土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も解説】

土木設計の仕事内容と業務の流れ【年収や未経験者が就職する方法も解説】
考える男性
考える男性
土木設計ってどんな仕事するの?

業務の流れとか知りたいな。

あと、どれくらい稼げる仕事なの?

 

何か資格は必要なの?

就職するには、どうすればいいのかなぁ?

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 土木設計の仕事内容や業務の流れがわかる
  • 土木設計の年収、年収アップする方法がわかる
  • 土木設計のメリットとデメリットがわかる
  • 土木設計に向いている人の特徴がわかる
  • 土木設計の資格がわかる
  • 土木設計に就職する方法がわかる

 

私たち「ワット・コンサルティング」は、土木設計の技術者派遣などを行う会社です。

この記事では、土木設計の仕事内容を解説します。

どんな仕事なのかイメージになると思うので、就職したい人は参考にしてみてください。

土木設計に就職する方法も解説するので、興味がある人は行動していきましょう!

そもそも「土木設計」とは【地面の工事の図面を書く仕事】

そもそも「土木設計」とは【地面の工事の図面を書く仕事】

まず「土木」とは、地面を工事することです。

具体的には、下記などを造ります。

  • 道路
  • ダム
  • 河川
  • 湾岸
  • 空港
  • 鉄道
  • トンネルなど

 

土木は、国家プロジェクトなど大規模工事もあります。

下記は日本を代表する土木工事の記事なので、参考にどうぞ。

 

そして「土木設計」とは、上記のような構造物の図面を書く仕事です。

 

土木設計と建築設計の違い

考える男性
考える男性
土木と建築って何が違うの?

カンタンにいうと下記のとおりです。

  • 土木:地面の工事
  • 建築:建物の工事

 

土木と建築の違い

なので、土木設計と建築設計の違いはこんな感じです。

  • 土木設計:地面の工事の図面を書く
  • 建築設計:建物の工事の図面を書く

 

この辺は、建設と建築の違いを超わかりやすく解説【簡単な覚え方も紹介します】も参考にどうぞ。

また、建築設計の仕事内容は、建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】にまとめてます。

 

土木設計の仕事内容【業務の流れも解説】

土木設計の仕事内容【業務の流れも解説】

考える男性
考える男性
土木設計ってどんな仕事なの?

業務の流れも知りたい。

結論、仕事内容と業務の流れは下記のとおりです。

  1. 施主のヒアリング:どんなものを造りたいか聞く
  2. 測量、地質や地盤の調査:地面が問題なく工事できるかチェック
  3. 概略設計:調査結果をもとにおおまかな設計を行う
  4. 詳細設計:工事を進められるように細かい部分を設計する
  5. 積算:工事にかかる費用を計算する
  6. 工事業者の選定:工事業者に見積もりを出してもらう
  7. 工事監理:図面どおりに工事が進んでいるか現場をチェック
  8. 完成後の検査:問題なく完成物を使えるか確認
  9. アフターフォロー:引き渡し後のトラブルに対応する、維持管理など

 

一般社団法人建設コンサルタンツ協会

出典:一般社団法人建設コンサルタンツ協会

土木設計は公共工事も多いため、施主が自治体や国になることもあります。

また、土木設計は別名「建設コンサルタント」ともいいます。

建設コンサルタントについては、建設コンサルタントをわかりやすく解説【大手ランキングや年収】に詳しくまとめています。

 

土木設計の年収は500万円くらい

土木設計の年収は500万円くらい

考える男性
考える男性
土木設計って、どれくらい稼げるの?

平均年収は500万円くらいです。

ただし、人によって年収は違います。

  • 経験が浅い人:年収400万円台
  • ベテラン:年収1000万円以上の人もいる

 

土木設計で年収アップする4つの方法

一般的には、下記の4つの方法で年収アップしていきます。

  1. 長く勤める:年功序列の会社もあるので
  2. 資格を取得する:技術士など(後述します)
  3. 経験値を上げる:ベテランほど稼げる
  4. 大手に転職する:技術士などを取得すると大手に転職しやすい

 

大手は年収が高いため、年収1000万円を超える人もいます。

土木設計はたくさん稼げる可能性がある仕事です。

 

土木設計のメリット5選

土木設計のメリット5選

考える男性
考える男性
土木設計に就職するメリットも知りたいな。

主なメリットは下記の5つです。

  1. ダイナミックな仕事ができる
  2. 災害を防いで社会に貢献できる
  3. 自然と共存する仕事ができる
  4. 経験を積むとけっこう稼げる
  5. スキルが身につけば将来も安心

 

この辺は、建設コンサルタントの魅力5選【辛いところや将来性も解説します】に詳しくまとめたので参考にどうぞ。

 

土木設計のデメリット3選

考える男性
考える男性
反対に、土木設計のデメリットは何?

しいていえば、下記の3つです。

  1. 勉強しながら業務を進めるのが大変
  2. 複数の案件を同時進行するので忙しい
  3. 必要なスキルが多い

 

1人で複数の案件をかかえることも多く、その中で業務に必要な勉強をしていくイメージです。

会社によっては、けっこう忙しくなることもあります。

また、前述のとおり、図面どおりに工事が進んでいるかチェックする業務もあるので、現場監督や職人さんとコミュニケーションをとるスキルも必要です。

「図面を書くだけ」という仕事ではなく、必要なスキルが多いのも大変なところでしょう。

 

土木設計の将来性【おそらく問題ないかと】

考える男性
考える男性
土木設計の将来性は大丈夫なの?

結論、将来性は特に問題ないと思われます。

なぜなら、土木工事がなくなることは考えにくいから。

冒頭でもお伝えしたとおり、土木設計は下記のような構造物を設計します。

  • 道路
  • ダム
  • 河川
  • 湾岸
  • 空港
  • 鉄道
  • トンネルなど

 

こうした構造物がなくなることは、考えにくいですよね。

構造物は一度造って終わりではなく、補修工事も必要です。

補修工事も設計が必要なので、土木設計は長期的に需要があります。

また、土木は公共工事も多いため、景気に左右されにくいです。

なので、土木設計の将来性は特に問題ないと思われます。

※もちろん未来のことは誰にもわかりませんが。

 

土木設計に向いている人の特徴15選

土木設計のメリット5選

考える男性
考える男性
僕は土木設計に向いてるのかな…?

結論、向いている人の特徴は下記の15個です。

当てはまるものが多いほど、あなたは土木設計に向いています。

向いてる人の特徴 理由
①注意深い人 ミスは少ない方がいいから
②体力のある人 忙しいときもあるから
③想像力がある人 設計は想像する仕事だから
④集中力がある人 設計業務は集中力が必要だから
⑤責任感がある人 社会インフラを造る仕事だから
⑥ルールを守れる人 法律を守る仕事だから
⑦常に学び続ける人 土木設計は学ぶことが多いから
⑧将来、独立したい人 技術士を取得すると独立しやすいから
⑨論理的思考ができる人 設計は論理的に業務を進めていくから
⑩プレッシャーに強い人 設計には納期があるから
⑪逆算して行動できる人 納期に間に合うように仕事を進める必要があるから
⑫将来、海外で働きたい人 日本の土木設計は海外でも需要があるから
⑬英語を勉強する気がある人 海外で働くなら英語は必須だから
⑭大規模工事に魅力を感じる人 公共工事は大規模プロジェクトもあるから
⑮コミュニケーションスキルがある人 現場監督や職人さんと話す必要もあるから

いくつ当てはまりましたか?

もし土木設計に向いてるようなら、就職を考えてみましょう。

 

土木設計に有益な8つの資格一覧

土木設計に有益な8つの資格一覧

考える男性
考える男性
でも、土木設計って資格がいるんでしょ?

結論、資格がなくても土木設計の仕事はできます。

ただ、いずれ資格を取得していった方がいいでしょう。

年収アップしたり、転職が有利になっていきます。

土木設計に有益な資格は、下記の8つです。

資格名 どんな資格? 取得するメリット
技術士 科学技術の高度な知識と応用能力を証明できる国家資格
  • 公共工事を請けやすくなる
  • 年収アップしやすい
  • 転職が有利になる
  • 独立しやすい
RCCM 土木の専門知識を証明できる認定資格
  • 技術士のもとで働ける
  • 転職が有利になる
  • 年収アップしやすい
測量士 地面の測量を行う国家資格
  • 独占業務資格なので収入アップしやすい
  • 転職が有利になる
土木施工管理技士 土木工事を監督する国家資格
  • 工事監理に必要な知識がわかる
  • 公共工事を請けやすくなる
  • 年収アップしやすい
  • 転職が有利になる
土木設計技士 土木設計のスキルを証明できる民間資格 土木設計の実務に必要な知識がわかる
コンクリート診断士 コンクリートの知識を証明できる民間資格 転職が有利になる
コンクリート技士

コンクリート主任技士

コンクリートの製造・施工・検査・管理などのスキルを証明できる民間資格 転職が有利になる
建築積算士 工事の費用計算のスキルを証明できる民間資格 積算の仕事に転職しやすくなる

この辺は、土木におすすめの資格15選【働きながら勉強する5つのコツも紹介】に詳しくまとめたので、参考にしてみてください。

 

土木設計に使うCADソフト

ちなみに、土木設計には「CAD」というソフトを使います。

土木設計の勉強を始めてから触れていけばOKですが、今後のために主要なCADソフトを紹介しておきますね。

  • AutoCAD
  • AutoCAD plus
  • AutoCAD CiVil 3D
  • AutoCAD Map 3D
  • Vectorworks Landmark
  • DynaCAD土木Plus
  • IJCAD

 

【未経験者向け】土木設計に就職する方法

【未経験者向け】土木設計に就職する方法

考える男性
考える男性
で、土木設計に就職するにはどうすればいいの?

結論、土木工学系の学校で勉強しましょう。

具体的には、下記などを学べる学校です。

  • 構造力学
  • 土質力学
  • 水理学
  • コンクリート工学など

 

大学だけでなく、高専・専門学校・高校でも学べることがあります。

※現実的には、土木工学を勉強していないと就職が難しいです。

 

土木設計の主な就職先

考える男性
考える男性
土木設計って、どんな会社に就職できるの?

代表的な就職先は下記です。

  • 建設会社
  • 建設コンサルタント
  • 官公庁
  • 各種研究機関など

 

代表的な土木設計の会社一覧

有名な土木設計の会社は下記などがあります。

  • 日本工営
  • パシフィックコンサルタンツ
  • 建設技術研究所
  • JR東日本コンサルタンツ
  • オリエンタルコンサルタンツ
  • 八千代エンジニヤリング
  • オリエンタルコンサルタンツグローバル
  • 日水コン
  • エイト日本技術開発
  • いであ

 

この辺の詳細は、建設コンサルタントをわかりやすく解説【大手ランキングや年収】にまとめてます。

 

土木設計の勉強になる本

考える男性
考える男性
今のうちに、本とかで勉強できないかな?

何かおすすめの本とかある?

予習するなら、下記のような本を買ってみましょう。

 

Amazonでも買えるので、勉強の参考にどうぞ。

 

まとめ【土木設計の仕事内容を理解して就職に向けて動き出そう】

まとめ【土木設計の仕事内容を理解して就職に向けて動き出そう】

最後にもう一度、土木設計の仕事内容と業務の流れをまとめておきます。

  1. 施主のヒアリング
  2. 測量、地質や地盤の調査
  3. 概略設計
  4. 詳細設計
  5. 積算
  6. 工事業者の選定
  7. 工事監理
  8. 完成後の検査
  9. アフターフォロー

 

土木設計に就職するなら、土木工学系の学校で勉強しましょう。

あなたの人生設計の参考になればうれしいです!

SAN-SUKE

関連記事

  1. 建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】

    建築設計の手順12ステップを解説【仕事内容のイメージにどうぞ】

  2. AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

    AutoCAD LTがなくなり、安価でAutoCADを使えるようになりました

  3. 建築士の独立で失敗しにくい8つのコツ【あなたが独立していいか診断】

    建築士の独立で失敗しにくい8つのコツ【あなたが独立していいか診断】

  4. 建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

    建築士に向いてる人の特徴12選【向いてない人の特徴5選も紹介する】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. タイル

    建築仕上げ改修施工管理技術者について解説【他にもおすすめの資格5…

    2022.11.13

  2. 青い塗装

    塗装施工管理の仕事内容【工事の方法や手順、有益な資格もわかる】

    2022.11.13

  3. リビング

    内装施工管理の仕事内容や年収相場【激務できついのかわかります】

    2022.11.13

  4. 工事現場

    一級建築施工管理技士のすごいところ4選【メリットや価値が大きい】

    2022.10.13

  5. 工事現場

    現場監督は誰でもなれるわけじゃない【誰でもできる仕事でもありま…

    2022.10.13

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法17選

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト