【収納重視】現場監督におすすめの車8選【選ぶときの3つの注意点】

【収納重視】現場監督におすすめの車9選【選ぶときの3つの注意点】
施工管理の男性
施工管理の男性
現場監督におすすめの車を知りたいな。

たくさん荷物を積めて、機能的な車がいいな。

車を選ぶときの注意点とかもあれば知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 現場監督におすすめの車がわかる
  • 現場監督が車を選ぶときの注意点がわかる

 

現場監督向きの車を紹介します。

収納スペースが大きくて、機能的な車を9つに絞ってみました。

車選びの注意点もまとめたので、購入の参考にしてみてください。

【収納重視】現場監督におすすめの車8選

【収納重視】現場監督におすすめの車9選

結論、現場監督におすすめの車は下記の9つです。

※収納重視で選んでみました。

  • ハイエースバン【トヨタ】
  • キャラバン【日産】
  • プロボックス【トヨタ】
  • エブリイ【スズキ】
  • NV200バネットバン【日産】
  • ボンゴバン【マツダ】
  • タウンエースバン【トヨタ】
  • キャリイ【スズキ】
  • ハイゼットカーゴ【ダイハツ】

 

それぞれ、下記の項目をピックアップしています。

  • 荷室の広さ
  • 最大積載量
  • 馬力
  • 燃費
  • 価格

 

購入の参考にしてみてください。

1つずつ解説します。

 

ハイエースバン【トヨタ】

荷室 高さ:1320mm

幅:1520mm

長さ:3000mm

最大積載量 850~1250kg(乗車人数による)
馬力 1998cc:最大トルク18.6kgf・m

2754cc:最大トルク30.6kgf・m

燃費 10~13km/lくらい
価格 新車240万~370万円くらい

中古50万~350万円くらい

参考:トヨタ自動車

最大の魅力は、やはり収納スペース(荷室)の広さです。

たくさんの荷物を運ぶ場合に、かなり重宝するかと。

タフにできてるので、整備すれば50万kmくらい走れることもあります。

 

キャラバン【日産】

荷室 高さ:1325mm

幅:1520mm

長さ:3050mm

最大積載量 550kg
馬力 1998cc:最大トルク18.1kgf・m

2488cc:最大トルク21.7kgf・m

燃費 約10km/l
価格 新車220万~420万円くらい

中古30万~400万円くらい

参考:日産自動車

よくハイエースと比較される車ですね。

収納スペースの広さはハイエースに匹敵します。

こちらもタフにできており、整備すれば20万kmくらい走れることもあります。

 

プロボックス【トヨタ】

荷室 高さ:935mm

幅:1420mm

長さ:1810mm

最大積載量 250~400kg(乗車人数による)
馬力 ハイブリッド車1500cc:最大トルク11.3kgf・m

ガソリン車1300cc:最大トルク12.3kgf・m

ガソリン車1500cc:最大トルク13.9kgf・m

燃費 ガソリン車14.6~19.6km/l

ハイブリッド車22.6~27.8km/l

価格 新車170万~200万円くらい

中古25万~190万円くらい

参考:トヨタ自動車

最大のメリットは、収納が広いのに燃費が良いこと。

ハイブリッドタイプが出ており、燃費はバツグンです。

収納の広さはハイエースやキャラバンに負けますが、後部座席はフラットシートになるためけっこう積めますよ。

ハイエースやキャラバンほどの積載量がいらない現場監督には良いと思います。

 

エブリイ【スズキ】

荷室 高さ:1240mm

幅:1420mm

長さ:1910mm

最大積載量 350kg
馬力 658cc:最大トルク9.7kgf・m
燃費 13~19.4km/l
価格 新車100万~150万円くらい

中古10万~250万円くらい

参考:スズキ株式会社

メリットは収納が広いのに、車体がコンパクトであること。

小回りも効きやすいので、運転しやすい車です。

燃費の良さと、車体価格の安さも魅力ですね。

 

NV200バネットバン【日産】

荷室 高さ:1365mm

幅:1500mm

長さ:1900mm

最大積載量 650kg
馬力 1597cc:最大トルク15.5kgf・m
燃費 13.4~16.4km/l
価格 新車220万~270万円くらい

中古20万~400万円くらい

参考:日産自動車

こちらも収納の広さが魅力です。

プライベートとも併用しやすい車です。

最大積載量もかなり大きいので、多くの荷物を運べます。

もちろん後部座席はフラットにできるので、長い資材も積みやすくなっています。

 

ボンゴバン【マツダ】

荷室 高さ:1305mm

幅:1495mm

長さ:1255mm

最大積載量 750~1150kg(乗車人数による)
馬力 1496cc:最大トルク13.7kgf・m
燃費 12~12.6km/l(車体重量1450kg)
価格 新車190万~220万円くらい

中古20万~300万円くらい

参考:マツダ株式会社

こちらも収納スペースがかなり広めです。

見た目はコンパクトながら、最大積載量も大きいのが魅力。

頑丈にできているため、きちんと整備すれば20万kmくらいまで走れることもありますよ。

 

タウンエースバン【トヨタ】

荷室 高さ:1155mm

幅:1305mm

長さ:1255mm

最大積載量 750kg
馬力 1495cc:最大トルク13.7kgf・m
燃費 11.4~15.5km/l
価格 新車180万~240万円くらい

中古20万~300万円くらい

参考:トヨタ自動車

トヨタのボンゴバンとよく似た車です。

こちらも収納は十分に広いかと。

小回りが効くので、運転のしやすさはバツグン。

 

キャリイ【スズキ】

荷台 高さ:290mm

幅:1410mm

長さ:1940mm

最大積載量 350kg
馬力 658cc:最大トルク6.4kgf・m
燃費 17~19.8km/l
価格 新車80万~140万円くらい

中古20万~150万円くらい

参考:スズキ株式会社

荷台になっているため、長い荷物を載せるのには最適です。

車体が軽いこともあり、燃費もかなり良好。

価格の安さもメリットのため、低コストで車がほしい人には良いと思います。

 

現場監督用の車を選ぶときの3つの注意点

現場監督用の車を選ぶときの3つの注意点

施工管理の男性
施工管理の男性
現場監督が車を選ぶときの注意点って何かある?

しいて言えば下記の3つだと思います。

  1. 収納が広い車にする
  2. 馬力がある車を選ぶ
  3. 黒は避けた方がいいかも

 

車選びの参考にしてみてください。

1つずつ解説します。

 

①収納が広い車にする

収納スペースは広い方がおすすめ。

多くの荷物を運ぶこともあるからです。

「大は小を兼ねる」でして、たくさん荷物を運ぶ日がきてもいいように、収納スペースは広めの方が無難です。

 

②馬力がある車を選ぶ

馬力もあった方がいいですね。

理由は先ほどと一緒で、たくさん荷物を運ぶ日もあるから。

ただ、今の車は馬力は問題ないので、上記で紹介したような車であれば問題ないでしょう。

 

③黒は避けた方がいいかも

現場によりますが、黒い車は避けた方がいいかもしれません。

キズや汚れが目立つから。

工事現場はホコリやチリが舞いやすいし、飛び石の危険性もあるでしょう。

塗装の現場であれば、ペンキが風にのって車に付着することもあります。

なので、よほど理由がない限りは黒は避けたほうがいいかなと思います。

 

まとめ【現場監督におすすめの車を参考に検討してみてください】

まとめ【現場監督におすすめの車を参考に検討してみてください】

最後にもう一度、現場監督におすすめの車をまとめておきます。

  • ハイエースバン【トヨタ】
  • キャラバン【日産】
  • プロボックス【トヨタ】
  • エブリイ【スズキ】
  • NV200バネットバン【日産】
  • ボンゴバン【マツダ】
  • タウンエースバン【トヨタ】
  • キャリイ【スズキ】

 

必ず実車を見て、できれば試乗してみてください。

納得いく車選びの参考になればうれしいです。

 

少しでも、あなたの仕事の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 施工管理の写真の撮り方8つの注意点【撮影の便利ツールも紹介する】

    施工管理の写真の撮り方8つの注意点【撮影の便利ツールも紹介する】

  2. オーバーハング建築のメリット5選【デメリットや価格も解説する】

    オーバーハング建築のメリット5選【デメリットや価格も解説する】

  3. 現場監督がモテる理由3選【どうすればさらにモテるかも解説】

    現場監督がモテる理由3選【どうすればさらにモテるかも解説】

  4. 現場監督の仕事の覚え方7選【仕事に目標をもつと早く覚えられる】

    現場監督の仕事の覚え方7選【仕事に目標をもつと早く覚えられる】

  5. ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】

    ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】

  6. 現場監督がバックレたらパニックです【バックレられたときの対処法】

    現場監督がバックレたらパニックです【バックレられたときの対処法】

  1. 電気

    電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

    2022.05.19

  2. 職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消します】

    職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消しま…

    2022.05.14

  3. CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    2022.05.14

  4. 基本は現場監督は作業してはいけない【作業を頼まれたときの答え方】

    基本は現場監督は作業してはいけない【作業を頼まれたときの答え方】

    2022.05.14

  5. 造園技能士と造園施工管理技士の違い【あなたはどっちに向いてるか診断】

    造園技能士と造園施工管理技士の違い【あなたはどっちに向いてるか…

    2022.04.08

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト