施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステップも解説

施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】
施工管理の男性
施工管理の男性
施工管理で転職したいんだけど、失敗しないか不安…

うっかり変な会社に転職して後悔したくない…

転職にリスクがあるのは知ってるけど、失敗しないコツを教えてほしい。

自分に合う会社に転職して、キャリアアップ・年収アップしていきたい。

あと、転職活動って何から始めればいいの?

転職って右も左もわからないから不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理の転職に失敗しない3つのコツがわかる
  • 失敗を防ぐ転職活動の進め方5ステップがわかる
  • 施工管理の転職でよくある14の質問と答えがわかる

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートを行う会社です。

満足度92%を誇る私たちが「施工管理の転職に失敗しないコツ」を解説します。

実際に転職に成功した人たちがほとんどなので、かなり信ぴょう性があるかと。

失敗を防ぐ転職活動の進め方5ステップもまとめたので、転職活動の参考になると思います。

転職に成功し、あなたに合う会社でキャリアアップ・年収アップしたい人は、最後まで読んでみてください!

参考記事

ちなみに、未経験から施工管理に転職する方法は、未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9ステップにまとめています。

この記事の監修者

株式会社ワット・コンサルティング

施工管理の技術者派遣を行う会社。これまで1500名以上の未経験者を施工管理として育成した実績あり。

  • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
  • 有料職業紹介事業許可番号 13- ユ-304267
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-1) 第150734号

目次

施工管理の転職に失敗しない3つのコツ

青空と施工管理

結論、施工管理の転職に失敗しないコツは下記の3つです。

  1. ブラック企業を排除する
  2. 事前に退職の規定を確認しておく
  3. できれば在職中に転職活動を始める

1つずつ解説します。

【コツ1】ブラック企業を排除する

ブラック企業だと長く働けない可能性が高いから。

くれぐれも、一番大切なのはあなたの体と心です。

短期離職の履歴ができてしまったり、転職回数が増えるため、次の転職が不利になってしまいます。

施工管理の男性
施工管理の男性
でも、ブラック企業ってどうやってわかるの?

コツは下記の17個です。

  1. 定着率が高い会社を選ぶ
  2. IT化を進めている会社を選ぶ
  3. 転職エージェントを活用する
  4. 施工管理の技術者派遣で働く
  5. 公共工事が多い会社を選ぶ
  6. 経営事項審査の点数が高い会社を選ぶ
  7. マンション大規模修繕の施工管理で働く
  8. 可能なら6月・12月から転職活動を始める
  9. 規模の小さい現場がある会社で働く
  10. 地方の会社で働く
  11. 絶対に譲れない条件を先に決めておく
  12. 現場の相談ができる会社を選ぶ
  13. 女性や外国人を採用している会社を選ぶ
  14. 口コミサイトをチェックする
  15. 仕事ができるようになってから会社に交渉する
  16. 施工管理技士を取得して有利に転職活動を進める
  17. 転職候補の会社で働く人に話を聞く

詳しくは、激務じゃないホワイトな施工管理で働く方法17選にまとめています。

【コツ2】事前に退職の規定を確認しておく

退職できる時期が決められているケースがあるから。

一般的には、下記のような規定が多いです。

  • 退職の1ヶ月前に申し出ること
  • 退職の3ヶ月前に申し出ること

例えば「来月退職しよう」と思っていたのに、退職の規定には「退職の3ヶ月前に申し出ること」と書かれていると、すんなりと辞められないこともあります。

※民法627条で「2週間前に申し出れば退職できる」と定められていますが、現実は引き継ぎなどがあるので難しいことも…

現場が終わったタイミングでないと退職できないのが、施工管理の通例です。

途中で担当を変えるのは難しいから。

実際は、退職することを前もって会社に伝えておき、現場が終わるタイミングで退職する人が多いです。

ただ、いずれにしても退職の規定は事前に確認しておきましょう。

【コツ3】できれば在職中に転職活動を始める

退職してから転職活動を始めると、無収入期間ができてしまうからです。

失業保険給付は退職の4ヶ月目から支給なので、3ヶ月は収入がありません。※自己都合退職の場合

ただし、現場が忙しいと在職中に転職活動するのは困難。

実際は、退職してから転職活動を始める施工管理も多いです。

退職してから転職活動する場合は、事前に下記を計算しておきましょう。

  • 退職金がいくら出るか?
  • 3ヶ月分の生活費の貯金はあるか?

施工管理の転職活動の進め方5ステップ【失敗を防ぐ】

ステップ
施工管理の男性
施工管理の男性
転職活動って、具体的にどうすればいいの?

進め方を知りたいな。

転職活動の進め方は下記の5ステップです。

  1. あなたの希望を書き出す
  2. 求人を探す
  3. 履歴書と職務経歴書を作成・送付
  4. 面接
  5. 内定承諾

先に「あなたの希望を書き出す」をやることで、失敗を防ぎやすくなります。

こちらも1つずつ解説します。

①あなたの希望を書き出す

転職の軸を作っておかないと、ブレて失敗しやすいから。

いきなり求人情報を見出すと、軸がないため判断がブレやすいです。

具体的には下記を考えてみましょう。

  • 希望の年収
  • 休日はどれくらいほしいか?
  • どれくらいなら残業していいか?
  • どんな福利厚生がほしいか?
  • どういうキャリアプランを進みたいか?
  • 勤務地や通勤時間の要望
  • 転勤・出張の有無など
施工管理の男性
施工管理の男性
希望っていっても、ボンヤリしてるんだよなぁ…

という場合は、絶対に避けたい条件だけ決めればOK。

絶対に避けたい条件以外は「譲ってもいい条件」なので、求人を選びやすくなります。

②求人を探す

先ほど決めた希望にそって、求人を探していきましょう。

100%希望に合う求人はないかもしれないので、希望に近い求人を絞ればOK。

求人は下記で探せます。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

それぞれのメリットとデメリットは下記のとおり。

 メリットデメリット
ハローワーク地方の小企業の求人も見れる企業側は無料で求人を出せるので、資金力がない企業の求人もある
転職サイトスマホで簡単に求人を見れる自分で転職活動を進めなければいけない
転職エージェントプロのキャリアカウンセラーが無料で転職活動をサポートしてくれるヒアリング後に合いそうな求人を紹介されるので見れる求人数は少ない

ちなみに、私たちワット・コンサルティングでは転職エージェントサービス「SAN-SUKE」を行なっています。

無料でヒアリングや求人紹介を行なっているので、求人探しに活用してみてください。

求人を見てから転職するか考えてもOKなので、相談だけで終了しても大丈夫です。

③履歴書と職務経歴書を作成・送付

求人を絞れたら、履歴書と職務経歴書を作成して応募企業に送付しましょう。

履歴書・職務経歴書で特に重要なのは下記の3つです。

  1. 志望動機
  2. 自己PR
  3. 保有資格

特に、志望動機と自己PRは苦手意識をもつ人もいるかと。

1つずポイントを解説します。

志望動機を作るコツ

志望動機を作るコツは下記のとおりです。

  • あなたがやりたいことと応募企業がやっていることの共通点を探す
  • 応募企業が求めている人物像に寄せる
  • 先に結論から書く
  • 一文を80文字以内にする

詳しくは、施工管理の志望動機の例文!実務経験を職務経歴書にどう書く?にまとめています。

志望動機の例文も掲載しているので、参考にしてみてください。

ちなみに転職エージェントを利用すると、応募企業ごとに志望動機を一緒に考えてくれます。

応募企業がどんな志望動機を好むかわかっているし、プロのコンサルタントが志望動機を考えるので、あなたの手間を軽減できますよ。

自己PRを作るコツ

自己PRを作るコツは下記のとおりです。

  • まずは応募企業が求める人物像を調べる
  • 応募企業が求める人物像とあなたの合致点を探す
  • 応募企業が求める人物像に寄せて自己PRにする
  • コミュニケーション能力の高さをアピールできる体験談を入れる
  • マネジメント力の高さをアピールできる体験談を入れる
  • トラブル発生時の対応力の高さをアピールできる体験談を入れる
  • 応募企業で何をしたいのかを伝える
  • 自分の強みがわからなければ人に聞く
  • 結論から書く
  • 自己PRは200文字以内の短文でOK

こちらの詳細は、施工管理の自己PRの書き方【例文や志望動機のコツも解説】にまとめています。

自己PRの例文も紹介しているので、アレンジして使ってください。

ただし、こちらも転職エージェントが一緒に考えてくれるので、難しそうなら無料でサポートしてもらいましょう。

保有資格は施工管理技士をアピールする

特に施工管理技士があればアピールしましょう。

どの会社も施工管理技士を採用したいから。

  • 施工管理技士は主任技術者・監理技術者(1級のみ)になれる
  • 現場には主任技術者や監理技術者を配置しなければいけない

施工管理技士は会社の売上に貢献できる資格なので、採用されやすいです。

※後述しますが、施工管理技士がなくても転職しやすいので安心してください。

④面接【よく聞かれる質問の答えを準備する】

書類選考を通過したら、面接対策をしましょう。

具体的には、面接でよく聞かれる質問の答えを準備すればOK。

面接でよく聞かれる質問は下記のとおりです。

  • 自己紹介
  • 職務経歴
  • マネジメント経験について
  • 保有資格
  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機
  • キャリアプラン
  • 長所と短所
  • 現場のトラブル体験
  • 他に受けてる会社はありますか?
  • 逆質問
施工管理の男性
施工管理の男性
こんなにあるの…?

具体的にどう答えればいいの…?

という人は、【例文あり】施工管理の面接でよくある質問と答え方【詰まってもOK】を参考にどうぞ。

各質問への答え方をまとめています。

⑤内定承諾

内定がでたら、本当にその企業に入社するか慎重に考えましょう。

面接のときに聞けなかった不明点などは、内定承諾前に聞いてみてください。

納得したら内定承諾しましょう。

施工管理の転職でよくある14の質問【答えます】

アイデア

最後に、今まで多くの転職相談を受けてきて、特に多かった14の質問に答えていきます。

  1. みんなどんな理由で転職してるの?
  2. 忙しくて転職活動してるヒマがない…
  3. 残業代100%支給の会社がいいんだけど…
  4. 休日がしっかりしている会社はどう探せばいいの?
  5. 転職で年収アップするにはどうすればいいの?
  6. 大手に転職するにはどうすればいいの?
  7. 施工管理技士を取得してから転職した方がいいの?
  8. 転勤や出張がない会社に転職したいんだけど…
  9. 地方に転職したいんだけどどうすればいい?
  10. 年齢が高いんだけど転職できるの?
  11. 年収が下がってもいいからペースを落として働きたい…
  12. 転職エージェントって話を聞くだけでもいいの?
  13. 転職エージェントってお金はかからないの?
  14. 転職に適した時期ってあるの?

Q1.みんなどんな理由で転職してるの?

施工管理に多い転職理由は下記の10個です。

  1. 労働時間が長すぎるから
  2. 休みが少ないから
  3. 給料が安いから
  4. 人間関係が悪いから
  5. 転勤したくないから
  6. 会社が倒産したから
  7. 評価に不満があるから
  8. ミスマッチだったから
  9. 家庭の事情
  10. 他の職種へ転職するから

あなたもこれらに該当するなら転職してOKかと。

詳しくは、施工管理の転職理由10選【辞めた後の転職先の選び方も解説】にまとめています。

Q2.忙しくて転職活動してるヒマがない…

忙しい人は、転職エージェントを活用しましょう。

無料で下記をサポートしてくれるから。

  • 求人探し
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 入社手続き

忙しい施工管理が転職活動をすべて1人でやるのは大変なので、プロに助けてもらえばOKです。

ちなみに私たち「SAN-SUKE」も、無料で転職活動をサポートしています。

話を聞いてから判断することもできるので、転職活動の情報収集にどうぞ。

Q3.残業代100%支給の会社がいいんだけど…

技術者派遣がおすすめです。

派遣先の企業と契約しているため、きっちり残業代が支給されるから。

施工管理の男性
施工管理の男性
派遣って大丈夫なの…?

安定してるの…?

派遣といっても正社員なので安心してください。

技術者派遣の会社の正社員として採用されて、他社の現場で働くイメージです。

施工管理の技術者派遣のイメージ図

今は派遣も含めて施工管理が足りてないので、安定して稼げるでしょう。

施工管理の派遣については、施工管理の派遣で働くメリットとデメリット【やめとけと言われる理由】に詳しくまとめています。

Q4.休日がしっかりしている会社はどう探せばいいの?

転職エージェントに紹介してもらえばOK。

優良な転職エージェントであれば、きちんと休日が多い会社を紹介してくれることが多いです。

施工管理の男性
施工管理の男性
でも「いざ転職したら休日が少なかった!」ってならないか不安…

ほんとに転職エージェントの紹介は信頼できるの…?

転職エージェントは、紹介した人が短期離職すると、人材紹介手数料を紹介先の企業に返金しないといけません。

なので、ミスマッチは転職エージェントにとってもマイナス。

結論、まともな転職エージェントであればミスマッチは起きにくいです。

ちなみに私たち「SAN-SUKE」でも、休日がしっかりしている求人を紹介できることがあるので、情報収集に活用してみてください。

Q5.転職で年収アップするにはどうすればいいの?

今より大きい会社を狙ってみましょう。

建設業界は、会社の規模が大きいほど年収が高い傾向だから。

下記は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査の「建設業」のデータから計算した平均年収です。※千の位は四捨五入

企業規模(従業員数)平均年収
大企業(1000人以上)732万円
中企業(100~999人)587万円
小企業(10~99人)461万円
施工管理の男性
施工管理の男性
でも、今より大きい会社に採用されるか不安…

という人も、転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロなので、採用されやすい履歴書や面接のアドバイスをくれます。

年収交渉もしてくれるので、あなた一人で転職活動するより年収アップしやすいですよ。

私たち「SAN-SUKE」でも年収アップできる求人を紹介できることがあるので、情報収集に活用してみてください。

Q6.大手に転職するにはどうすればいいの?

できれば1級の施工管理技士を取得しましょう。

大手は大規模現場が多いため、監理技術者になれる1級の施工管理技士を採用したいから。

監理技術者:下請に出す工事の総額が4500万円以上/建築一式工事の総額が7000万円以上の工事を担当できる

1級の施工管理技士の受験資格は、施工管理技士の資格の種類や試験の難易度【各試験の難易度順も解説】にまとめています。

まだ1級の施工管理技士を受験できない人は、段階的に大手を目指しましょう。

実務経験を積んでいけば、1級の受験資格を得られます。

Q7.施工管理技士を取得してから転職した方がいいの?

大手への転職でなければ、施工管理技士がなくても転職できます。

もちろん施工管理技士があるに越したことはないですが、どこも人材不足なので経験者なら転職しやすい状況です。

転職先してから、施工管理技士を取得してもいいくらいです。

Q8.転勤や出張がない会社に転職したいんだけど…

結論、下記の2つがおすすめです。

  1. 地域密着の中小企業に転職する
  2. 技術者派遣でエリアを限定してもらう

いずれも転勤・出張がないから。

詳しい方法は、施工管理が転勤や出張なしで働く2つの方法【5つのデメリットあり】にまとめています。

Q9.地方に転職したいんだけどどうすればいい?

地方も対応している転職エージェントに求人を紹介してもらえばOK。

遠方の転職活動は移動が大変だったり、求人情報を調べにくかったりするのでサポートがあった方が良いでしょう。

転職エージェントは下記をやってくれます。

  • 条件に合いそうな地方の求人のピックアップ
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス
  • 面接日程の調整など先方企業とのやりとり
  • 入社書類の手配
  • 入社日程の調整

無料であなたの負担を軽減できるので、有効に活用するのがおすすめです。

私たちSAN-SUKEでも地方の求人を紹介できることがあるので、情報収集に活用してみてください。

Q10.年齢が高いんだけど転職できるの?

結論、転職できる可能性が高いです。

具体的には、下記のような理由でベテランの施工管理を採用したい企業が増えています。

  • 経験豊富で即戦力になるから
  • 若手の施工管理が少ないから
  • 若手の施工管理を育成できるから
  • 施工管理技士をもっている人が多いから

この辺は、施工管理経験者なら50代でも転職できる【3つの転職活動方法も解説】も参考にどうぞ。

Q11.年収が下がってもいいからペースを落として働きたい…

技術者派遣がおすすめです。

派遣会社に要望を伝えると、休日が多く、残業が少なめの派遣先を紹介してくれることがあるから。

「お金より自由時間がほしい」という人も多いです。

この辺も、施工管理の派遣で働くメリットとデメリット【やめとけと言われる理由】にまとめています。

Q12.転職エージェントって話を聞くだけでもいいの?

大丈夫です。

転職エージェントから求人を紹介されますが、転職先を決めるのはあくまであなただから。

とりあえず転職エージェントに話を聞いてみて、ピンとこないなら断って大丈夫です。

施工管理の男性
施工管理の男性
まだ転職するか決めてないんだけど、求人だけ見たい。

というだけでも転職エージェントを利用する人は多いですよ。

Q13.転職エージェントってお金はかからないの?

お金はかかりません。

転職エージェントは、紹介先の企業からお金をもらうビジネスだから。

転職エージェントの仕組み

一般的には、転職先の年収の30%を紹介手数料としてもらうのが相場です。

例:転職先の年収が500万円なら、500万円×30%=150万円
施工管理の男性
施工管理の男性
じゃあ、転職エージェントはブラック企業でもいいから転職させちゃえば儲かるってことだよね…

騙されないか不安…

たしかに、あまりよくない紹介をする転職エージェントもあるでしょう。

ですが、先ほどもお伝えしたとおり、紹介した人が短期離職すると、転職エージェントは紹介先の企業に人材紹介料を返金しなければいけません。

ミスマッチの企業を紹介すれば短期離職のリスクが高まるため、転職エージェントにとっても不利。

つまり転職エージェントは、できるだけ要望に近い求人を紹介して、長く働いてもらうことを望んでいます。

なので、目指す方向はあなたと一緒。

もちろん私たち「SAN-SUKE」でも、できるだけ要望に近い求人を紹介できるように努めています。

転職エージェントはいくつ登録しても無料なので、SAN-SUKEも登録して、求人情報を収集してみてください。

Q14.転職に適した時期ってあるの?

結論、時期はいつでも大丈夫です。

どこも施工管理が不足しているから。

しいていえば、3月と9月は求人が増える傾向です。

理由は下記のとおり。

  • 3月:翌年度の採用計画ができて中途採用を募集するから
  • 9月:新卒の教育が落ち着くので、中途採用の募集を始めるから

転職活動は3ヶ月くらいかかるので、逆算すると6月・12月くらいから転職活動を始めると良いでしょう。

この辺は、施工管理の転職におすすめの時期【結論:いつでもいい。今の現場次第】を参考にどうぞ。

ただしくりかえしですが、施工管理は不足しているため、基本的には求人数が多いです。

まとめ:失敗しないコツを押さえて転職活動を始めよう

工事現場と施工管理

最後にもう一度、施工管理の転職に失敗しない3つのコツをまとめておきます。

  1. ブラック企業を排除する
  2. 事前に退職の規定を確認しておく
  3. できれば在職中に転職活動を始める(実際は退職してから転職活動する人が多い)

そして、失敗しにくい転職活動の進め方は下記の5ステップです。

  1. あなたの希望を書き出す
  2. 求人を探す
  3. 履歴書と職務経歴書を作成・送付
  4. 面接
  5. 内定承諾

さっそく今からできることを始めてみましょう。

行動しないと何も始まらないから。

当たり前ですが、条件が良い求人ほど先に埋まっていきます。

「う~ん…」と考えてるうちに、他の人に良い求人をとられてしまうかも…

求人は流動性が高いため、来週には希望の求人がなくなっているかもしれません。

行動しながら考えることもできるので、できることから始めてみましょう。

まずはボンヤリとでもいいので、あなたの希望を考えてみてください。

そして、具体的な求人情報を見ながら考えていけばOK。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

忙しくて転職活動が難しいなら、転職エージェントにサポートしてもらえばOKです。

私たち「SAN-SUKE」でも転職活動をサポートできるので、情報収集にどうぞ。

あとは行動あるのみ。

さっそく今日からできることを始めてみましょう。

あなたが今回の転職に成功して、より良い施工管理キャリアを進めることを祈っています!

関連記事

  1. 現場監督は夜勤をすることもある【ただし夜勤の日は給料アップします】

    現場監督は夜勤をすることもある|ただし夜勤の日は給料アップする

  2. 考える施工管理

    3年目の施工管理(現場監督)の目標の目安【やった方がいい3つのこと】

  3. 施工管理の将来性は明るい【東京オリンピック後も問題ないかと】

    施工管理の将来性は明るい|ポジティブなビジョンを解説

  4. 施工管理から公務員に転職できる【民間→公務員のデメリットも解説】

    施工管理から公務員に転職できる|民間→公務員のデメリットも解説

  5. 現場監督の忙しい時期は工事前後と3月・9月【忙しい会社を避けるコツ】

    現場監督の忙しい時期は工事前後と3月・9月|忙しい会社を避けるコツ

  6. 「施工管理は潰しが効かない」はウソ【他の仕事でも使えるスキルあり】

    「施工管理は潰しが効かない」はウソ【他の仕事でも使えるスキルあり】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 新人現場監督がミスを防ぐコツ9選!ミスをしたときの対処法も解説

    新人現場監督がミスを防ぐコツ9選!ミスをしたときの…

  2. トンネル工事の施工管理の特徴5選!メリット・デメリットを解説

    トンネル工事の施工管理の特徴5選!メリット・デメリ…

  3. 夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

    夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

  4. 令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正される|3つの注意点も解説

    令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正され…

  5. 施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につける方法も解説

    施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につけ…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト