CADオペレーターは何歳まで働けるのか【何歳でも。ただし挑戦必須】

CADオペレーターは何歳まで働けるのか【何歳でも。ただし挑戦必須】
考える女性
考える女性
CADオペレーターって何歳まで働けるの?

現在CADオペレーターをやってるけど、今後も安定して働けるのか不安…

 

できれば長く続けていきたいけど、どうすればいいかな?

今後のキャリア設計を知りたいです。

こういった不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • CADオペレーターは何歳まで働けるのかわかる
  • CADオペレーターで長く働くコツがわかる
  • 今後のキャリア設計がわかる

 

現在CADオペレーターで働く人にとって、「何歳までCADオペレーターで働けるか」は死活問題ですよね。

結論、CADオペレーターに年齢は関係ありません。

なぜなら、技術職だからです。

技術があれば、何歳でも求められる仕事です。

 

ただし、AIの進化などで将来性は気になるところだと思います。

今後、どうCADオペレーターとして働いていくかや、今後のキャリア設計のコツを解説します。

今後の参考にしてみてください。

CADオペレーターは何歳まで働けるのか

CADオペレーターは何歳まで働けるのか

結論、CADオペレーターは技術があれば何歳でも働けます。

CADスキルが高ければ、年齢に関係なく欲しがられるから。

いわゆる「手に職」の仕事なので、継続的にスキルアップしていけば何歳でも働けます。

 

事実、70代のCADオペレーターもいます

60代や70代のCADオペレーターがいるのも事実。

結論、CADスキルが高ければ何歳でも続けられる証拠ですね。

 

フリーランスCADオペレーターが増えていく可能性あり

なぜなら、終身雇用が崩壊してるから。

企業の寿命が個人の就業寿命より短いので、ずっと正社員でいるのは難しいでしょう。

 

経験者の正社員転職は40代までが現実的ですが、フリーランスは何歳でもできます。

事実、CADスキルがあればフリーランスでも食っていけるので、今後は「フリーランスのベテランCADオペレーター」が増えるかと。

 

反対に言うと、きちんとスキルを積み上げていかないと、フリーランスになったときに食っていけないかもしれません。

参考:在宅CADオペレーターの実態【3種類の在宅ワークスタイルも紹介】

ということで、次は「CADオペレーターで長く働き続けるコツ」を解説します。

 

CADオペレーターで長く働き続けるコツ

CADオペレーターで長く働き続けるコツ

考える女性
考える女性
たしかに、ずっと今のままCADオペレーターで働き続けるのは難しいかも…

どうすれば、長く安定してCADオペレーターを続けていけるかな?

結論、今後も長くCADオペレーターで活躍するコツは、下記の4つだと思います。

  1. 設計やデザインのスキルを身につける
  2. 設計者やクライアントと円滑なコミュニケーションができるようになる
  3. 上位資格を取る(建築士、インテリアデザイナーなど)
  4. 業務範囲を広げる(3DCADやBIMスキルの取得)

 

なぜなら、CADオペレーターの仕事は、一部AIに奪われていくから。

 

事実、2015年に野村総合研究所が『人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業』を発表し、AIに奪われる仕事の中に「CADオペレーター」が含まれています。

AIは単純作業が得意なので、単純作業しかしてないCADオペレーターは淘汰されるでしょう。

 

なので、上記4つのような「人間しかできないスキル」を身につけないと生き残れないかもしれません。

詳しくは、CADオペレーターの将来性は明るい【未来の姿を予測してみました】にまとめているので、参考にどうぞ。

 

【結論】時代に合わせて貪欲なキャリアアップが必要

結論として、時代に合わせてキャリアアップしていくしかないと思います。

なぜなら、未来は誰にも予測できないから。

 

AIの進歩は想像より早いかもしれないし、今までのようにCADオペレーターの仕事ができなくなる可能性もあるかもしれません。

結局、生き残るには「時代に合わせて変化する」しかないので、貪欲にキャリアアップしていくマインドが重要です。

 

スキルの掛け合わせは有効

CADオペレーターと別のスキルを身につけると、生き残れる可能性大です。

なぜなら、スキルを掛け合わせることで、貴重な人材になれるから。

 

例えば、下記のスキルの掛け合わせは有益かと。

  • CADオペレーター×建築士
  • CADオペレーター×デザイナー
  • CADオペレーター×インテリアデザイナー

 

このようにスキルを掛け合わせると「CADオペレーターしかできない人」に比べて圧倒的に有利なので、生き残れる可能性も高まりますよ。

結論、貪欲にキャリアアップしていきましょう。

 

CADオペレーターの今後のキャリア設計

CADオペレーターの今後のキャリア設計

考える女性
考える女性
でも、今後の人生がちょっと不安…

長く安定して生きていくには、どうしたらいいかなぁ?

結論、少しずつCADオペレーター以外のスキルを身につけてもいいかなと。

なぜなら、何が起こるかわからない時代だからです。

 

職業選択は個人の自由なので、例えば下記のようにCADオペレーターと無関係のスキルを身につけてもいいかもしれません。

  • 副業でプログラミングをやってみる
  • 副業でWebデザイナーをやってみる
  • 副業で動画編集をやってみる

 

万が一、CADオペレーターで食っていけなくなっても、人生は安泰です。

 

サッカー選手の本田圭佑さんも別スキルを身につけてる

サッカー日本代表の本田圭佑さんが、プログラミングを学んでいることが話題になりました。

参考:Findyブログ「エンジニアになるの?サッカーの本田圭佑選手がプログラミングを開始!ツイッターでの反応は?

 

業界トップクラスの人でも、他のスキルを身につける時代です。

  • ヒロミさん:トレーニングジム
  • 若槻千夏さん:絵本
  • 千秋さん:子供服

 

なども有名ですよね。

これだけビッグネームの人も他のスキルを取得して人生のリスクを分散してるので、一般の人もスキルの分散は必須かと思います。

 

せっかくの人生なので興味があることに挑戦すればOK

考える女性
考える女性
CADオペレーター以外のスキルを身につけるとか、大変そう…

難しく考える必要はなくて、興味あることを学べばいいだけです。

興味があることなら、楽しく学習できるから。

 

「好きこそものの上手なれ」でして、興味あることを始めるには良い時代であり、チャンスです。

一度きりの人生なので、CADオペレーター以外のスキルを身につけても面白いですよ。

 

在宅で稼げるスキルを身につけると人生のリスクが下がる

どうせスキルを身につけるなら、在宅で稼げるスキルが良いかと。

なぜなら、CADオペレーターの仕事と両立しやすいからです。

 

前述のとおりフリーランスCADオペレーターが増えると思うので、在宅勤務の人が増えるでしょう。

在宅でできる副業なら、時間配分を自由に稼げます。

 

例えば、下記みたいな感じ。

  • 昼間:CADオペレーターの仕事
  • 夕方以降:プログラミング

 

具体的には下記がおすすめ。

  • プログラミング
  • Webデザイナー
  • 動画編集
  • Webライター

 

スキルを身につけて、CADオペレーターと同じくらい稼ぐことも可能です。

収入は2つになるし、収入も増えるので、人生の不安ごとが激減しますよ。

 

まとめ【CADオペレーターは何歳まででも働けるけど、スキルアップが前提】

まとめ【CADオペレーターは何歳まででも働けるけど、スキルアップが前提】

この記事をまとめます。

  • 技術があれば、何歳でもCADオペレーターを続けられる
  • 終身雇用が崩壊してフリーランスが増えるので、スキルアップは必須
  • AI時代に合わせて変化していかないと生き残れない
  • CADオペレーターと何かを掛け合わせると貴重な人材になれる
  • 不安なら、CADオペレーターと無関係のスキルを身につけるのもアリ

 

CADオペレーターの未来予測は、CADオペレーターの将来性は明るい【未来の姿を予測してみました】も参考にどうぞ。

 

結論、挑戦しないと今の時代は安定しません。

※自転車を漕ぐのと一緒です。

 

貪欲にスキルアップしていけば人生は安定するので、挑戦あるのみですね。

今後のキャリア設計の参考になればうれしいです。

関連記事

  1. 現場監督と職人さんが喧嘩する5つのケース【イライラを減らす方法】

    現場監督と職人さんが喧嘩する5つのケース【イライラを減らす方法】

  2. まとめ【現場監督にふさわしい腕時計を買おう】

    現場監督あるある23選【わかるわかる!がありますよ】

  3. スマホを持つ女性

    現場監督の彼氏からLINEの返信がこない3つの理由

  4. 施工管理の写真の撮り方8つの注意点【撮影の便利ツールも紹介する】

    施工管理の写真の撮り方8つの注意点【撮影の便利ツールも紹介する】

  5. 現場監督がバックレたらパニックです【バックレられたときの対処法】

    現場監督がバックレたらパニックです【バックレられたときの対処法】

  6. 現場監督の腕時計にふさわしい5つの条件【腕時計6選も解説】

    現場監督の腕時計にふさわしい5つの条件【腕時計6選も解説】

  1. 施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】

    施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】

    2021.04.18

  2. 施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    2021.04.17

  3. 施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

    施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

    2021.04.11

  4. 施工管理から設計に転職は可能【ただし条件つき。3つのデメリットあり】

    施工管理から設計に転職は可能【ただし条件つき。3つのデメリットあ…

    2021.04.11

  5. 施工管理と設計のどっちに就職すべき?【メリットとデメリットを解説】

    施工管理と設計のどっちに就職すべき?【メリットとデメリットを解…

    2021.04.10

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建築設備のおすすめサイト