建設と建築の違いを超わかりやすく解説【簡単な覚え方も紹介します】

建設と建築の違いを超わかりやすく解説【簡単な覚え方も紹介します】
考える男性
考える男性
建設と建築の違いって何?

両方よく使うけど、意味が違うのかな?

こういった疑問に答える記事です。

この記事の内容は下記のとおり。

  • 建設と建築の違いを超わかりやすく解説
  • 建築・土木・建設の覚え方
  • 建設業界の仕事内容【どんな職業があるの?】

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

この記事では「建設」と「建築」の違いを解説します。

似ている言葉であいまいに使われがちですが、明確な違いがあります。

覚え方やそれぞれの仕事もしょうかいするので、参考にしてみてください!

建設と建築の違いを超わかりやすく解説

建設と建築の違いを図に表すと、下の図の通りです。

建設と建築の違い

すごく簡単にいうと下記のとおり。

  • 建築:建物のこと
  • 土木:地面のこと
  • 建設:建築と土木の総称

建築:建物のこと

建築とは建物のことです。

例えば、下記は「建築」に該当します。

  • アパート
  • マンション
  • ビル
  • 商業施設

また、電気・水道・ガスなどの設備も建築に含まれます。

土木:地面の工事のこと

土木とは、地面の工事のことです。

下記は「土木」に該当します。

  • トンネルを掘る
  • 橋をかける
  • 道路を造る
  • 道路を舗装する
  • 庭を造る
  • ゴルフ場を造る

「建設」は建築と土木を含めた総称

建設は、建築と土木を含めた総称です。

すべてをひっくるめて「建設」という感じです。

「建造」とは?

ちなみに「建造」という言葉もありますが、建造とは大きなものを造ることです。

「建造物」という言葉は、建築にも土木にも使われる言葉ですね。

ただ、「大きい船を建造する」とも使われるので、「建造」は建設物以外にも使う言葉です。

建築・土木・建設の覚え方

建築・土木・建設の覚え方

とはいえ、建築と建設はごっちゃになりがちです。

なので、建築・土木・建設の覚え方を解説します!

建築の覚え方

建物を建てる「建築」の覚え方は、下記のようなイメージです。

  • 「城を築く」は、城という建物を建てること
  • 「日本建築」とはいうけど、「日本建設」とは言わない
  • 建築家はいるけど、建設家はいない
  • 一級建築士はいるけど、一級建設士はいない
  • 建築デザイナーはいるけど、建設デザイナーはいない
  • 専門学校に建築学科はあるけど、建設学科はない

あくまで地面の上に建物を造るものが「建築」です。

土木の覚え方

土木の覚え方は簡単。

「土」が入ってるので地面の工事というイメージで覚えましょう。

建設の覚え方

建築と土木の総称の「建設」の覚え方は、下記のようなイメージです。

  • 「建設業界」とはいうけど、「建築業界」とは言わない
  • 鹿島建設・清水建設など、大きい会社は全部やるから「建設」がつく

建設はあくまでも広い意味と覚えておけば、建築とごちゃごちゃになりにくいです。

建築・土木・建設をゲームに例えてみた

建築・土木・建設の関係を、ゲームに例えると下記のような感じです。

  • 建築:ゲームソフト(ドラクエ・マリオなど)
  • 土木:ゲーム機(プレステ・Nintendoスイッチなど)
  • 建設:ゲーム全体

ちょっとイメージできますかね?

違いを覚える参考にしてみてください!

建設業界の仕事内容【どんな職業があるの?】

建設業界の仕事内容【どんな職業があるの?】

ちなみに、建設業界の仕事内容をざっくりとご紹介します。

建設業界に就職を考えてる人は、参考にしてみてください!

職業主な仕事内容建築or土木
大工家を建てる建築
鉄筋工ビルを建てる建築
とび高所作業建築
コンクリート工コンクリートを扱う建築
土木作業員土木工事を行う土木
内装工建物の中の工事建築
左官工壁をコテで塗る建築
塗装工外壁を塗る建築
造園工庭を造る土木
多能工複数の技術をもつ建築・土木
電気工事士電気設備の工事建築
設備工配管工事など建築
解体工建物を壊す建築
建築士建物の設計図を書く建築
CADオペレーター建築士のフォロー建築
現場監督(施工管理)工事現場の監督建築・土木

細かく言えばもっとたくさんあるのですが、大まかには上記のような職業があります。

ちなみに、建築士には下記の3種類があります。

  • 意匠設計:デザイン
  • 構造設計:構造上問題がないか設計
  • 設備設計:電気・水道・空調などの設計

建築士になるには、一級建築士か二級建築士の資格が必要です。

建築士の資格に興味がある人は、下記の2記事を参考にしてみてください!

未経験からでも始めやすいのは現場監督(施工管理)

上記の建設業の職業で、未経験からでも始めやすいのは現場監督です。

※別名「施工管理」ともいいます。

施工管理の仕事内容や年収は、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説【未経験者向け】を参考にどうぞ。

「現場監督」というとベテランがやるイメージがありますが、20代の未経験からでも仕事ができます。

建設業界は人材不足で、特に現場監督が足りていません。

「人材不足=貴重な人材」なので、現場監督で経験値が上がると給料も高めになります。

ベテランの現場監督の中には、年収1000万円以上もらってる人もいます。

未経験から現場監督(施工管理)に就職・転職する方法は、未経験で施工管理に転職するとき失敗しない5つのコツ【不安を減らせる】にまとめているので、興味あれば読んでみてください!

ワット・コンサルティングでは未経験から施工管理になりたい人を募集中

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは施工管理の技術者派遣の会社です。

技術者派遣とは、技術者派遣会社の正社員で採用されて、他社の現場で働くイメージ。

施工管理の技術者派遣のイメージ図

※施工管理の技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットとデメリット【やめとけと言われる理由】を参考にどうぞ。

ワット・コンサルティングでは、未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは下記の4つ。

  • 60日間の新人研修があるので基礎を学んでから働ける(業界トップクラス)
  • 1500名以上の未経験者を研修してきた実績あり
  • 研修期間中もお給料をもらえる
  • 定着率83.2%なので施工管理の転職に失敗しにくい(定着率も業界トップクラス)

興味がある人は、情報収集に活用してみてください。

まとめ【建築は建物のこと。建設は建築と土木の総称】

まとめ【建築は建物のこと、建設は建築と土木の総称】

この記事をまとめます。

  • 建築は建物のこと
  • 土木は地面の工事のこと
  • 建設は、建築と土木の総称
  • 建設業界にはたくさんの職業がある

建設と建築の違いの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 建設業はやめとけと言われる3つの理由【良いところ3選も紹介】

    建設業はやめとけと言われる3つの理由【良いところ3選も紹介】

  2. 建設業は終わってる?【結論:終わってないし将来予測は明るい】

    建設業界は終わってる?未来はない?今後10年以降の将来性は問題なし

  3. 建設業の主な6職種の一覧を紹介【今後伸びていきそうな職種も解説】

    建設業の主な6職種の一覧を紹介【今後伸びていきそうなおすすめ職種も解説】

  4. ai

    建設業界が現場にAIを導入!AIは人間の仕事を奪うのか?

  5. ドローン

    ドローンが建築現場で活躍

  6. 建設業界の夜明け

    2024年問題!建設業界の働き方改革12選|無理といわれる理由

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのNG逆質問も紹介

    施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのN…

  2. 施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選も紹介

    施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選…

  3. 施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

    施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避す…

  4. 道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資格5選を紹介

    道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資…

  5. 杭工事における施工管理の流れ|注意点とおすすめの…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト