女性の施工管理のきついところ|良いところ3選も解説します

女性の施工管理のきついところ5選【良いところ3選も解説します】

考える女性
考える女性
女性の施工管理のきついところを知りたいな。

建設業界って男性の世界だから、女性でもやっていけるか不安だな…

あまりにキツそうだったら、他の仕事にしておこうかな…

きついところだけじゃなくて、施工管理の良いところも知りたいな。

あと、私は施工管理に向いてるのかな?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理の女性のきついところがわかる
  • 施工管理の女性の良いところがわかる
  • あなたが施工管理に向いてるかわかる

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

この記事では、女性の施工管理のきついところを解説します。

近年は徐々に女性の施工管理も増えていますが、やはりまだまだ少ないのが現状ですね。

たしかに、女性が施工管理で働くのは大変な面もあります。

ただし、大変な面だけでなく良いところもあるので、慎重に検討してみてください。

あなたが施工管理に向いてるかもわかるので、転職活動の参考に参考にどうぞ!

この記事の監修者

株式会社ワット・コンサルティング

施工管理の技術者派遣を行う会社。これまで1500名以上の未経験者を施工管理として育成した実績あり。

  • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
  • 有料職業紹介事業許可番号 13- ユ-304267
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-1) 第150734号

女性の施工管理のきついところ

女性の施工管理のきついところ5選

女性の施工管理のきついところは、下記のとおりです。

  1. 建設業界は男性主体
  2. 女性には体力的にきつい
  3. 男性同士の殴り合いのケンカもある
  4. 結婚や子育てと両立しにくい

1つずつ解説しますね。

建設業界は男性主体

建設業界は男性主体の業界です。

なので、女性が働きにくい面があります。

具体的には下記の点がきついところ。

  • 男性と同じ扱い
  • 男性に怒鳴られるとけっこう怖い

まだまだ女性に完全に開かれた業界ではないので、きついと感じることがあります。

女性には体力的にきつい

施工管理は長時間労働なので。

朝7時くらいに出勤して、21時にくらい退勤するイメージです。

繁忙期になると深夜まで帰れないこともあります。

体力のある男性でもきついのに、女性にはかなりきついです。

体力的なきつさ以外だと、下記もきついところですね。

  • 日焼けする
  • 冬の外仕事は体が冷える
  • ときに重いものを持つこともある

結論、女性にはきつい部分があります。

男性同士の殴り合いのケンカもある

男性の職人さん同士が、殴り合いのケンカを始めることもあります。

意見の相違や、人間関係のいざこざなどが原因ですね。

男性の本気のケンカは、近くで見ると怖いもの。

女性の施工管理が男性のケンカを止めるのは、なかなか危険なものですよ。

詳しくは、現場監督と職人さんが喧嘩する5つのケース【イライラを減らす方法】をどうぞ。

結婚や子育てと両立しにくい

なぜなら、とても忙しい仕事だからです。

前述のとおり、朝7時から21時まで仕事だと、結婚生活や子育てと両立は難しいですよね。

もちろん産休や育休はありますが、仕事復帰できない女性の施工管理もいます。

女性の施工管理の良いところ3選

女性の施工管理の良いところ3選
考える女性
考える女性
女性の施工管理のきついところはわかった。

じゃあ、良いところも知りたいな。

女性の施工管理ならではの良いところは、下記の3つですね。

  1. 現場で可愛がられることも多い
  2. 施工管理サポートという働き方もある
  3. 手に職がつく

こちらも1つずつ解説します。

①現場で可愛がられることも多い

女性の施工管理は、現場の男性たちに可愛がってもらえることが多いです。

なぜなら、女性は貴重だから。

男性だらけの職場に女性が1人いるだけで、男性たちも頑張って仕事をしてくれるものです。

わからないことを職人さんに聞くと、丁寧に教えてくれることもありますよ。

②施工管理サポートという働き方もある

近年注目されてるのは、「施工管理サポート」という新職種です。

言葉のとおり「施工管理をサポートする仕事」ですね。

メインの仕事内容は、事務作業です。

  • 各所への連絡
  • 書類作成
  • 現場の写真整理

などを行うため、女性でも働きやすい仕事です。

施工管理がきつそうなら、「施工管理サポート」で働く手もありますよ。

施工管理サポートについては、施工管理は未経験の女性でも始められる【施工管理サポートもあり】にまとめてます。

③手に職がつく

最大のメリットは、手に職がつくことですね。

施工管理は技術職なので。

仮に会社を辞めても、すぐに他の会社に転職できるので、施工管理の実績を積むほど人生が安定します。

「施工管理技士」という国家資格を取得すれば、さらに転職が有利になるし、年収も上がりやすいです。

詳しくは、下記の2記事をどうぞ。

あなたが施工管理に向いてるか診断

あなたが施工管理に向いてるか診断
考える女性
考える女性
女性の施工管理の、きついところと良いところはわかった。

で、私は施工管理に向いてるのかな?

あなたが施工管理に向いてるかは、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】を読むとわかります。

30問のチェック項目があるので、10個以上あてはまれば、あなたは施工管理に向いてると思います。

適職診断だと思ってどうぞ。

施工管理の仕事内容を確認しておこう

考える女性
考える女性
ちなみに、施工管理ってどんな仕事するの?

施工管理の具体的な仕事内容は、下記のとおりです。

  • 施工計画の作成
  • 工程管理
  • 安全管理
  • 原価管理
  • 品質管理
  • 出来形管理
  • 書類作成など事務作業

詳しくは、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説【未経験者向け】にまとめてます。

未経験から施工管理に転職するコツ

考える女性
考える女性
あと、未経験から施工管理に転職するにはどうしたらいいの?

結論、研修がしっかりしている会社に転職しましょう。

未経験なので、研修がしっかりしてないと現場で通用しないから。

できれば2ヶ月くらいの新人研修がある会社がおすすめです。

ワット・コンサルティングは60日間の新人研修ありで定着率83.2%

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは下記の6つ。

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 優良派遣事業者に認定されている
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 60日間の研修で基礎をしっかり学べる(研修期間の長さは業界平均の2倍)

60日間の新人研修があるため「しっかりと基礎を学んでから働きたい!」という人に合っていると思います。

転職活動の情報収集に活用してみてください。

施工管理への転職の失敗を防ぐコツ

さらに、未経験から施工管理への転職に失敗しないコツは以下の9つです。

失敗を防ぐコツ

  1. 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 未経験者OKの求人情報に絞る
  3. 転勤の有無をチェックする
  4. 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  5. 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  6. ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  7. 型に沿って志望動機を作る
  8. 型に沿って自己PRを作る
  9. 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しくは、未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9ステップにまとめたので、参考にしてみてください。

まとめ|女性の施工管理はきついけど良いところもあります

まとめ【女性の施工管理はきついけど、良いところもありますよ】

最後にもう一度、女性の施工管理のきついところをまとめておきますね。

  1. 建設業界は男性主体
  2. 女性には体力的にきつい
  3. 男性同士の殴り合いのケンカもある
  4. 結婚や子育てと両立しにくい

そして、女性の施工管理の良いところは下記の3つです。

  1. 現場で可愛がられることも多い
  2. 施工管理サポートという働き方もある
  3. 手に職がつく

本気で施工管理に転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

60日間の新人研修でしっかり学べるため、未経験者さんには安心かと。

転職活動の情報収集に活用してみてください。

あとは行動あるのみです。

あなたの転職に参考になれば幸いです!

関連記事

  1. まとめ【現場監督にふさわしい腕時計を買おう】

    現場監督あるある23選【わかるわかる!がありますよ】

  2. 高卒でも施工管理に転職は可能【年収アップできるし手に職もつく】

    高卒でも施工管理に転職は可能|収入アップできるし手に職もつく

  3. 建設コンサルタントと施工管理の違い【どっちに向いてるかわかる】

    建設コンサルタントと施工管理の違い|どっちに向いてるかわかる

  4. 施工管理経験者なら50代でも転職できる【3つの転職活動方法も解説】

    施工管理経験者なら50代でも転職できる|3つの転職活動方法も解説

  5. 土木で独立するメリットとデメリット【失敗しやすい4つのパターンも解説】

    土木で独立するメリットとデメリット|失敗しやすい4つのパターンも解説

  6. リフォームの施工管理の仕事内容【楽しいところときついところも解説】

    リフォームの施工管理の仕事内容|楽しいところと大変なところも解説

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのNG逆質問も紹介

    施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのN…

  2. 施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選も紹介

    施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選…

  3. 施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

    施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避す…

  4. 道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資格5選を紹介

    道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資…

  5. 杭工事における施工管理の流れ|注意点とおすすめの…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト