不織布の壁紙は何度でも塗り替えできてDIYにも最適

壁紙

一般的なビニールクロス壁紙を補修するには張り替えが一般的ですが、自分で塗り替えられる不織布のフリース素材の壁紙があります。

壁紙を張り替える必要がなく、自分で簡単にDIYで塗り替えできるため、人気をよんでいます。

 

ゴミもでないため、今後スタンダードになることが望まれますね。

それでは、くわしく見てみましょう(^^)

ビニールクロス壁紙のデメリット

部屋

日本ではビニールクロス壁紙が一般的で、約90%がビニールクロス壁紙です。

 

ですが、ビニールクロス壁紙には、

  • のりを塗ると伸びてしまう
  • ビニールクロス壁紙は、施工時にのりを全面になじませるオープンタイムが必要
  • 何年かすると目開きが起こる
  • 傷や汚れの補修をしにくい
  • 補修方法は「張り替え」のため、ゴミがでる
  • 3~5年で張り替えが必要、新しい壁紙が必要
  • すぐに傷がつく
  • 紫外線で黄色くなる
  • 結露が起きやすく、カビが生えることもある

というデメリットがあります。

ヨーロッパでは不織布の壁紙が主流

ヨーロッパ

ドイツをはじめヨーロッパでは、不織布のフリース素材の壁紙が伸びています。

不織布(ふしょくふ)とは、繊維を織らずに熱や機械や化学的な作用で絡み合わせた布です。

不織布の壁紙のメリット

壁紙ロール

不織布壁紙のメリットは、

  • 破れにくくて耐久性がある
  • 水を含んでも伸びないし、時間が経って縮むことがない
  • 何度も塗り替えられるため、傷や汚れを補修できる
  • DIYで好きな壁色に塗れる
  • 壁紙をはがす必要がないため、ゴミがでない
  • 新しい壁紙が必要なかったり、ゴミがでないため、地球にやさしい
  • 通気性と調湿性があるため、室内の湿度を一定に保つことができる
  • 調湿性があるため、エアコンの除湿や加湿器を使わずに済むため電気代の節約になる
  • 通気性があるため、カビが発生しない
  • 防火性に優れている
  • ビニールクロス壁紙のようにのりを塗ったあと伸びないので、オープンタイムが必要なくすぐに張ることができる
  • 汚れはスポンジに水をふくませて軽くこするだけで落ちる
  • はがすとき途中で切れにくい
  • クラックが起きにくい
  • 壁の結露が起きにくい

などがあります。

 

ビニールクロス壁紙に比べてメリットが多いため、世界標準になりつつある壁紙です。

不織布の壁紙は汚れを落としやすく、DIYも簡単

ペンキ

不織布の壁紙は汚れを落とすのも簡単です。

子供に壁に落書きをされても、簡単に汚れを落とすことができます。

 

市販の水性塗料で自分で簡単に塗ることができます。

  • 模様替えをしたい
  • DIYで壁をデザインしたい

という人には最適の壁紙です。

 

色ムラも出にくいため、高い技術も必要ありません。

賃貸物件は壁紙の張り替え費用が高い

飛んでいくお金

賃貸アパートや賃貸マンションに住んでいる人はわかると思いますが、壁紙に傷をつけないようにしたり、汚さないようにしたり気をつかわなければいけませんよね。

退去のときに壁紙の張り替えが高くつくものです。

 

退去のときに敷金がほとんど戻ってこない要因の1つが、ビニールクロス壁紙の張り替えの費用が高いことです。

 

賃貸物件の壁紙も不織布の壁紙にしてくれれば、退去費用を安く抑えられるんですがね…(^^;

今後は日本でも不織布の壁紙が一般的になると良いですね。

調湿性があるため電気代の節約になる

エアコン

一般的な家庭では、湿度が高ければエアコンの除湿をしますし、乾燥すれば加湿器をつけるものですよね。

当然エアコンも加湿器も電気代がかかります。

 

不織布は調湿性があるため、室内の湿度を一定に保ってくれます。

そのため、エアコンの除湿も加湿器も必要ありません。

不織布の壁紙は電気代の節約になります。

 

木造住宅は木材が調湿をしてくれますが、鉄筋コンクリート造の建物は木材が使われていないため、調湿効果があまりありません。

ですが、鉄筋コンクリート造の建築物でも不織布の壁紙を使えば調湿効果が得られます。

まとめ

部屋

不織布の壁紙は多くのメリットがあります。

施工もしやすくアフターメンテナンスも簡単です。

調湿効果もあるため、電気代の節約にもなるため、住宅の維持コストを抑える効果もあります。

 

ヨーロッパでスタンダードになった点から、日本でも今後主流になるかもしれませんね(^^)

今後が楽しみな壁紙です(^^)

関連記事

  1. 鉄筋結束

    建設工事の自動化ロボットの開発が進んでいます

  2. 3Dプリンター建築の5つのメリット【日本ではまだ実現性が低い】

    3Dプリンター建築の5つのメリット【日本ではまだ実現性が低い】

  3. vr

    建設業界のVR・AR・MRの活用事例

  4. 高層ビル

    日本の高層ビルTOP10ランキング

  5. ドローン

    ドローンが建築現場で活躍

  6. ロボット

    AIロボットが建設現場の新規入場者教育を担当

  1. 大工が独立する方法【必要な手続きや開業資金、失敗を防ぐ方法も解説】

    大工が独立する方法【必要な手続きや開業資金、失敗を防ぐ方法も解…

    2020.09.21

  2. 大工の将来性は明るい7つの理由【将来性のある就職先を選ぶ方法】

    大工の将来性は明るい7つの理由【将来性のある就職先を選ぶ方法】

    2020.09.21

  3. 大工の仕事内容を解説する【見習いは大変だけど約5年修行すればOK】

    大工の仕事内容を解説する【見習いは大変だけど約5年修行すればOK】

    2020.09.19

  4. 大工に資格はいらない【いずれ取得した方がいい資格一覧も紹介する】

    大工に資格はいらない【いずれ取得した方がいい資格一覧も紹介する】

    2020.09.18

  5. 左官の5つの由来【どれが本当かわからないけど、ロマンがあります】

    左官の5つの由来【どれが本当かわからないけど、ロマンがあります】

    2020.09.15

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建築設備のおすすめサイト