぎてはいけません。

会社が儲からないからです。

 

品質の良い建設物を、最低限のコストで造るのが施工管理の仕事。

きちんと会社に利益が出るように、建材費や人件費を調整するのも仕事です。

 

⑤できるだけ良い建設物を造る(品質管理)

限られた予算の中で、できるだけ良い建設物を目指すのも施工管理の仕事。

品質が低いと、クレームになってしまうからです。

 

例えば、手抜き工事がないかチェックするのも仕事です。

柱の中など、目に見えない部分を手抜き工事する職人さんもいるんです。

 

職人さんが「やったよ」と言っても、きちんと自分の目で確認すること。

あとで問題になったら、怒られるのは職人さんではなく施工管理です。

 

⑥お客さんが使いやすい建物にする(出来形管理)

わかりやすくいうと、細かい配慮のこと。

建物を使う人が使いやすい配慮がしてあると、喜ばれるからです。

 

例えば、

  • 使いやすい水道を設置する
  • ほしいところに手すりをつける
  • 収納スペースを造る
  • 室内の色使いをオシャレにする

 

などなど。

 

人に喜ばれる仕事をすれば、また新たな仕事を頼まれるので、会社が繁栄します。

 

⑦周りに迷惑をかけない配慮(環境管理)

工事は、周りへの配慮も大切。

工事って、人に迷惑がかかる可能性があるからです。

 

例えば、

  • 自然環境を壊さない配慮
  • 周辺住民への騒音の配慮
  • 作業員さんたちの働きやすい職場づくり

 

などなど。

 

みんなが喜べる建設物にするのも、施工管理の大事な仕事です。

 

施工管理のその他の細かい仕事

施工管理のその他の細かい仕事は、下記のとおりです。

  • 行政への申請書類の作成
  • 事務作業
  • 現場の写真撮影
  • 現場の掃除
  • 緊急のトラブル対応
  • 職人さんや作業員さんの飲み物の準備
  • 飲みニケーション

 

詳しくは、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】にまとめているので、読んでみてください(^^)

施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】

 

施工管理はみんなの調整役

工事現場では、不測の事態が起きるもの。

例えば、職人さん・お客さん・会社の言い分が違ってモメることもあります。

 

そういうモメごとの調整役も、施工管理の仕事です。

 

プロ野球で例えると、

選手が球団と契約金のことでモメてるのを、監督が間に入って仲裁

 

みたいな感じです。

 

施工管理だと、お客さんの要望を職人さんが嫌がり、お客さんと職人さんに良い提案をすると、今度は会社が嫌がるとか。

みんなの間に入って調整するのも、仕事のうちです。

 

施工管理の1日のスケジュール

上記のような仕事内容の施工管理ですが、1日のスケジュールはこんな感じです。

  • 7:00 朝礼準備
  • 8:00 朝礼
  • 8:30 現場回り
  • 12:00 昼食
  • 13:00 現場の掃除や写真撮影
  • 18:00 事務作業
  • 21:00 仕事終了

 

毎日こうというわけではありませんが、だいたいこんな感じです。

 

施工管理の1日のスケジュールについては、

現場監督は暇じゃない【あんまり激務じゃない働き方も解説】にまとめてるので、読んでみてください(^^)

現場監督は暇じゃない【あんまり激務じゃない働き方も解説】

 

施工管理の7つの種類

ちなみに、一口に「施工管理」といっても、全部で7種類あります。

  1. 建築施工管理(建物)
  2. 土木施工管理(地面)
  3. 電気工事施工管理(電気設備)
  4. 管工事施工管理(水道管とか)
  5. 造園施工管理(庭とか)
  6. 電気通信工事施工管理(ネット回線)
  7. 建設機械(大型機械を使う工事)

 

あなたがどの施工管理を目指すかも、最初に決めておいた方がいいですね。

 

考える男性
考える男性
どれがいいかわかんないよ…

という人は、施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】を読んでみてください。

 

どの施工管理を目指すか、参考になります(^^)

施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

 

施工管理は未経験・資格なしでもできる【いずれ施工管理技士を取ろう】

施工管理は未経験・資格なしでもできる【いずれ施工管理技士を取ろう】

施工管理は、未経験・資格なしでも始められる仕事です。

現場に施工管理技士など、資格保持者がいればいいだけだから。

 

飲食店をやるとき、料理人の全員が調理師免許をもってなくてもいいのと一緒です。

店の代表者が、調理師免許をもってればいいだけ。

 

施工管理もそれと一緒で、工事現場に施工管理技士がいれば、未経験で資格なしの施工管理でも働けます。

 

詳しくは、現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】にまとめているので、読んでみてください(^^)

現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】

 

施工管理技士の資格を取得すれば給料が上がる

資格なしで働けるといっても、いずれは施工管理技士の資格を取得しましょう。

給料が上がるからです。

 

施工管理には、下記の4つの役職があります。

  1. 主任技術者(現場に必要)
  2. 専任技術者(営業所に必要)
  3. 監理技術者(大規模工事に必要)
  4. 現場代理人(現場の施工管理のトップ)

 

建設会社も施工管理技士がいないと工事を受注できないので、施工管理技士は貴重。

会社は、施工管理技士の人数が多いほど儲かる仕組みです。

 

だから、会社側も施工管理技士を増やそうと必死。

  • 無料で講習会を開いてくれる
  • 資格を取得すると、資格手当や昇格で給料が上がる

 

などのメリットがあります。

 

なので、施工管理技士はいずれ取得しましょう。

 

施工管理資格については、

施工管理技士の資格の種類や試験の難易度にまとめているので、読んでみてください(^^)

施工管理技士の資格の種類や試験の難易度

 

施工管理に向いてる人の30の特徴【あなたが向いてるかチェック】

施工管理に向いてる人の30の特徴【あなたが向いてるかチェック】

未経験から施工管理を目指すにしても、向いてないなら嫌ですよね?

施工管理に転職する前に、あなたが施工管理に向いてるかチェックしましょう。

 

施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】を読んでみてください。

 

施工管理に向いてる人の特徴を30個あげているので、あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

 

10個以上あてはまれば、あなたは施工管理に向いてます。

施工管理への転職を検討しても良いでしょう(^^)

施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】

 

ブラック企業に転職しない方法【未経験者は研修で会社を選ぶ】

ブラック企業に転職しない方法【未経験者は研修で会社を選ぶ】

ググってると「施工管理はブラック」みたいな記事が、けっこう出てきますよね?

考える男性
考える男性
ブラックで働くのはさすがに嫌だなぁ…

という人は多いはず。

 

たしかに、ブラックな施工管理の会社もあります。

 

でも、安心してください。

ちゃんとホワイトな環境で働ける施工管理の会社もあります(^^)

 

つまり働きやすさは、会社選びにけっこう左右されます。

施工管理未経験の人は、会社の良し悪しはわからないもの。

 

会社選びのコツは、下記の2つ。

  1. ブラック企業を選ばない
  2. 研修がしっかりしている会社を選ぶ

 

未経験者なので、研修がしっかりしてないと現場で役立てません。

働きやすい会社選びのコツは、研修で会社を選ぶことです。

 

未経験者向けの研修なら、最低でも2ヶ月以上の新人研修がある会社を選びましょう。

 

施工管理の未経験者が、ブラックじゃない働きやすい会社を選ぶ方法を、

施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】にまとめているので、読んでみてください。

 

うっかりブラック企業に転職しないように、転職活動前に読んでおきましょう(^^)

施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

 

まとめ【施工管理とは、監督のこと】

まとめ【施工管理とは、監督のこと】

この記事をまとめます。

  • 施工管理とは、監督のこと
  • 施工管理の具体的な仕事内容【みんなの調整役】
  • 施工管理は未経験・資格なしでもできる
  • 施工管理に向いてる人の30の特徴で、あなたが向いてるかチェック
  • ブラック企業に転職しない方法は、研修で会社を選ぶ

 

考える男性
考える男性
施工管理とは何なのか、わかりやすく教えてほしい。

色んなサイトを見たけど、正直わかりにくい。

 

ただ、ブラック企業が多そうだけど、大丈夫かなぁ…?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、大変そうに見える施工管理ですが、その分たくさんのやりがいや魅力があります。

 

施工管理のやりがいや魅力を、

施工管理(現場監督)のやりがいや魅力9選【未経験から始める方法】にまとめているので、読んでみてください。

 

社会の役に立てる、かなりやりがいのある仕事です(^^)

施工管理(現場監督)のやりがいや魅力9選【未経験から始める方法】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】

    現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】

  2. 施工管理(現場監督)のきついところ15選【きつくない働き方も解説】

    施工管理(現場監督)のきついところ15選【きつくない働き方も解説】

  3. 施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

    施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

  4. 施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

    施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

  5. 施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

    施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

  6. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

  1. 新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    2020.02.17

  2. 技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    2020.02.12

  3. CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    2020.01.25

  4. 建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    2020.01.25

  5. CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    2020.01.23

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

建築設備のおすすめサイト