一級建築士試験の合格率や受験資格からみる難易度

建築設計

一級建築士の合格率や受験資格、過去問、出身大学、試験内容などからみる難易度をご紹介します。

一級建築士は建設業界の資格の中で最難関資格といっていいでしょう。

 

設計職の中でも花形の資格で、二級建築士や木造建築士に比べると可能な業務範囲が一気に広がります。

建設業界で働くうえで取得したい資格ですよね。

この記事では下記などを解説します。

  • 一級建築士の合格率からみる試験の難易度
  • 受験資格からみる難易度
  • 過去問からみる難易度
  • 出身大学からみる難易度
  • 試験内容からみる難易度
  • 一級建築士の勉強時間や勉強方法
  • 他の資格との難易度比較

 

あなたの一級建築士合格の参考になればうれしいです。

それではさっそく見ていきましょう!

目次

一級建築士の合格率からみる試験の難易度

デスク

一級建築士の合格率からみる試験の難易度をご紹介します。

一級建築士試験は学科と製図に分かれています。

学科試験を合格した人のみ製図試験を受験できます。

近年の学科、製図、全体のおおよその合格率は下記のとおりです。

  • 学科:20%前後
  • 製図:40%前後
  • 全体:10%前後

 

10人に1人くらいしか合格できない難関試験です。

 

一級建築士の学科試験の合格点

一級建築士の学科試験の合格点は毎年変動します。

125点満点中、何点以上正答かで合否が決まります。

近年の学科試験の合格点は、125点満点中90点前後です。

正答率でいうと約72%くらい必要です。

 

一級建築士と二級建築士・木造建築士の合格率を比較してみた

二級建築士・木造建築士の合格率と比較してみましょう。

  • 一級建築士:10%前後
  • 二級建築士:25%前後
  • 木造建築士:35%前後

 

二級建築士や木造建築士と比較しても、一級建築士の合格率の低さがわかりますね。

また、一級建築士の学科試験と製図試験の合格率には大きな差があります。

一級建築士の製図試験の合格率は40%前後なのに対して、学科試験の合格率は20%前後と低いです。

 

「一級建築士の学科試験は相当難しいのか…?」というと、実はそんなことはありません。

実は二級建築士や木造建築士は設計職の入り口のような資格のため、けっこう合格を目指してがんばって勉強して試験に臨む人が多いです。

しかし、一級建築士を受ける人の中には記念受験の人や、会社から言われて嫌々受験する人もいます。

受験申込をしたのに試験会場に来ない人、退席可能時間になったらすぐに退席する人もいます。

つまり、二級建築士や木造建築士に比べると一級建築士を受験する人の本気度にはバラつきがあるのです。

だから、一級建築士の合格率は異常に低くなるという現象がおきます。

一級建築士の学科試験は半年~1年間しっかり勉強すれば誰でも合格できます。

独学でも合格できる難易度のため、本気で受験すれば十分合格できる試験といえます。

 

ちなみに、製図試験の合格率が高い理由は、問題が試験の約3ヶ月前に公表されるからです。

ただし、以前の製図試験は製図すれば良いだけでしたが、今の試験はコンセプト・構造・設備・バリアフリー法などの知識も必要です。

製図試験もきちんと対策しないと合格できませんし、製図試験は独学での合格は難しく、日建学院や総合資格学院などの学校に通って勉強するのがおすすめです。

 

一級建築士は1回で合格しない人も多い

きちんと勉強すれば合格できる一級建築士ですが、1回目で合格できる人は少ないです。

理由は、一級建築士を受験する人のほとんどが仕事をしながら勉強しているからです。

仕事が忙しくて勉強時間をとれなければ不合格になる確率は高くなります。

ですが、一級建築士はあきらめずに勉強を続けていけば合格できるため、1回目の受験で不合格でもあきらめずにリトライしてください。

試験は年に1回しかないためチャンスは少ないですが、不合格だった場合は1年間みっちり勉強できると気持ちを切り替えて翌年の試験に臨みましょう。

学科試験に合格できれば翌年と翌々年は学科試験が免除されます。

 

一級建築士に合格する人たちの年齢層は、30代前半までの人が多いです。

つまり、受験する人の多くは若い人であり「初めて一級建築士を受験する」という人も多いです。

あきらめずに何度もトライしていれば初回受験者よりは有利ですから得点上位に食い込むことができて合格できるというわけです。

 

今後の一級建築士の合格率は上がる?下がる?

もちろん未来を予測できるわけではないので確かなことはいえませんが、現在の建設業界は人材不足です。

建設業界の就労者は年々減少傾向にあり、高齢化も進んでいるためさらに人材が不足する可能性があります。

国土交通省の「建設産業の現状と課題」によると、建設業界の約3割は55歳以上で、29歳以下は約1割しかいません。

2025年には47万人~93万人の建設技能労働者が不足すると試算しています。

 

一級建築士にも同じことがいえます。

一級建築士の約65%は50歳以上です。

ベテランの建築士が引退してしまうと、国内の建築士の数は一気に不足してしまいます。

30代以下の一級建築士は10%台しかいません。

建築士の高齢化が進み、将来的に建築士が大幅に不足することが予測できます。

2005年に社会問題になった「耐震偽装問題」をきっかけに、2008年の建築士法改正で建築士の受験資格が難しくなりました。

一級建築士試験の受験者数はここ10年で約40%減っており、建築士の高齢化・建築士不足になっています。

 

また、一級建築士の求人は多く出ています。

明らかに一級建築士が足りないのです。

もしかすると今後は試験の合格率を上げて、一級建築士を増やす方向になる時代がくるかもしれませんね。

※未来を読むことはできないため、保証はできませんが。

参考:国土交通省「建設産業の現状と課題

 

一級建築士の受験資格からみる難易度

ペン

一級建築士は、指定科目を卒業後の実務経験か、二級建築士・建築設備士としての実務経験がないと受験できません。

一級建築士は誰でも受験できる資格ではないため、受験資格からみる難易度は高めといえます。

 

改正建築士法で一級建築士は実務経験なしで受験できるようになる

ちなみに、前述のとおり一級建築士が不足している問題を解決するために、平成30年12月8日の参議院本会議で建築士法が一部改正され、実務経験がなくても建築士試験を受験できることになりました。

一級建築士の新受験資格をご紹介します。

改正前の受験資格 改正後の受験資格
大学で指定科目を卒業して実務経験が2年以上 大学で指定科目を卒業年に受験できる。合格後、実務経験を2年以上積めば免許登録。
3年制短大で指定科目を卒業して実務経験が3年以上 短大で指定科目を卒業年に受験できる。合格後、実務経験を3年以上積めば免許登録。
2年制短大か高専で指定科目を卒業して実務経験が4年以上 短大か高専を指定科目を卒業年に受験できる。合格後、実務経験を4年以上積めば免許登録。
二級建築士として実務経験が4年以上 すぐに受験可能。合格後、実務経験を4年以上積めば免許登録。

大学卒業後に一級建築士を取得するパターンは4つです。

  1. 大学卒業⇒試験合格⇒実務経験2年⇒免許登録
  2. 大学卒業⇒実務経験2年⇒試験合格⇒免許登録
  3. 大学卒業⇒実務経験1年⇒試験合格⇒実務経験1年⇒免許登録
  4. 大学卒業⇒大学院に在学中に試験合格⇒実務経験2年⇒免許登録

 

というパターンが考えられます。

③のパターンからわかるとおり、受験前に実務経験がある人は、その実務経験も免許登録に必要な実務経験年数に含むことができます。

また、④のパターンのように大学院在学中に試験に合格することもできることになります。

一級建築士の受験資格改正については、改正建築士法の建築士試験の新受験資格!実務経験なしで受験できる?を参考にどうぞ。

 

一級建築士の過去問からみる難易度

マークシート

学科試験は4択で「最も不適当なものはどれか」という問いが多いです。

明らかに違うものを消去法で削っていきましょう。

例えば、下記のような問題が出題されます。

  • 伝統的な木造建築の屋根の記述で不適当なものを4つから選ぶ
  • 給水設備の記述で不適当なものを4つから選ぶ
  • 建築基準法の記述で不適当なものを4つから選ぶ
  • 土質や地盤の記述で不適当なものを4つから選ぶ

 

以前は過去問を繰り返しやれば合格できましたが、近年は過去問だけでは合格できません。

過去問中心の勉強方法だと基礎的なことや理論を理解できないことが多く、基礎的な理論がわからないと解けない問題に対応できません。

近年は過去問の使いまわしではなく新しい問題が増えています。

過去問だけでなく、教科書を勉強するのもお忘れなく。

もちろん、過去問をおろそかにしていいという意味ではありません。

過去問は過去5年分、できれば過去7年分を繰り返し解きましょう。

 

製図試験の過去問

製図試験は、学科試験の前日に公表されます。

設計条件などが決められており、実際に図面に手書きで製図します。

公益財団法人建築技術教育普及センターのホームページに過去3年分の製図試験の過去問が掲載されているので、イメージをつかむためにも見てみてください。

 

一級建築士の出身大学からみる難易度

大学

以前は「一級建築士の合格と大学は関係ない」といわれていました。

理由は、大学の指定科目を卒業しても実務経験が必要だったからです。

ですが、前述のとおり大学卒業年に一級建築士試験を受験できるようになるため、大学はある程度関係してくるでしょう。

※もちろん、試験合格後に実務経験を積まなければ一級建築士の免許はもらえませんが。

合格者数は大学の規模にも関係しています。

受験者が多い大学ほど、合格者も多いです。

 

一級建築士は有名大学にいかなくても合格できます。

ただ、数字で見ると有名大学出身者の合格が多くなっています。

有名大学出身者はゼネコンに就職する人も多く、二級建築士よりは一級建築士が必要な人も多く受験者・合格者が多くなっています。

大手ゼネコンに就職する人は、二級建築士を受けずに一級建築士から受験する人も珍しくありません。

前述のとおり、今後は実務経験の前に受験することになるため、高校生は進学する大学の参考にしてください。

 

一級建築士の試験内容

設計

一級建築士の試験内容をご紹介します。

試験のおおまかなスケジュールは下記のとおりです。

  • 4月ころ:願書申込
  • 7月ころ:学科試験の前日に製図試験の問題発表
  • 7月ころ:学科試験
  • 9月ころ:学科試験の合格発表
  • 10月ころ:製図試験
  • 12月ころ:製図試験の合格発表

 

少々やっかいなのが、学科試験と学科試験の合格発表の間があることです。

明らかに不合格の場合は翌年の学科試験の勉強に取りかかれますが「合格か不合格か微妙」という場合は、合否がわからないまま10月の製図試験対策をしなければいけません。

学科試験では後で自己採点できるようにしておきましょう。

学科試験の前日に製図試験の問題が公表されるため、製図試験の対策は学科試験が終わったあとで大丈夫です。

学科試験までは製図試験のことは気にせず、学科試験の勉強だけに集中しましょう。

 

学科試験の出題科目

一級建築士の学科試験の出題科目は下記のとおりです。

  • 計画
  • 環境・設備
  • 法規
  • 構造
  • 施工

 

試験時間は合計6時間半です。

長丁場の試験なので、過去問集などで問題に慣れておきましょう。

ちなみに、学科試験はマークシート方式です。

 

姉歯事件をきっかけに一級建築士試験の難易度が上がった?

一級建築士試験でよく話題に上がるのが「2005年の耐震偽装の姉歯事件をきっかけに一級建築士試験が難しくなったか?」です。

2005年の耐震偽装の姉歯事件があったことを受けて、2009年から一級建築士試験の内容が大きく変わっています。

旧試験 現行の試験
科目数 4科目 5科目
学科の出題数 100問 125問
学科の選択肢 5択 4択
合格基準 60~67点くらい 90点くらい
合格に必要な正答率 60~67%くらい 90%くらい
出題範囲 バリアーフリー法などが追加

新旧試験の違いは上記のような感じです。

合格基準と合格に必要な正答率は上がっているため、たしかに試験の難易度は上がったのかもしれませんね。

ただし、出題数は変わっていません。

むしろ5択が4択に減ったことで正解する確率は上がっています。

 

一級建築士の仕事内容

建築デザイナー

一級建築士は建築物の設計、工事監理などの業務を行います。

一級建築士の主な就職先は下記のとおり。

  • 設計事務所
  • 建設会社・ゼネコン
  • ハウスメーカー
  • 公務員

 

また、設計事務所をつくって独立起業する人もいます。

ただし、独立起業は十分な顧客基盤がないと仕事がないので注意しましょう。

一級建築士にしかできない業務は下記のとおりです。

  • 延べ床面積300㎡以上の木造以外の建築物の設計
  • 特定建築物の設計

 

簡単に言うと、一級建築士はすべての建築物の設計をすることができる最上級資格です。

一級建築士は建築基準法を知っているだけでは務まりません。

法律を守ることはもちろん、依頼主の意向をくみ取って、依頼主の予測を上回る設計をしなければいけません。

言われたとおりに設計する能力は最低限必要ですが、さらに上をいく設計能力が必要です。

 

センスや柔軟な思考も必要な仕事でしょう。

建築基準法はどんどん変わっていくので、常に法律についていくことも必要です。

今後はアジア圏など海外で仕事をすることも視野にいれましょう。

グローバルに活躍できる建築士が今後は成功する時代です。

 

一級建築士の年収や給料

札束

厚生労働省の賃金構造基本統計調査を元に計算すると、一級建築士の平均年収は642万円です。

月給とボーナスは下記の内訳。

  • 平均月給:423,400円
  • 平均ボーナス:1,345,200円

 

勤務する企業の規模で給料は変わります。

企業規模 平均月給 平均ボーナス 平均年収
10~99人 41万円 105万円 591万円
100~999人 42万円 135万円 640万円
1000人以上 48万円 222万円 800万円

1000人以上のゼネコン・スーパーゼネコンともなると平均年収800万円になります。

前述のとおり一級建築士が不足しているため、今後はさらに年収が上がるかもしれません。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

一級建築士試験に合格するための勉強方法や勉強時間

勉強

一級建築士試験に合格するための勉強方法や勉強時間をご紹介します。

前述のとおり、一級建築士の学科試験は独学可能ですが、製図試験は学校に通わないと合格は難しいです。

もちろん学科試験の勉強で学校に通えるなら通っても良いと思います。

学校に通うメリットは「一級建築士合格のプロ講師に教えてもらうことで勉強時間を短縮して効率的に合格できること」だからです。

ただし注意点は、学校に通う時間がかかる場合は独学を検討しましょう。

学校に行く時間が片道1時間半であれば往復3時間ということです。

 

移動で3時間使うなら、自宅で3時間勉強する方が良いと思います。

製図試験の対策は学校に通うのが必須ですが、学科試験の勉強で学校に通うかどうかは、下記などで総合的に判断してください。

  • 費用
  • 仕事をしながら受験する人は学校に行く時間があるか
  • 自宅から学校への通学時間

 

一級建築士に合格するために必要な勉強時間

一級建築士に合格するために必要な勉強期間は6ヶ月~1年です。

6ヶ月~1年と幅が広いのは、1日のうち何時間を勉強できるかによって変わるからです。

例えば、平日2時間、休日5時間の勉強ができるようであれば勉強期間は約1年を想定しておきましょう。

平日3時間、休日8時間の勉強ができるようであれば勉強期間は約6ヶ月を想定しておくと良いかと。

一級建築士に合格するために必要な勉強時間は800~1000時間くらいと言われています。

※もちろん、本人の頭の良さや勉強の質にもよります。

仕事が忙しい人や、休日も予定が入りやすい人は余裕をもった勉強スケジュールを組みましょう。

 

勉強のコツ①疲れ切る前に休憩をとる

勉強は時間の長さよりも質が大切です。

集中していない状態で1時間勉強するよりも、集中して30分勉強する方がはるかに効率的です。

特に学科試験は暗記問題が多いため、集中力が低下した状態で勉強しても頭に入らなければ意味がありません。

質の良い勉強を長時間続けるコツは、勉強に疲れ切る前に休憩することです。

疲れ切ってから休憩すると復活するまでに3時間も4時間もかかります。

「もうちょっと勉強を続けられるかな」というところで休憩します。

そうすると短時間で復活できます。

だまされたと思ってやってみてください。

 

上手な人は「30分勉強したら休憩」「45分勉強したら休憩」というように勉強する時間を区切っています。

30分や45分など時間がきたら音が出るタイマーを設定して、音がなったら強制的に15分休憩するなども有効です。

こまめに休憩する方が集中力が高い状態を長時間維持できます。

 

勉強のコツ②眠いときは15分寝る

どうしても眠い場合は15分睡眠がおすすめです。

ウトウトしながら勉強すると暗記できないので、寝たほうが良いです。

ただし、2時間や3時間寝てしまうと大切な勉強時間が大幅に削られてしまいます。

また、長時間の睡眠はかえって疲れてしまいます。

頭も寝ている状態なので、起きてから勉強できる状態になるまでにさらに時間がかかります。

15分睡眠は想像以上に頭がスッキリして、集中力を高めることができます。

 

勉強のコツ③電車通勤の人はアプリで勉強

電車通勤している人は通勤時間も勉強に有効に使いましょう。

立って電車に乗っている場合や満員電車だと、なかなか本を開いて勉強できないですよね。

今は一級建築士の勉強向けにアプリがあるため便利です。

無料アプリもあるため、まずは気軽にダウンロードしてみましょう。

アプリであれば片手で指一本で勉強できるので、電車通勤に向いています。

 

独学で学科試験の勉強するなら教科書と過去問を両方勉強する

前述のとおり、近年の学科試験は過去問の勉強だけでは合格できません。

過去に出題されたことがないような新しい問題が多くなっているからです。

独学で勉強するなら過去問だけでなく、教科書で基礎を勉強しましょう。

教科書で基礎を勉強しておけば、過去問にない問題でも基礎知識から応用して問題を解くことができます。

教科書を勉強するときは知的探求心を大切にしましょう。

教科書に書いてある基礎から「こういう場合はどうなんだろう?」と興味・疑問を持つことが重要です。

興味・疑問をもったことは調べて知識を深めましょう。

過去問中心で勉強している人はこうした応用問題が解けないため、ライバルに差をつけることができます。

学科試験の勉強の流れは下記がおすすめ。

  1. まずは教科書を読む
  2. 過去問をくりかえす(過去5年~7年分)
  3. 過去問を解いていてわからないところは教科書に戻って再度勉強
  4. 教科書で興味・疑問をもったところを自分で調べながら勉強
  5. 試験が近づいたら過去問を繰り返して問題と答えを覚える

 

過去問はみんなが勉強することなので、過去問できちんと点数をかせげるようにしておくことも大切です。

 

一級建築士合格におすすめの学校

一級建築士合格におすすめの学校は下記などです。

  • 日建学院
  • 総合資格学院

 

前述のとおり学科試験は独学でも合格できますが、製図試験は学校に行かないと合格できません。

製図試験の合格者のほとんどが日建学院と総合資格学院だと思って良いでしょう。

一級建築士試験合格のノウハウが多くたまっているため、合格するためのコツをわかりやすく教えてくれます。

もちろん費用がかかりますが、学科試験に合格したら製図試験で落ちたくないですよね。

費用に余裕がある人は学科試験対策も日建学院や総合資格学院を検討してください。

過去問から今年出題される問題の予測も素晴らしいです。

学校に通うメリットは下記の2つでしょう。

  1. 独学より多くの費用がかかるため合格しないともったいない
  2. ライバルがいるため競争原理がはたらき点数が伸びる

 

①も②も独学にはないメリットです。

独学よりもストレス・プレッシャーがかかりますが、合格率は高くなります。

 

一級建築士にどうしても合格したい人へ

これまで説明してきましたとおり、一級建築士試験はきちんと勉強すれば合格できる試験です。

本気で一級建築士に合格したい人は「できる理由」を考えるものです。

  • 仕事が忙しいから、どうやって勉強時間を作るか?
  • 勉強する時間がないから、どこか削れる時間はないか?

 

場合によっては、一級建築士に合格するには一時的に何かを捨てなければいけないかもしれません。

飲みに行く回数を減らしたり、休日にゆっくり休む日を減らしたり、何かを捨てないと一級建築士資格は手に入らないかも。

最後まであきらめずに「合格するまで続けた人」が一級建築士に合格する人です。

勉強すれば合格できる資格なので、あきらめずに合格を目指しましょう。

 

一級建築士と他の資格の難易度比較

建物

一級建築士取得を考える人なら、他の資格も気になりますよね。

色々な資格と一級建築士試験の難易度を比較することで、受験する順番も考えたいですよね。

一級建築士と比較される資格の難易度比較をご紹介します。

一級建築士資格は国内のあらゆる資格の中でも難しい方で、建設系資格の中ではトップクラスの難易度です。

 

一級建築士と1級土木施工管理技士を比較すると一級建築士の方が難易度が高い

一級建築士と1級土木施工管理技士を比較すると、一級建築士の方が難易度が高いです。

理由は出題範囲です。

1級土木施工管理技士は土木のことが出題されますが、一級建築士は計画・環境・設備・法規・構造・施工と出題範囲が広いです。

より広い範囲の勉強が必要になる分、一級建築士の方が難易度が高いです。

難易度のイメージですが、1級土木施工管理技士と近い難易度は二級建築士です。

一級建築士はさらに難易度が高いです。

1級土木施工管理技士の難易度をくわしく知りたい場合は、1級土木施工管理技士の合格率や過去問から見る難易度を参考にどうぞ。

 

一級建築士と1級建築施工管理技士を比較すると一級建築士の方が難易度が高い

一級建築士と1級建築施工管理技士を比較すると、一級建築士の方が難易度が高いです。

一級建築士は製図試験があることと、1級建築施工管理技士よりも受験資格のハードルが高いです。

ちなみに、建設業界での評価も一級建築士の方が高いです。

「1級建築施工管理技士に合格した」というよりも「一級建築士に合格した」という方がすごい!と評価されます。

1級建築施工管理技士の難易度をくわしく知りたい場合は、1級建築施工管理技士の合格率や過去問や受験資格から見る難易度を参考にどうぞ。

 

一級建築士と第三種電気主任技術者(電検三種)を比較すると一級建築士の方が難易度が高い

一級建築士と第三種電気主任技術者(電検三種)を比較すると、一級建築士の方が難易度が高いです。

理由は受験資格です。

第三種電気主任技術者は合格率が低いですが、受験資格は「誰でも受験できる」です。

一級建築士の方が受験資格からみて難易度が高いといえるでしょう。

ちなみに、電気主任技術者の試験の難易度は、電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツにまとめています。

 

一級建築士と技術士を比較すると一級建築士の方が難易度が高い

一級建築士と技術士を比較すると、一級建築士の方が難易度が高いです。

技術士の合格率は15%台、一級建築士の合格率は12%台なので、合格率からみて一級建築士の方が難易度が高いです。

ただし、前述のとおり一級建築士の受験資格が変わることで、単純に一級建築士の方が難易度が高いとは言えないようになるでしょう。

 

一級建築士と建築設備士を比較すると圧倒的に一級建築士の方が難易度が高い

一級建築士と建築設備士を比較すると、圧倒的に一級建築士の方が難易度が高いです。

建築設備士の合格率は50%台です。

一級建築士の合格率10%台とは大きな違いですね。

ちなみに、建築設備士の試験の難易度については、建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?にまとめています。

 

まとめ【一級建築士の難易度は高いけど、あきらめずに勉強するのが重要】

リビング

一級建築士は合格率が低く、受験資格のハードルも高く、難易度も高い試験です。

ですが、建設業界で上を目指すなら必ず取得しておきたい資格です。

一級建築士はきちんと勉強すれば合格できる資格です。

途中であきらめずに勉強すれば取得できる資格なので、合格するまでトライしましょう。

 

今後は受験資格が変わるため、合格しやすくなる可能性があります。

時代の流れに乗って一級建築士を取得しましょう。

あなたの一級建築士合格の参考になればうれしいです!

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 左官技能士の試験内容を解説【1級・2級・3級の合格率や勉強方法】

    左官技能士の1級・2級・3級の合格率からみる難易度【取得するメリット】

  2. ショベルカー

    2級土木施工管理技士の難易度!合格率や過去問から分析してみた

  3. 造園技能士と造園施工管理技士の違い【あなたはどっちに向いてるか診断】

    造園技能士と造園施工管理技士の違い【あなたはどっちに向いてるか診断】

  4. 2級建築施工管理技士を取得する3つのメリット【勉強のコツも解説】

    2級建築施工管理技士を取得する3つのメリット【勉強のコツも解説】

  5. 2級土木施工管理技士の実務経験のごまかしは危険すぎる【取消になる】

    2級土木施工管理技士の実務経験のごまかしは危険すぎる【取消になる】

  6. 鋼管杭施工管理士の検定試験の内容を解説【合格率は4割くらい】

    鋼管杭施工管理士の検定試験の内容を解説【合格率は4割くらい】

  1. ノートとヘルメット

    未経験から現場監督になるには?【具体的な転職活動のコツを解説】

    2022.06.16

  2. 事務職

    建設業の事務職のきついところ8選【手に職がつくデスクワークも紹介…

    2022.06.16

  3. cadオペレーターの女性

    CADオペレーターに資格はいらないけど、取得していった方がいい

    2022.06.16

  4. 職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消します】

    職人から施工管理に転職する方法【施工管理の11の心配事を解消しま…

    2022.05.14

  5. CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    CADオペレーターが女性におすすめの理由5選【子育てと両立しやすい】

    2022.05.14

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト