建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】

建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】
考える男性
考える男性
建築設計の手順を知りたいな。

将来、建築士になりたいんだけど、そもそもどんな仕事してるの?

 

仕事の手順を知ってイメージしたい。

あと、建築士になるにはどうすればいいの?

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 建築設計の手順がわかる
  • 建築士になる方法がわかる

 

私たち「ワット・コンサルティング」は、建築設計の技術者派遣などを行う会社です。

この記事では、建築設計の手順を解説します。

また、記事の後半で「建築士になる方法」も解説しますね。

将来、建築士になりたい人は、将来の仕事のイメージになると思うので、最後まで読んでみてください。

建築設計の手順12ステップ【仕事内容がわかる】

建築設計の手順12ステップ【仕事内容がわかる】

結論、建築設計の手順は下記の12ステップです。

  1. 施主のヒアリング
  2. 建築予定地の調査
  3. 企画設計
  4. 設計の契約
  5. 基本設計
  6. 実施設計
  7. 工事業者の選定
  8. 地鎮祭
  9. 工事監理
  10. 上棟式や竣工式
  11. 施主に引き渡し
  12. アフターフォロー

 

1ステップずつ解説します。

 

①施主のヒアリング

まずは施主(依頼主)のヒアリングです。

施主の要望を聞かないと、どんな設計をすればいいかわからないので。

ただし、施主が建築設計に詳しいとは限りません。

例えば、注文住宅を建てたい人だと、漠然としたイメージしかないでしょう。

まずは「漠然とでも、どんな家にしたいですか?」と聞いたのちに、下記などを聞いてみるイメージです。

  • お子さんは何人か
  • 何か趣味はあるか
  • どんなキッチンにしたいか
  • どんなバスルームにしたいか
  • 車庫は必要か、何台分が必要か
  • リビングの広さはどれくらいがいいか
  • お子さんが独立した後もこの家に住む予定か・・・

 

ヒアリングしながら、おおまかなイメージを膨らませていきます。

 

②建築予定地の調査

次に、建築予定地を調査しましょう。

具体的には、下記などを見ます。

  • 敷地の広さ
  • 道路の広さ
  • 地盤調査
  • 日当たり
  • 電柱の位置
  • ガス管の位置
  • 上下水道管の位置
  • 周辺の建物・環境など

 

また、建築予定地をみることで、建築面積や床面積もある程度わかります。

建築面積の計算方法は、建築面積の計算方法を解説【建ぺい率・延べ面積・容積率の計算式】も参考にどうぞ。

不明点があれば、役所にいって必要なデータを調べましょう。

 

③企画設計【おおまかなプランを作る】

次に「企画設計」といって、おおまかな設計プランを作っていきましょう。

模型なども使って、完成図のイメージをまとめます。

また、この企画設計で、おおよその予算も計算しておく感じです。

施主と打ち合わせをしながら、完成形を決めていきましょう。

企画設計の期間は3ヶ月くらいです。

 

④設計の契約

企画設計がまとまったら、施主と契約します。

これ以降は細かい設計が必要になり、多くの労力がかかるから。

もちろん、今後の段階で設計の修正を行うこともありますが、「あなたに設計をお願いします」という契約をもらうイメージです。

 

⑤基本設計【数字に落とし込んでいく】

次に「基本設計」といって、完成形のイメージを数字に落とし込んでいく作業に入ります。

先ほどの企画設計が「簡単な設計」なら、基本設計は「詳細な設計」というイメージ。

具体的には、下記なども決めていきます。

  • 建物の広さ・高さ
  • 建築物に使う素材
  • 電気・ガス・水道・空調・建具などの設備

 

基本設計も、施主と打ち合わせながら進めていきます。

基本設計の期間は3ヶ月くらいです。

 

⑥実施設計【さらに詳細な図面を作成する】

基本設計が終わったら、さらに詳細な図面を作るために「実施設計」を行います。

実施設計の目的は、主に下記の2つ。

  1. 建築確認申請を通すため
  2. 工事業者に見積もりを作ってもらうため

 

具体的には、下記のような資料を作っていきます。

  • 平面図
  • 立面図
  • 配置図
  • 断面図
  • 展開図
  • 構造図
  • 外構図
  • 天井伏図
  • 設備設計図
  • 仕上げ表
  • 建具リスト
  • キープラン
  • かなばかり図
  • 各種詳細図

 

実施設計が終わったら、図面を複数の工事業者に見てもらいましょう。

 

⑦工事業者の選定

工事業者に見積もりを出してもらって、どこに工事をお願いするか絞っていきます。

予算内で納まっていることはもちろん、適正な工事金額かもチェックしましょう。

※工事金額が安すぎると、手抜き工事されるリスクがあるため。

また、どうしても予算内に納まらなければ、設計内容を修正します。

工事業者の選定や見積もりも、施主と話し合いながら進めていきます。

 

⑧地鎮祭【工事を始める前に実施】

工事が決まったら、施主と工事関係者が集まって、建築地で地鎮祭を行います。

「地鎮祭」とは、土地の神様に工事の安全を祈願する儀式です。

ただし、地鎮祭を実施するかは施主に判断によります。

※近年は地鎮祭をやらない施主もいます。

 

⑨工事監理【図面どおりに工事が進んでいるかチェック】

いよいよ工事がスタートです。

建築士は工事現場に出向き、図面どおりに工事が進んでいるかチェックします。

これを「工事監理」といいます。

現場監督や職人さんと話しながら、ミスがないように工事を管理するイメージ。

建築工事は後戻りが難しいため、途中の工程もしっかりチェックしておきましょう。

また、工事の状況を施主に報告するのも建築士の仕事です。

 

⑩上棟式や竣工式

施主によっては「上棟式」を行うことがあります。

上棟式とは、建物の骨組みが完成した時点で、無事に工事が進んだ感謝と、今後の工事の安全を祈願する儀式です。

また、「竣工式」は、建物が完成したときに行います。

無事に工事が終わったことを神様に感謝する儀式ですね。

上棟式・竣工式には、建築士も出席します。

 

⑪施主に引き渡し

建築物が完成したら、いよいよ施主に引き渡しです。

場合によっては、建築物の使い方や、建物を長持ちさせるコツなどもアドバイスしましょう。

 

⑫アフターフォロー

建築物を引き渡した後は、アフターフォローを行います。

いざ建物を使ってみると、思わぬトラブルが起きることもあるから。

例えば、下記のようなトラブルが起きたときは、ただちに対応が必要です。

  • ドアが閉まらない
  • 水漏れしてしまう
  • 雨漏りしてしまう

 

おおよそ1年くらいのアフターフォロー期間を設けている会社が多いです。

 

建築設計の仕事をするなら建築士資格を取得しよう

建築設計の仕事をするなら建築士資格を取得しよう

考える男性
考える男性
建築設計の手順はなんとなくわかった。

実際に建築設計の仕事をするには、どうすればいいの?

建築設計の仕事をするなら、建築士の資格を取得しましょう。

建築士の資格は下記があります。

  • 木造建築士
  • 二級建築士
  • 一級建築士
  • 構造設計一級建築士
  • 設備設計一級建築士

 

結論、二級建築士から取得していけばOK。

木造建築士だと木造建築設計しかできないので、二級建築士の方がおすすめです。

 

二級建築士を取得する方法

二級建築士を受験するには、大学・短大・高専・専門学校・高校などで建築系の学科を卒業する必要があります。

そして、試験に合格後、2~4年の実務経験を積むと二級建築士になれます。

実務経験の年数は、卒業した学校の種類によって変わります。

建築学科が強い大学は、建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】にまとめたので参考にしてみてください。

また、建築系の学科を出ていない人は、7年以上の実務経験を積むと二級建築士を受験できます。

詳しい受験資格や、試験の難易度については、二級建築士の難易度!合格率や受験資格から分析してみたを参考にどうぞ。

 

まとめ【建築設計の手順は12ステップ。二級建築士を目指してみよう】

まとめ【建築設計の手順は12ステップ。二級建築士を目指してみよう】

最後にもう一度、建築設計の手順をまとめておきます。

  1. 施主のヒアリング
  2. 建築予定地の調査
  3. 企画設計
  4. 設計の契約
  5. 基本設計
  6. 実施設計
  7. 工事業者の選定
  8. 地鎮祭
  9. 工事監理
  10. 上棟式や竣工式
  11. 施主に引き渡し
  12. アフターフォロー

 

建築設計の仕事のイメージになればうれしいです。

実際に建築設計の仕事に就くなら、二級建築士から目指してみましょう。

二級建築士を取得するコツは、二級建築士の難易度!合格率や受験資格から分析してみたにまとめています。

あなたの仕事選びの参考になればうれしいです!

SAN-SUKE

関連記事

  1. 建築士の独立で失敗しにくい8つのコツ【あなたが独立していいか診断】

    建築士の独立で失敗しにくい8つのコツ【あなたが独立していいか診断】

  2. 土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も解説】

    土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も解説】

  3. 建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

    建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

  4. AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

    AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

施工管理の優良求人を見る

未経験者向けの施工管理の求人を見る

  1. 土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も解説】

    土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も…

    2022.07.14

  2. 建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】

    建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】

    2022.07.14

  3. 建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

    建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

    2022.07.14

  4. ノートとヘルメット

    未経験から現場監督になるには?【具体的な転職活動のコツを解説】

    2022.06.16

  5. 事務職

    建設業の事務職のきついところ8選【手に職がつくデスクワークも紹介…

    2022.06.16

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト