施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】
考える男性
考える男性
施工管理は人手不足なの?

求人サイト見ると未経験の求人が多いし、ググるとたしかに人手不足みたいだし。

人手不足なら採用されやすそうだし、転職を考えてるんだよね。

今よりもっと稼げる仕事したいし、手に職もつけて安定して稼ぎたい。

 

でも、人手不足ってことは人気がなかったり、離職率が高いってことだよね…

自分にできるか不安だなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事の内容は下記の通り。

  • 施工管理が人手不足の3つの理由(求人が多い理由)
  • 施工管理の人手不足を解消するための働き方改革【国も動いてます】
  • 施工管理は人気がなくて離職率が高い仕事なのか【結論:会社による】
  • 施工管理の将来性【東京オリンピック後も仕事はある】
  • 未経験から施工管理に転職する志望動機の書き方

 

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

施工管理は人手不足の状態です。

なので、転職しやすくチャンスです。

スキルが身についたり、施工管理技士など資格を取得すれば、年収も大きく上がります。

 

でも、人手不足ということは、不人気で離職率が高いことを想像しますよね?

それは確かに正解です。

が、正確には会社によります。

ブラック企業だと離職率は高いですが、建設業界にもホワイト企業はあります。

ホワイト企業で働けば離職率は低いので、会社選びが重要です。

 

未経験から施工管理への転職を考えていて、今回の転職に失敗したくない人は最後まで見てみてください!

施工管理(現場監督)が人手不足の3つの理由【求人が多い理由】

施工管理が人手不足の3つの理由

施工管理が人手不足の理由は、下記の3つです。

  1. リーマンショックで人材が減ったから
  2. ベテラン施工管理が引退しているから
  3. 若手の離職率が高いから

 

あなたも見たと思いますが、求人サイトでは施工管理職の求人が多く出てきますよね。

つまり、それだけ施工管理が足りてないということです。

給料はかなり高いけど、ずっと求人が出ています。

それだけ人が足りていないのです。

令和3年2月の建設業の有効求人倍率は、5.58倍です。

参考:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和3年2月分)について

 

つまり、1人の求職者に対して、5.58件も求人があるということ。※あくまで建設業全体の数字ですが

どれだけ人手不足なのかがわかりますよね。

では、どうして施工管理が人手不足なのか解説します。

 

①リーマンショックで人材が減ったから

1つ目の理由は、リーマンショックで人材が減ったからです。

2008年に起きたリーマンショックの影響で、2009年から4年ほど建設業界は冷え込んでいました。

建設業界の仕事が大きく減ったため、建設業界から多くの人材が離れてしまいました。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

2009年(平成21年)は、人材採用も控えたため、建設業界に入ってくる若者も少なかったのです。

建設労働者を取り巻く状況について

出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

ところが人材が少ないまま、下記などで急に建設業界の需要が高まったため、人材不足になってしまいました。

  • 東日本大震災の復興
  • アベノミクス効果で公共工事が増加
  • 東京オリンピックの工事
  • リニア新幹線建設

 

簡単にいうと、リーマンショック時に人を採用しなかったツケが回ってきた感じです。

 

②ベテラン施工管理が引退しているから

ベテランの施工管理が引退しているため、人手不足になっています。

その分、若い人材が入ってくればいいのですが、残念ながら引退するベテランの方が多いです。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

建設業界のベテランと若手の人口比率は、グラフを見れば一目瞭然。

建設産業の現状と課題出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

ベテランは施工管理技士の資格保有者も多いので痛手です。

施工管理技士を増やすため、2017年(平成29年)には土木施工管理技士の試験が年2回になりましたが、めざましい効果は出ていません。

ベテランが引退していくのが、人手不足に拍車をかけています。

 

③若手の離職率が高いから

若手の離職率が高いのも、人手不足の原因です。

平成23年3月卒の3年目離職率は下記のとおり。

建設労働者を取り巻く状況について出典:厚生労働省「建設労働者を取り巻く状況について

最終学歴 3年目離職率
大卒 29.2%
高卒 48.5%
平均 38.85%

建設業界は、3Kや新3Kといわれており、なかなか若者が定着していません。

  • 3K:きつい、汚い、危険
  • 新3K:きつい、厳しい、帰れない

 

ベテランが引退して、若手が離職していってるので、人手不足になっています。

ちなみに施工管理の離職率については、施工管理や建設業の離職率は?ブラックな職場を回避する方法も参考になると思います。

 

施工管理の人材不足を解消するための働き方改革【国も動いてます】

施工管理の人手不足を解消するための働き方改革【国も動いてます】

国も、施工管理の人手不足を黙って見ているわけではありません。

建設業界の働き方改革を進めて、若手の獲得や人材に流出を対策しています。

※国土交通省が「建設業働き方改革加速化プログラム」などを進めています。

建設業界で進んでいる働き方改革は、下記のとおり。

  • 週休2日制の導入
  • 残業時間の上限を設ける
  • 社会保険の加入率アップ
  • 工期は発注者にも理解を求める
  • 建設のIT化

 

結論、今より働きやすくなると予測されるので、下記のようなきつい状況は減っていくと予測されます。

  • ブラック
  • 激務
  • 長時間労働
  • 休みが少ない

 

カンタンに内容を解説します。

 

週休2日制の導入

建設業界は、いまだに週休1日制の会社があります。

ですが、これが人手不足を招いているとして、週休2日制に変わってきています。

他の業界は週休2日制が当たり前なので、合わせないと若者を採用できません。

ただし、週休2日制の導入にはがあります。

日当で働く建設労働者さんたちの、収入が減ってしまうことです。

 

週休2日制になると、月の稼働日が4~5日減ってしまい、給料は約15%下落します。

この問題をどう乗り越えるかが、焦点になりそうです。

週休2日の導入については、建設業界の週休2日制は2024年から実施予定【でも問題は多い】を参考にどうぞ。

 

残業時間の上限を設ける

建設業界には36協定がありません。

36協定とは労働基準法36条のことで、労働者の就業時間を定めた取り決めです。

36協定では時間外労働(残業時間)の上限を、下記のように定めています。

  • 1ヶ月:45時間以内
  • 1年間:360時間以内

 

ですが、建設業界には残業時間の上限がない会社があります。

しかし、ワークライフバランスが重視される中で、36協定もないと人材が増えません。

一般社団法人日本建設業連合会では、2024年までに段階的に残業時間の上限を設ける動きを進めています。

月の残業時間の上限は45時間・年間360時間とします。

さらに上限を上回る場合でも、年間720時間を上限とするそうです。

 

2024年までに残業時間の上限が設けられると、他の業界と同じくらいの残業時間になるでしょう。

建設業界の残業については、36協定が建設業でも適用される【現場に浸透できそうな3つの理由】にまとめてます。

 

社会保険の加入率アップ

建設業界の中には、いまだに社会保険未加入の会社があります。

ですが、これも人手不足の原因なので、解消されている途中です。

建設業働き方改革加速化プログラム

出典:国土交通省「建設業働き方改革加速化プログラム

社保未加入業者は、公共工事を受注できないなどのペナルティを設けます。

 

工期は発注者にも理解を求める

施工管理の人手不足の原因が、忙しすぎることです。

そして、忙しい理由の1つが、工事期間が短すぎること。

時間がない中で完成させなければいけないので、どうしても忙しくなります。

それを解消するために、建設業界全体で工事発注者にも工事期間の理解を求めるようです。

発注者側がもう少しゆとりのあるスケジュールで発注できれば、仕事が楽になりますよね。

 

これは業界全体で協力することと、発注者側の理解、両方が必要です。

詳細は、2024年目標の建設業界の働き方改革【無理という声もあるがやるしかない】を参考にどうぞ。

 

建設のIT化

建設業界はIT化が遅れています。

もしロボットが工事をしてくれれば、下記などが可能になりかなり働きやすくなります。

  • 少ない人員でも工事できる
  • 危険の減少
  • 人件費の削減
  • 24時間工事

 

理想的には、人が管理をして、ロボットが工事をすることでしょう。

建設業界が3Kではなくなり、女性も働きやすくなります。

国は「i-Constraction」と名をつけて、建設会社の技術開発に協力しています。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

建設業界のIT化については、ICTが建設業界で進んでます【機械の事例やメリットと課題も解説】に詳しくまとめてます。

 

外国人労働者を受け入れている

ちなみに、日本人だけでは足りないということで、外国人労働者の受け入れも始まっています。

建設産業の現状と課題

出典:国土交通省「建設産業の現状と課題

今後は下記のように、今より働きやすい業界になっていくでしょう。

  1. 働き方改革
  2. IT化
  3. 外国人労働者

 

施工管理は人気がなくて離職率が高い仕事なのか【結論:会社による】

施工管理は人気がなくて離職率が高い仕事なのか【結論:会社による】

考える男性
考える男性
施工管理が人手不足ってことは、人気がなくて離職率が高いのかな?

と思いますよね。

結論、それは会社によります。

離職率が高い会社もありますし、離職率が低いホワイト企業もあります。

つまり、会社選びが重要ということ。

ホワイト企業を選ぶコツは、下記の17個です。

  1. 定着率が高い会社を選ぶ
  2. IT化を進めている会社を選ぶ
  3. 転職エージェントを活用する
  4. 施工管理の技術者派遣で働く
  5. 公共工事が多い会社を選ぶ
  6. 経営事項審査の点数が高い会社を選ぶ
  7. マンション大規模修繕の施工管理で働く
  8. 可能なら6月・12月から転職活動を始める
  9. 規模の小さい現場がある会社で働く
  10. 地方の会社で働く
  11. 絶対に譲れない条件を先に決めておく
  12. 現場の相談ができる会社を選ぶ
  13. 女性や外国人を採用している会社を選ぶ
  14. 口コミサイトをチェックする
  15. 仕事ができるようになってから会社に交渉する
  16. 施工管理技士を取得して有利に転職活動を進める
  17. 転職候補の会社で働く人に話を聞く

 

施工管理でホワイトな環境で働く方法は、施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法17選を参考にどうぞ。

ホワイトな環境で働く、具体的な方法を解説しています。

 

未経験者は研修が充実している会社を選ぶ【離職率が低め】

未経験から施工管理に転職する場合は、研修制度が充実している会社を選びましょう。

研修がしっかりしていないと、未経験から働くのは難しいから。

基礎がわからない状態で現場に出ると、パニックになって辞めてしまうかもしれません。

2ヶ月くらいの研修期間があると良いですね。

 

給料や福利厚生も大切ですが、すぐ辞めたいためにも、施工管理の場合は研修で会社を選ぶのがコツです。

 

【ちょっと宣伝】ワット・コンサルティングは60日の研修ありで定着率83.2%

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは下記の4つ。

  • 新人研修が約60日(業界平均の2倍、業界トップクラス)
  • しっかりと基礎を学んでから働けるので安心
  • 新人研修中もお給料が出る
  • 定着率83.2%で長く安定して働ける(業界トップクラス)

 

新人研修を重視しているため「しっかりと基礎を学んでから働きたい!」という人に合っていると思います。

就職・転職の情報収集に活用してみてください。

 

施工管理は今後も仕事が安定している

明るい工事現場

考える男性
考える男性
施工管理の仕事って、今後も安定してるの?

結論、今後も施工管理の仕事は安定しているので、安心してください。

下記など、工事はたくさんあります。

  • 大阪万博
  • リニア新幹線
  • リフォーム需要の増加
  • 社会インフラの補修工事
  • ビルやマンションの大規模修繕工事

 

この辺は、施工管理の将来性は明るい【東京オリンピック後も問題ないかと】に詳しくまとめてます。

 

施工管理の仕事のメリット

施工管理の仕事のメリットは、下記などがあります。

  • 建設物が完成したときに達成感がある
  • 社会に役立っているのがわかりやすい
  • スキルが上がると年収が上がる
  • お客さんに直接感謝される
  • 今後も仕事が安定している
  • ちょっとモテる

 

施工管理のやりがい・魅力は、施工管理(現場監督)のやりがいや魅力9選【未経験から始める方法】にまとめたので参考にどうぞ。

 

未経験から施工管理に転職する志望動機の書き方

未経験から施工管理に転職する志望動機の書き方

施工管理に未経験から転職する場合の、志望動機の書き方も紹介しておきます。

施工管理に興味が出てきても、採用されなきゃ意味ないですからね。

コツは、下記の2つの志望動機を作ること。

  1. 施工管理自体の志望動機
  2. 応募企業の志望動機

 

応募する企業の志望動機を作るのはもちろんですが、未経験だと「なんで施工管理?」と疑問に思われるからです。

2つの志望動機を作るコツは、施工管理が未経験の人の志望動機の作り方と例文【研修で会社を選ぶ】にまとめたので参考にどうぞ。

履歴書を書きやすくなりますよ。

 

まとめ【施工管理は人手不足だけどチャンスがある】

まとめ【施工管理は人手不足だけどチャンスがある】

この記事をまとめます。

  • 施工管理が人手不足なのには3つの理由がある
  • 施工管理の働き方改革が進んでいるから期待がもてる
  • ブラックかホワイトかは会社によって決まる【会社選びが重要】
  • 今後も施工管理の仕事は安定している
  • 未経験から転職する志望動機の書き方を知っておこう

 

考える男性
考える男性
施工管理は人手不足なのかな?

でも、人手不足ってことは人気がなかったり、離職率が高いってことだよね。

自分にできるか不安だなぁ…

という人は、会社選びさえ間違えなければ大丈夫です。

 

もし本気で施工管理に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

まずは求人情報の収集から始めてみてください。

 

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

情報収集しながら考えてみてください。

あなたの転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

  2. 建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

    建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

  3. 施工管理もCADを勉強した方がいい【無料で勉強する方法も解説】

    施工管理もCADを勉強した方がいい【無料で勉強する方法も解説】

  4. 「施工管理は休みない!」という状態から抜け出す方法

  5. 施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

    施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

  6. 施工管理が早く帰る4つのコツ【残業が減っても年収を減らさない方法】

    施工管理が早く帰る4つのコツ【残業が減っても年収を減らさない方法】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. タイル

    建築仕上げ改修施工管理技術者について解説【他にもおすすめの資格5…

    2022.11.13

  2. 青い塗装

    塗装施工管理の仕事内容【工事の方法や手順、有益な資格もわかる】

    2022.11.13

  3. リビング

    内装施工管理の仕事内容や年収相場【激務できついのかわかります】

    2022.11.13

  4. 工事現場

    一級建築施工管理技士のすごいところ4選【メリットや価値が大きい】

    2022.10.13

  5. 工事現場

    現場監督は誰でもなれるわけじゃない【誰でもできる仕事でもありま…

    2022.10.13

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法17選

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト