施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】
考える男性
考える男性
施工管理でも楽なのはあるのかな?

 

ネットを見ると施工管理はきつい仕事みたいだけど、できるだけ楽な施工管理をやりたいな。

という疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 施工管理を楽な順に並べてみた
  • 【結論】施工管理は楽じゃない

 

施工管理は未経験から始められるし、スキルが身につけば給料も高くなるので、興味がある人も増えています。

いわゆる「手に職がつく仕事」なので、将来を考えて施工管理にチャレンジするのは良いことです。

 

ただし、ネットで調べてわかったと思うのですが、施工管理は大変な仕事です。

決して、楽な仕事ではありません。

 

楽な仕事じゃないなら、できるだけ楽な施工管理を選びたいですよね。

できるだけ楽な施工管理に転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです(^^)

施工管理を楽な順に並べてみた

施工管理を楽な順に並べてみた

施工管理を楽な順に並べてみました。

もちろん、楽さは相対的なものなので人によって違いますが、一般的にこの順かなと。

  1. 造園
  2. 土木
  3. 電気
  4. 建築

 

詳細を説明しましょう。

造園が土木より楽な理由

造園が土木より楽な理由は、造園の方が工事する部分が小規模だからです。

例えばマンションを建てる場合、

  • 造園:マンションの植栽の部分のみ工事
  • 土木:マンションの敷地すべての工事

 

となるので、土木の方が大変です。

土木が電気・建築より楽な理由

土木が電気・建築より楽な理由は、土木の工事が先なのでスケジュールに余裕があるからです。

例えばマンションを建てる場合、

  • 地面を整える工事(土木工事)
  • 建物を建てる工事(電気・建築の工事)

 

の順番になります。

 

天候が悪くて土木工事が遅れれば、スケジュールのしわ寄せは電気と建築にいきます。

だから、土木の方が電気・建築より楽と判断しました。

電気が建築より楽な理由

電気が建築より楽な理由は、工事範囲が建築より小規模だからです。

 

電気はあくまで電気だけを工事すればいいですが、建築は電気を含めたすべての工事が必要です。

業務範囲も覚えなければいけない知識も、建築の方が多いです。

 

なので、電気の方が建築より楽と判断しました。

また、建築の施工管理も高所に行くことがあるので、危険度が高いです。

【番外編】公務員も楽じゃない

施工管理には土木・建築の公務員もあります。

「公務員=楽」というイメージがあるかもしれませんが、公務員の施工管理も楽ではありません。

 

長時間労働になることが多いからです。

楽さを求めて民間の建設会社から公務員の施工管理に転職した人でも、「前より忙しい…」と悩んでいる人もいます。

 

また、公務員になるには公務員試験に合格する必要があります。

1日8時間の勉強を1年は続けないと、公務員試験には合格できません。

 

「今からそんなに勉強するか?」となると、ちょっとしり込みしますよね(^^;

公務員はやるのもなるのも大変です。

【結論】施工管理は楽じゃない

【結論】施工管理は楽じゃない

施工管理を楽な順に並べましたが、「じゃあ造園の施工管理は楽なんだ」と思わないでください。

そもそも、施工管理は楽な仕事ではありません。

※上記の楽な順ランキングは、「しいて言うなら」という観点で並べています。

 

実際、施工管理が大変で辞める人もいます。

  • ブラック企業もある
  • 長時間労働
  • 休みが少ない
  • 休日出勤が多い
  • 激務
  • 転勤が多い
  • 業務範囲が広い
  • 出入り業者や職人に怒られる
  • 責任が重い仕事
  • 理不尽なことが多い

 

など大変なことがあります。

あくまでも「施工管理は楽じゃない」という前提で転職してください。

 

ちなみに、施工管理のきつい部分は、

施工管理(現場監督)のきついところ15選【きつくない働き方も解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

施工管理(現場監督)のきついところ15選【きつくない働き方も解説】

 

「そんなに大変な仕事なら、やっぱりやめようかな…」と思うかもしれませんね(^^;

そういう場合は、あなたが施工管理に向いてるか調べてみましょう。

 

大変な仕事でも、あなたに向いてる仕事ならやっていけますよ(^^)

 

あなたが施工管理に向いてるか知りたい場合は、

施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】を読んでみてください。

 

30個のチェックリストがあるので、あなたがいくつ当てはまるか数えてみましょう。

10個以上当てはまるものがあれば、あなたは施工管理に向いています。

 

ぜひやってみてください(^^)

施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】

まとめ【楽な順に並べたけど、施工管理は大変】

まとめ【楽な順に並べたけど、施工管理は大変】

この記事をまとめます。

  • 施工管理を楽な順に並べると、造園→土木→電気→建築
  • でも、施工管理の仕事は楽じゃない

 

まずは、あなたが施工管理に向いてるかチェックしてみましょう(^^)

 

ちなみに、未経験から施工管理に転職を考えてる人は、

施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】を読んでみてください。

  • 未経験者向けの研修がしっかりしている会社の選び方
  • ブラック企業を避ける方法

 

などを解説しています。

 

うっかりブラック企業に転職しないよう、事前に読んでおきましょう。

施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

あなたの仕事選びの参考になればうれしいです(^^)

関連記事

  1. 施工管理(現場監督)を辞めたい場合の退職方法【辞めた後の転職先】

    施工管理(現場監督)を辞めたい場合の退職方法【辞めた後の転職先】

  2. 施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

    施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

  3. 在宅CADオペレーターの実態【3種類の在宅ワークスタイルも紹介】

    在宅CADオペレーターの実態【3種類の在宅ワークスタイルも紹介】

  4. 時間

    施工管理は残業がつきもの【でも今後は働き方改革で減る予定】

  5. 女性現場監督

    現場監督(施工管理)の女性のメリットとデメリット【やりがいも紹介】

  6. 大手の建設会社の一覧をまとめてみた【業界のきついところや将来性】

    大手の建設会社の一覧をまとめてみた【業界のきついところや将来性】

  1. 家族で出かけられて職業体験もできる、東京都下水道局の広報施設

    リアルな職業体験が無料できる!「東京都虹の下水道館」は、大人に…

    2020.06.21

  2. 建築確認申請が不要な工作物【地域や面積によって改築や増築で不要】

    建築確認申請が不要な工作物【地域や面積によって改築や増築で不要】

    2020.06.21

  3. 建築基準法42条の道路種別を解説【幅員4m未満はセットバックが必要】

    建築基準法42条の道路種別を解説【幅員4m未満はセットバックが必要】

    2020.06.20

  4. 建築面積の計算方法を解説【建ぺい率・延べ面積・容積率の計算式】

    建築面積の計算方法を解説【建ぺい率・延べ面積・容積率の計算式】

    2020.06.18

  5. ゴシック建築の特徴や有名な代表作を紹介【日本でも見れますよ】

    ゴシック建築の特徴や有名な代表作を紹介【日本でも見れますよ】

    2020.06.18

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

建築設備のおすすめサイト