施工管理の転職におすすめの時期【結論:いつでもいい。今の現場次第】

施工管理の転職におすすめの時期【結論:いつでもいい。今の現場次第】

施工管理の男性
施工管理の男性
施工管理の転職におすすめの時期ってあるの?

転職を考えてるけど、できればベストタイミングで最高の会社に転職したい。

求人が増える時期とかあれば知りたいな。

あと、転職に失敗しないコツも知りたい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理の転職でおすすめの時期がわかる
  • 施工管理の転職に失敗しないコツがわかる
  • 転職に100%を求めないこと

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートを行う会社です。

施工管理の転職の時期ですが、結論、いつでもOKです。

なぜなら、施工管理はいつでも不足してるから。

経験値や施工管理技士の資格があれば、転職は割とすぐ決まります。

むしろ、重要なのは辞める時期ですね。

今の会社を辞める時期を逃すと、しばらく辞められなくなってしまうから。

この記事では、スムーズに転職するための時期やタイミングの取り方を解説します。

また、転職に失敗しないコツも解説するので、今回の転職に失敗したくない人は最後まで読んでみてください!

この記事の監修者

株式会社ワット・コンサルティング

施工管理の技術者派遣を行う会社。これまで1500名以上の未経験者を施工管理として育成した実績あり。

  • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
  • 有料職業紹介事業許可番号 13- ユ-304267
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-1) 第150734号

施工管理の転職におすすめの時期【いつでもいい】

施工管理の転職におすすめの時期【いつでもいい】

くりかえしですが、施工管理の転職時期はいつでもOKです。

なぜなら、施工管理が不足してるから。

どこの会社でも年中募集してるので、いつでも転職できますよ。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

【しいて言えば】3月と9月の転職がおすすめ

考える男性
考える男性
いつでもいいのはわかるけど、求人が増える時期とかってないの?

しいて言えば3月と9月がおすすめです。

下記の理由で募集が増えるから。

  • 3月:翌年度の採用計画ができて中途採用を募集するから
  • 9月:新卒の教育が落ち着くので、中途採用の募集を始めるから

転職活動期間は3ヶ月くらいかかるので、下記の時期に転職活動を始めればOKです。

  • 3月転職→12月から転職活動開始
  • 9月転職→6月から転職活動開始

経験値や施工管理技士の資格があれば、もっと早く転職が決まりやすいです。

どちらかというと、内定が出てから今の会社を退職するまでの方が長いですね。

※代わりの人材の配置、引き継ぎ業務など。

【むしろ】今の会社を辞める時期の方が問題

むしろ、今の会社を辞める時期の方が難しいですよ。

なぜなら、現場が終わるタイミングでしか退職できないから。

施工管理は仕事の特性上、現場の途中で引き継ぎするのは困難ですよね。

現場の細部まで知ってないと務まらないので、引き継ぎは現実的ではありません。

多くの会社では「現場が終わるタイミング」でしか退職できないので、そのタイミングを逃さないのが最大のコツです。

会社に退職を伝える時期【早ければ早い方がいい】

今の会社に退職を伝えるなら、早い方がいいですよ。

前もって退職を伝えておかないと、次の現場に配置されてしまうから。

次の転職先が決まってなくても、退職だけ先に伝えるのが無難です。

前述のとおり施工管理が不足してるので、転職先はすごく決まりやすいです。

「今の現場が終わったら、辞めさせていただきます」と伝えてから、転職活動を始めていいくらいですよ。

【お金のコツ】ボーナスをもらってから辞められれば最高

うまくタイミングが合えば、ボーナスをもらってから辞めましょう。

ボーナス=転職活動期間中の生活費です。

施工管理は忙しいので退職してからじゃないと転職活動しにくいので、ボーナスは転職活動資金に有益。

自己都合退職の失業保険給付は退職から3ヶ月目からなので、もらえないと思った方がいいでしょう。

この辺は運もありますが、もし可能ならボーナスをもらってから辞めるのがおすすめ。

ボーナスとタイミングが合わない場合は、3ヶ月分の生活費を貯金しておくのが無難です。

貯金がないなら、実家に帰ることも検討しましょう。

働きながら転職活動するなら転職エージェントを利用する

考える男性
考える男性
辞めてから転職活動するのって怖くない?

もし転職できなかったら、無職になっちゃうよ…

辞めてから転職活動するのが不安なら、働きながら水面下で転職活動をしましょう。

無職期間ができにくいので。

施工管理の男性
施工管理の男性
でも、現場が忙しすぎて転職活動してるヒマがない…

という人は、転職エージェントを利用しましょう。

下記のメリットがあるから。

  • あなたが働いてる間も転職先の候補をピックアップしてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方を管がてくれる
  • 志望動機や自己PRの内容を考えてくれる
  • 応募企業に合わせた面接対策を考えてくれる
  • 面接の日程調整をしてくれる

転職活動の手間をかなり軽減できるので、忙しい人には有益です。

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングも施工管理の転職エージェントです。

無料で利用できるので、忙しい人はサイトや求人を見ながら検討してみてください。

施工管理の転職に失敗しない3つのコツ

施工管理の転職に失敗しない3つのコツ

考える男性
考える男性
転職の時期はなんとなくわかった。

あと、転職に失敗しないコツも知りたいな。

結論、転職に失敗しないコツは下記の3つです。

  1. 必ず複数の会社を比較する
  2. 条件だけで転職先を決めない
  3. 自己PR・志望動機・面接の対策はしっかりと

1つずつ解説しますね。

①必ず複数の会社を比較する

転職先候補は、必ず複数の会社を比較してください。

比較対象があると失敗しにくいから。

くれぐれも「1社しか応募しない」とかはおすすめしません。

求人情報の集め方は下記のとおり。

  1. 転職サイト
  2. ハローワーク
  3. 転職エージェント
  4. 技術者派遣で聞く

また、転職先の業態も下記などがあります。

  • ゼネコン
  • プラント
  • ハウスメーカー
  • リフォーム会社
  • ディベロッパー
  • 技術系の公務員

必ず比較して、あなたの希望に合いそうな会社を探しましょう。

施工管理の男性
施工管理の男性
求人情報を集めて比較する時間がない…

という人は、前述のとおり転職エージェントに求人をピックアップしてもらえばOK。

まずはヒアリングしてくれて、あなたに合いそうな求人を絞って紹介してくれます。

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングでもあなたに合いそうな求人を紹介できるかもしれません。

②条件だけで転職先を決めない

給料や休日など、条件だけで転職先を決めてはいけません。

どんなに条件が良くても、やりがいがないと地獄だから。

良い機会なので、あなたはどんな現場だとやりがいを感じるのか思い出してみましょう。

やりがいをもって働ける会社なら、成果も出やすく、結果的に働く条件がよくなることもあります。

施工管理は仕事をしてる時間がほとんどなので、やりがいある仕事ができる会社を選びましょう。

③自己PR・志望動機・面接の対策はしっかりと

自己PR、志望動機、面接の対策はしっかりやっておきましょう。

いくら施工管理が転職に有利といっても、きちんと対策しないと落ちるから。

自己PR・志望動機・面接のコツは、施工管理が転職で失敗しない3つのコツ【進め方5ステップも解説】にまとめたので参考にどうぞ。

転職に100%を求めないこと【完璧な転職はありえない】

転職に100%を求めないこと【完璧な転職はありえない】
考える男性
考える男性
求人の多い時期にたくさん求人をみて、100%自分に合う会社に転職したい。

ちょっと注意点ですが、転職に100%を求めない方がいいですよ。

あなたに100%合う会社は、世の中に存在しないから。

会社=人が作ったものなので、さすがに「完璧に合う」のは難しいです。

ましてや、施工管理は職人さんや業者など多くの人と関わる仕事。

多くの人の思惑が混ざり合うので、あなたに合う会社は存在しないと思った方が無難です。

結論、100%を目指すのではなく「できるだけ100%に近い会社」を探すくらいがちょうど良いですよ。

理想の未来を考えておく

考える男性
考える男性
そうはいっても「できるだけ100%に近い会社」って、どうやって探すの?

結論、あなたの理想の未来を考えておくことが重要です。

理想の未来に近づけそうな会社を選べば、困難があってもやりがいをもって働けるから。

具体的には下記のようなイメージ。

理想の未来転職する会社
とにかく稼ぎたいできるだけ大手
家族の時間も大切にしていきたい中小規模で地方の会社
多くの現場で経験を積みたい技術者派遣

このように、理想の未来から逆算して会社を選ぶと良いでしょう。

会社は「あなたの人生を良くするための道具」と考えて、あなたの理想の未来に近づけてくれそうな会社を選べばOKです。

良い機会なので、あなたの理想の未来を考えてみてください。

転職先を選びやすくなるはずです。

まとめ|施工管理の転職時期はいつでもいい

まとめ【施工管理の転職時期はいつでもいい。現実は現場が終わるタイミング】

この記事をまとめます。

  • 施工管理の転職時期はいつでもOK
  • 転職時期より退職するタイミングの方が大事
  • 退職の意思は早めに上司に伝える
  • できればボーナスをもらってから退職する
  • 忙しくて転職活動しにくい場合は転職エージェントを利用する

また、転職に失敗しないコツは下記の3つです。

  1. 必ず複数の会社を比較する
  2. 条件だけで転職先を決めない
  3. 自己PR・志望動機・面接の対策はしっかりと

あとは行動あるのみ。

まずは求人情報を見てみましょう。求人は下記で探せます。

  1. 転職サイト
  2. ハローワーク
  3. 転職エージェント
  4. 技術者派遣で聞く

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングも施工管理の転職エージェントです。

無料で求人だけ見ることもできるので、情報収集に活用してみてください。

また、忙しくて転職活動しにくいあなたに代わって、転職活動をサポートすることも可能です。

上司に退職の意思を伝えるのもお忘れなく。

早く行動しないと次の現場に配置されてしまって、転職できなくなってしまいますよ。

あとは行動あるのみ。

求人情報を見るなら、今できることから始めていきましょう。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

    夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

  2. 工事現場

    施工管理や建設業の離職率は?ブラックな職場を回避する方法

  3. 施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

    施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事ではない】

  4. 施工管理(現場監督)の雨の日の仕事内容【あなたはやっていけるのか】

    施工管理(現場監督)の雨の日の業務内容|あなたはやっていけるのか

  5. 施工管理は文系でも転職可能な理由【働きやすい会社の選び方】

    文系でも施工管理に転職できる6つの理由|ゼネコンに転職できる?

  6. 施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

    施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 施工管理において理系が有利な5つの理由!転職に失敗しない4つのコツも紹介

    施工管理において理系が有利な5つの理由!転職に失敗…

  2. 施工管理の求人数が多い4つの理由!優良な企業を見極めるポイントも解説

    施工管理の求人数が多い4つの理由!優良な企業を見極…

  3. 建設業界の50代の業種別の平均年収|年収を上げる方法も解説

    建設業界の50代の業種別の平均年収|年収を上げる方…

  4. 工務店の施工管理とは|仕事内容やおすすめの資格も解説

    工務店の施工管理とは|仕事内容やおすすめの資格も…

  5. 一級土木施工管理技士が引く手あまたといわれる4つの理由!取得するメリットも解説

    一級土木施工管理技士が引く手あまたといわれる4つの…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く18のメリットと14のデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト