木造建築を名称や構造図で紹介【デメリットもあるから注意】

木造建築を名称や構造図で紹介【デメリットもあるから注意】
考える男性
考える男性
木造建築の構造を知りたいな。

どういう特徴があるんだろう?

メリットデメリットも知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 木造建築の構造の種類がわかる
  • 木造建築のメリットとデメリットがわかる

 

木造建築の構造を解説します。

実は木造建築にはけっこうメリットがありまして、事実多くの人が採用しています。

大切な建築物だからこそ、メリットデメリットを知っておきましょう。

木造建築を名称や構造図で紹介【5つの種類】

木造建築を名称や構造図で紹介【5つの種類】

木造建築の構造を、名称や構造図で紹介します。

主な木造建築の構造は、下記の5つです。

  1. 木造軸組工法
  2. 2×4工法
  3. ラーメン工法
  4. 丸太組工法
  5. 伝統工法

 

1つずつ解説しますね。

 

①木造軸組工法【一般的な構造】

木造軸組工法

木造軸組工法は、日本の木造家屋で多く採用されている構造です。

メリットは下記のとおり。

  • 設計の自由度が高い
  • リフォームで間取り変更しやすい
  • 広い開口部をとりやすい

 

一方デメリットは下記のとおりです。

  • 2×4より手間がかかるため、費用は高め
  • 耐震性は弱い
  • 火に特に弱い

 

上記デメリットは、次に紹介する2×4と比較したものです。

2×4は壁が強めなので、横からの揺れにも強く、火を跳ね返す力があります。

 

②2×4工法【費用は安いが自由度が低い】

2×4工法

2×4とは、床・天井・壁をプラモデルのように組み合わせる構造です。

アメリカやカナダで広く使われている手法で、日本にも入ってきた感じ。

 

メリットは下記のとおり。

  • 壁が強く火に強い
  • 壁が強いので地震にも強い
  • 風に強い
  • 機密性が高い

 

一方デメリットは下記のとおりです。

  • 設計の自由度は低い
  • 結露が発生しやすい

 

機密性が高いゆえに、結露が発生しやすいですね。

カビの原因にもなるので、状態が悪いと健康を崩す人もいるかと。

 

③ラーメン工法【大規模向けの木造建築構造】

ラーメン工法

低層のアパートなどに用いられる手法ですが、木造でも可能です。

メリットは下記のとおり。

  • 広い空間をとることができる
  • 間仕切りしやすい
  • リフォームしやすい

 

反対にデメリットは下記のとおりです。

  • 施工費用が高い
  • 横の揺れに弱い
  • 施工できる業者が少ない

 

木造で広い空間をとりたい場合は良いかと思います。

 

④丸太組工法【ログハウスのこと】

丸太組工法

ログハウスのことです。

丸太を積み上げて造っていきます。

 

メリットは下記のとおり。

  • 地震が起きると木材同士が揺れを吸収してくれる
  • 断熱性が高い
  • オシャレな雰囲気

 

一方、デメリットは下記のとおりです。

  • 木が収縮して、隙間ができることがある
  • 結露が発生しやすい
  • 費用が高い
  • メンテナンスも高い

 

正直、資金的な余裕は必要ですね。

オシャレな家ですが、維持していくのは少々大変です。

 

⑤伝統工法【古民家・神社など】

伝統工法

日本に古くからある構造です。

  • 古民家
  • 神社
  • 寺院

 

などに用いられています。

 

メリットは下記のとおり。

  • 地震の揺れをしなやかに受け流す免震構造
  • 通気性が良いので、夏は過ごしやすい
  • バラして移築が可能

 

一方、デメリットは下記のとおりです。

  • メンテナンスの費用が高い
  • 機密性が低く、冬は寒い
  • 太陽が入らない設計が多く暗い
  • 施工できる業者が少ない

 

伝統工法は地震に耐える「耐震構造」ではなく、揺れを受け流す「免震構造」ですね。

耐久性には優れています。

 

耐久性は奈良の法隆寺がわかりやすいですね。

1300年以上も残っているので、伝統工法の耐久性が素晴らしい証拠です。

 

ちなみに法隆寺については、

法隆寺の建築技術を解説【1300年以上前の建築的特徴は現代も使える】をどうぞ。

法隆寺の建築技術を解説【1300年以上前の建築的特徴は現代も使える】

 

伝統工法に耐震補強工事は注意が必要

古民家などに耐震補強工事をする場合は、知識が必要です。

そもそも免震構造で造られているので、耐震補強をすると本来の力を発揮できないことも。

この辺は、古民家の耐震補強は注意が必要【基礎工事も含めた知識が必須】にまとめたので、興味あればどうぞ。

古民家の耐震補強は注意が必要【基礎工事も含めた知識が必須】

 

木造建築構造の6つのメリット

木造建築構造の6つのメリット

木造建築構造のメリットは、下記の6つです。

  1. 地震に強く造れる
  2. 調湿効果あり
  3. 暖かい
  4. きちんと手入れをすれば長持ちする
  5. 価格が安い
  6. 補助金あり

 

鉄筋や鉄骨造に負けないメリットがあります。

1つずつ解説しますね。

 

地震に強く造れる【技術の進歩】

近年の木造建築は、けっこう地震に強く造れるようになっています。

耐震技術の進歩が素晴らしいから。

 

前述のとおり、2×4工法は地震に強いです。

一般的には鉄骨・鉄筋の方が地震に強いと言われていますが、木造も負けていません。

引用元:Youtube「伝統的構法で作られた木造建築物の耐震性能検証実験|横田建築研究所 – 建築研究部

 

調湿効果あり

木材が調湿してくれるので、快適に過ごせます。

湿度が高い季節は湿気を吸い込み、乾燥する季節は湿気を吐き出します。

日本で古来から木造建築が使われてきた理由の1つが、この調湿効果でしょうね。

 

ちなみに、畳を併せて使うとさらに調湿効果が高まります。

畳については、畳のメリットとデメリットを解説【フローリングや置き畳と比較】にまとめたのでどうぞ。

畳のメリットとデメリットを解説【フローリングや置き畳と比較】

 

暖かい【断熱性が高い】

木は断熱性が高く、暖かいです。

よく「木のぬくもり」といいますが、雰囲気だけでなく本当に暖かいわけです。

 

鉄筋や鉄骨は熱伝導率が良いため、寒くなりやすいのがデメリット。

※金属を冷やすと、しばらく冷たいままですよね。

暖かい家が良い人は、木造建築がおすすめです。

 

きちんと手入れをすれば長持ちする

後述しますが、シロアリなどの被害に遭うことも。

ただし、定期的にメンテナンスをすれば長持ちします。

先ほどお伝えしたとおり、法隆寺が1300年以上残っているのが証拠です。

 

価格が安い

鉄筋や鉄骨造に比べると、木造は価格が安いです。

設計内容にもよりますが、1~4割ほど木造の方が安くできるイメージ。

価格を抑えて良い家を建てたい人は、木造建築も検討してみてください。

 

補助金あり

木造建築には各種補助金があります。

一般住宅だけでなく、公共建築物を木造で造ると補助金があります。

一般住宅の補助金の情報は、国土交通省のサイトでわかります。

また、公共建築物の補助金は林野庁のサイトをどうぞ。

 

木造建築構造の4つのデメリット

木造建築構造の4つのデメリット

反対に、木造建築構造のデメリットは下記の4つです。

  1. 水に弱い
  2. 燃えやすい
  3. シロアリ被害に遭う可能性あり
  4. 鉄筋・鉄骨に比べると地震に弱い

 

デメリットも知った上で検討しましょう。

1つずつ解説しますね。

 

水に弱い

大量の水には弱いです。

木なので、腐ってしまうから。

 

例えば大雨で床下が浸水すると、基礎部分が腐食してしまうこともあります。

少量の水分は調湿してくれますが、限度を超えると水に弱いイメージです。

 

燃えやすい

なんせ木ですからね。

鉄骨や鉄筋に比べると、明らかに燃えやすいです。

 

不燃材料を用いるなど耐火の対策が可能です。

また、前述のとおり2×4工法は耐火性が強いです。

 

シロアリ被害に遭う可能性あり【メンテナンス必要】

木なので、シロアリ被害に遭う可能性もあります。

前述したとおり、定期的なメンテナンスが必要です。

 

躯体部分をシロアリにやられてしまうと、大規模な補修工事が必要になります。

床下点検や薬剤散布など、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶのも大切です。

 

鉄筋・鉄骨に比べると地震に弱い

木造建築も地震に強くなっていますが、やはり鉄筋・鉄骨に比べると地震には弱いです。

鉄筋・鉄骨の方が強度が強いので。

 

地震保険の補償も50%しかないので、全壊した場合はリスクが大きいです。

木造で建てるにしても、2×4広報にするなど耐震性は重視しましょう。

 

未来の木造建築【構造に革命かも】

未来の木造建築【構造に革命かも】

今後は、木造の高層ビルが建つかもしれませんよ。

すでにカナダでは、18階建ての木造の学生寮「ブロック・コモンズ」があります。

 

また、下記のような木造の高層ビル計画も進んでいます。

  • アメリカ:80階建ての木造ビル
  • 日本(住友林業):70階建ての木造ビル

 

詳しくは、高層ビルは木造で建てられる?にまとめたので、興味あればどうぞ。

まだまだ木造建築の技術は進んでいきそうですね。

高層ビルは木造で建てられる?

 

まとめ【木造建築構造の種類やメリット・デメリットを知った上で検討】

まとめ【木造建築構造の種類やメリット・デメリットを知った上で検討】

最後にもう一度、主な木造建築の5つの構造をまとめておきますね。

  1. 木造軸組工法
  2. 2×4工法
  3. ラーメン工法【大規模向けの木造建築構造】
  4. 丸太組工法【ログハウスのこと】
  5. 伝統工法

 

そして、メリットは下記の6つ。

  1. 地震に強く造れる
  2. 調湿効果あり
  3. 暖かい
  4. きちんと手入れをすれば長持ちする
  5. 価格が安い
  6. 補助金あり

 

デメリットは下記の4つです。

  1. 水に弱い
  2. 燃えやすい
  3. シロアリ被害に遭う可能性あり
  4. 鉄筋・鉄骨に比べると地震に弱い

 

メリットとデメリットを知った上で、慎重に検討してください。

参考になればうれしいです。

関連記事

  1. 平等院鳳凰堂

    平等院鳳凰堂の建築様式は空に浮いているように見える

  2. 法隆寺

    高層ビルは木造で建てられる?

  3. 古民家の耐震補強は注意が必要【基礎工事も含めた知識が必須】

    古民家の耐震補強は注意が必要【基礎工事も含めた知識が必須】

  4. 黒部ダムの建設秘話【死者が出る事故を乗り越え日本の復興を支えた】

    黒部ダムの建設秘話【死者が出る事故を乗り越え日本の復興を支えた】

  5. 東京タワー建設を徹底解説【鳶職人たちの死のキャッチボール】

    東京タワー建設を徹底解説【鳶職人たちの死のキャッチボール】

  6. 東京駅舎のレンガ造りを解説【大正時代の東京のシンボルを再現】

  1. 施工管理の給料が安い人と高い人の違い【稼げるキャリアプランを解説】

    施工管理の給料が安い人と高い人の違い【稼げるキャリアプランを解…

    2020.10.13

  2. 土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】

    土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】

    2020.10.13

  3. プラント施工管理の仕事内容【激務なのかや、転職に有利な資格も紹介】

    プラント施工管理の仕事内容【激務なのかや、転職に有利な資格も紹…

    2020.10.13

  4. 2級土木施工管理技士の実務経験のごまかしは危険すぎる【取消になる】

    2級土木施工管理技士の実務経験のごまかしは危険すぎる【取消になる】

    2020.10.10

  5. ゼネコンの現場監督は忙しいけど激務じゃない【働きやすくなってる】

    ゼネコンの現場監督は忙しいけど激務じゃない【働きやすくなってる】

    2020.10.09

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建築設備のおすすめサイト