CADオペレーターの平均年収・給料【年収を上げる方法も解説】

CADオペレーターの平均年収・給料【年収を上げる方法も解説】
考える女性
考える女性
CADオペレーターの年収や給料を知りたいな。

どれくらい稼げるもんなんだろう?

今の仕事に将来性がないから、手に職がつく仕事に転職したいな。

CADオペレーターは手に職がつきそうだし、興味があるんだよね。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • CADオペレーターの平均年収・給料
  • CADオペレーターが年収・給料を上げる方法

CADオペレーターは未経験から転職できて、手に職もつく人気の仕事です。

でも、年収や給料が気になるところですよね。

結論、普通に生活するくらいの年収なら稼げるので安心してください。

未経験からCADオペレーターに転職したいあなたの、参考になればうれしいです!

CADオペレーターの平均年収・給料

CADオペレーターの平均年収・給料

CADオペレーターの平均年収は300万~400万円というところです。

月給でいうと25万~33万円くらいですね。

※厚生労働省の賃金構造基本統計調査を見ても、CADオペレーターの年収データは出ていないので、おおよその平均年収と給料です。

CADオペレーターはめちゃくちゃ稼げる仕事ではありませんが、手に職がついて年収300万~400万円稼げるなら悪くないかなという感じです。

CADオペレーターのスキルが高くなれば年収も上がる【世代別の平均年収】

CADオペレーターは技術職なので、スキルと年収が比例します。

スキルの高いCADオペレーターの中には、年収600万円以上稼ぐ人もいます。

世代別の平均年収は下記のとおり。

世代年収
20代前半250万~270万円くらい
20代後半270万~300万円くらい
30代300万~350万円くらい
40代350万~400万円くらい
50代400万円以上

これはつまり、CADオペレーターの経験値が高い人ほど、年収が高いという意味です。

ちなみに2DCADよりは、3DCADを扱える方が当然稼げます。

3DCADの方が、スキルが高いですからね・

2DCADと3DCADの違いは、CADオペレーターの仕事内容を解説【未経験者は研修を受けましょう】にまとめています。

勤務する会社によっても年収が違う

勤める会社の経済状態によっても、CADオペレーターの年収が変わります。

年収が高いのは、下記のような会社。

  • 大手ゼネコン
  • 人気の設計事務所

会社の規模が小さくても、人気の設計士事務所は少し年収高めです。

CADの資格を取得すると資格手当をもらえる会社もある

CAD系資格を取得すると、資格手当をくれる会社もあります。

具体的な資格名は下記のとおり。

  • CAD利用技術者試験
  • 建築CAD検定
  • テクニカルイラストレーション(テクニカルイラストレーションCAD作業)
  • 機械・プラント製図(機械製図CAD作業)
  • オートデスク認定資格プログラム
  • Vedtor works操作技能ベーシック認定試験

資格手当の相場は、月5000~1万円くらいですね。

もちろん無資格から始められる仕事ですが、キャリアアップで資格も目指しましょう。

アルバイトのCADオペレーターは時給1000~1500円くらい

アルバイトやパートのCADオペレーターの時給は、1000~1500円くらいです。

年収や月給に換算すると下記のとおり。

  • 平均年収200万~220万円
  • 月給18万~20万円

時給1000~1500円なので、コンビニとかスーパーのアルバイトよりは稼げます。

しかも手に職の仕事なので、ブランクがあっても再就職しやすいです。

ただし、アルバイトやパートに各種手当やボーナスはありません。

技術者派遣だと時給1500~1800円くらい

CADオペレーターには技術者派遣もあり、時給1500~1800円くらいです。

年収や月給にすると下記のとおり。

  • 平均年収250万~300万円
  • 月給25万円

技術者派遣とは、派遣会社の正社員として雇用されて、働くのは派遣先の会社という意味。

大手に派遣されれば、時給は高めです。

稼ぎたいなら、大手を紹介してくれる派遣会社を選びましょう。

技術者派遣でも資格手当がつくこともあります。

未経験者向けの研修もしっかりしているので、最初は技術者派遣が良いですね。

ちなみに派遣のCADオペレーターについては、派遣のCADオペレーターの実態【時給相場や未経験者が働くコツ】に詳しくまとめてます。

在宅CADオペレーターでも年収300万円以上稼げる

CADオペレーターはパソコン作業なので、自宅でも仕事が可能です。

在宅のCADオペレーターでも、年収300万円以上稼げます。

家で働けて生活できるなら、うれしいですよね。

ただし、在宅で働くには十分なスキルと経験が必要。

最初から在宅で働くのは無理です。

会社が在宅を認めてくれないと、正社員での在宅勤務は難しいです。

また、フリーランス(個人事業主)のCADオペレーターとして働く方法もあります。

クラウドソーシングサイトから仕事をもらって、図面1枚◯◯◯◯円というスタイルです。

相場は、図面1枚5000~2万円くらい(図面の大きさによる)ですね。

CADオペレーターの働き方は、自由度が高いです。

ちなみに、在宅のCADオペレーターについては、在宅CADオペレーターの実態【3種類の在宅ワークスタイルも紹介】に詳しくまとめてます。

事務職よりは稼ぎやすい【手に職がつくから】

CADオペレーターは、事務職より稼ぎやすいですね。

手に職がつくからです。

残念ながら事務職はスキルとして評価されにくいので、つぶしがききにくい仕事。

30代を過ぎると転職も難しくなります。

CADオペレーターならスキルが評価されるので、30代以降も転職が有利。

産休・育休後の仕事復帰もしやすいので、「手に職がつく事務職」とも言われています。

CADオペレーターが年収・給料を上げる方法

CADオペレーターが年収・給料を上げる方法

CADオペレーターの平均年収は300万~400万円ですが、もっと稼ぎたいなら設計士を目指しましょう。

例えば建築なら、下記の資格が該当します。

  • 一級建築士
  • 二級建築士

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、一級建築士の平均年収は642万円です。

参考:一級建築士の年収や給料!収入を上げる方法は?

CADオペレーターの倍くらい稼げますね。

建築士などの設計とCADオペレーターは、似てますがまったく別の仕事です。

例えば建築士は、法律なども理解してデザインなども設計します。

CADオペレーターより上位の仕事で、責任も重いので年収も高めです。

ちなみに、設計士とCADオペレーターの違いは、CADオペレーターと設計の違いを表で比較【仕事内容の詳細も紹介】を読んでみてください。

もっと稼ぎたい人は、築士など設計を目指すと良いでしょう。

また、一級建築士と二級建築士の資格については、下記の2記事にまとめたので興味あれば読んでみてください。

まとめ【CADオペレーターの平均年収は300万~400万円】

まとめ【CADオペレーターの平均年収は300万~400万円】

この記事をまとめます。

  • CADオペレーターの平均年収は300万~400万円
  • CAD資格を取得すると資格手当をもらえる
  • 技術者派遣は正社員で時給が高め【未経験者向けの研修も充実】
  • CADオペレーターは手に職がつく事務職
  • CADオペレーターがさらに年収を上げるには、建築士など上位資格をとる

未経験からCADオペレーターに転職を考えているあなたの、参考になればうれしいです。

今後も安定して稼げる仕事なので、手に職をつけたい人は挑戦してみてください。

ちなみに、CADオペレーターに向いてる人の特徴を、CADオペレーターに向いてる人の16の特徴【未経験で転職する方法】にまとめたので、読んでみてください。

あなたがCADオペレーターに向いてるかわかります。

また、未経験からCADオペレーターに転職を考えてる人は、CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】も参考にどうぞ。

未経験から転職する注意点とかもまとめてます。

転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. CADオペレーターは残業が多いと言われる8つの理由【残業が少ない2つの働き方】

    CADオペレーターは残業が多いと言われる8つの理由【残業が少ない2つの働き方】

  2. CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】

    CADオペレーターは未経験でも転職できる【あなたに向いてるか診断】

  3. 正社員のCADオペレーターの実態【未経験者が正社員に転職する方法】

    正社員のCADオペレーターの実態【未経験者が正社員に転職する方法】

  4. CADオペレーターの年収が低い3つの理由【でも稼ぐ方法があります】

    CADオペレーターの年収が低い3つの理由【でも稼ぐ方法があります】

  5. CADオペレーターに向いてる人の16の特徴【未経験で転職する方法】

    CADオペレーターに向いてる人の16の特徴【未経験で転職する方法】

  6. CADオペレーターと設計の違いを表で比較【仕事内容の詳細も紹介】

    CADオペレーターと設計の違いを表で比較【仕事内容の詳細も紹介】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 新人現場監督がミスを防ぐコツ9選!ミスをしたときの対処法も解説

    新人現場監督がミスを防ぐコツ9選!ミスをしたときの…

  2. トンネル工事の施工管理の特徴5選!メリット・デメリットを解説

    トンネル工事の施工管理の特徴5選!メリット・デメリ…

  3. 夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

    夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

  4. 令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正される|3つの注意点も解説

    令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正され…

  5. 施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につける方法も解説

    施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につけ…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト