施工管理の女性は結婚できる人も多い【結婚後のキャリアプランも解説します】

施工管理の女性は結婚できる【結婚後のキャリアプランも解説します】
考える女性
考える女性
施工管理の女性は結婚できるの?

施工管理に就職を考えてるけど、一応、結婚のことも考えておきたい。

 

忙しい仕事って聞くけど、家庭と両立できるのかな?

結婚後のキャリアプランも知っておきたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理の女性も結婚できるとわかる
  • 施工管理の女性の結婚後のキャリアプランがわかる
  • 結婚後も家庭と仕事を両立できるのか?

 

結論、施工管理で結婚している女性はたくさんいます。

ただし、施工管理は忙しい仕事なので、結婚後に家庭との両立がネックですね。

出産→育児の期間は子育てに集中したいと思うので、その後のキャリアプランも解説します。

 

ちょっと未来の話になりますが、女性の施工管理が家庭と両立しやすくなるかもしれませんよ。

人生設計の参考にしてみてください。

施工管理の女性は結婚できる人が多い

施工管理の女性は結婚できる

結論、施工管理の女性は、結婚している施工管理人がたくさんいます。

ケースバイケースではありますが、基本的に施工管理の女性はモテやすいです。

 

施工管理の女性はモテる

なぜなら、建設現場は男性ばかりだからです。

やはり女性が1人いるだけで注目されますし、自然とモテてしまうケースは多いですよ。

会社の人や、現場の職人さんに告白されて、結婚までいく人もいます。

女性の割合は1割未満なので、結婚できる可能性は高くなると思います。

 

施工管理は忙しいけど、出会いは現場にたくさんある

婚活しなくても、現場には男性ばかりです。

「出会いたい」と思わなくても毎日出会いだらけなので、仕事をすれば結婚できるチャンスは広がります。

施工管理の仕事は忙しいですが、婚活の時間を割く必要はあまりないかなと。

 

建設業界の男性と結婚するメリット

結論、建設業界の男性と結婚するのは、メリットが大きいです。

なぜなら、仕事の理解があるから。

施工管理は下記のような仕事です。

  • 朝早い(7時くらいに出勤)
  • 夜遅い(21時くらいに退勤、繁忙期はもっと遅い)
  • 週休1日
  • 工期が迫ると休日出勤もある

 

このような働き方なので、建設業以外の男性から理解を得にくいケースがあります。

そうなると、同じ建設業界の男性の方が理解があるし、悩みも相談できるのでメリットが多いです。

 

結論、現場でたくさんの男性に混ざって仕事をしていれば、結婚はあまり問題ないかと思います。

※ただし、建設業界以外の男性と結婚したい場合は不利です。

 

結婚後の施工管理の女性のキャリアプラン

結婚後の施工管理の女性のキャリアプラン

考える女性
考える女性
施工管理の女性は結婚できる可能性が高いんだね。

結婚した後は、どんな働き方になるの?

家事や子育てと両立できるかな?

現実的には、結婚して出産すると、一度仕事を辞める女性が多いです。

前述のとおり施工管理は忙しい仕事なので、育児との両立が難しいから。

大手ゼネコンなら福利厚生がしっかりしているので、産休や育休を使えますが、中小企業だと一度退職するのが一般的ですね。

 

【大きなメリット】施工管理は技術職なので復職しやすい

結論、育児で一度退職しても、復職しやすいので安心してください。

なぜなら、施工管理は技術職だから。

建設業界では施工管理人材が不足しているため、施工管理経験があれば引っ張りだこですよ。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

 

いわゆる「手に職」の仕事なので、復職は問題なし。

独身のうちに実務経験を積んでおけば、育児がひと段落したときに転職しやすいです。

 

施工管理技士を取得しているとさらに復職が有利

施工管理の国家資格である「施工管理技士」を取得していると、さらに復職が有利です。

なぜなら、どの建設会社も施工管理技士が喉から手が出るほどほしいから。

施工管理技士がいると、建設会社には下記のメリットがあります。

  • 工事を多く受注できる→売上が上がる
  • 公共工事を受注しやすくなる

 

なので、独身のうちに施工管理技士を取得しておくと、キャリアプランとしてはかなり有利です。

可能であれば、早めに施工管理技士を取得しておきましょう。

施工管理技士の資格については、施工管理技士の資格の種類や試験の難易度にまとめてます。

 

ワークライフバランスを考慮して技術者派遣で働くのもアリ

考える女性
考える女性
復職するにしても、家庭とのバランスは大事にしたいな。

という人は、「技術者派遣」という働き方もありますよ。

技術者派遣とは、技術者派遣の会社の正社員として雇用されて、働く現場は他の建設会社の現場という働き方です。

 

技術者派遣は残業するほど残業代が発生するので、派遣を依頼した建設会社はあまり残業してほしくありません。

結果、早めに帰れる日が多くなるので、家庭とのバランスを取りやすくなります。

※もちろん現場によりますが。

 

希望の働き方を派遣会社に伝えることで、できるだけ家庭と両立しやすい現場に派遣してもらえるケースもあります。

結論、復職後の働き方は選択肢があるので、家事や子育てと両立できる方法を選択しましょう。

ちなみに施工管理の技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?にまとめてます。

 

施工管理サポートで働く方法もある

近年は「施工管理サポート」という、女性向きの仕事も誕生しています。

その名のとおり「施工管理をサポートする仕事」で、主に事務職を担当します。

仕事は事務所内が多いため、女性でも働きやすい働き方ですね。

 

施工管理の経験があれば施工管理サポートに転職しやすいので、結婚後の働き方を調整することもできるでしょう。

施工管理サポートについては、施工管理は未経験の女性でも始められる【施工管理サポートもあり】にまとめてます。

 

結婚した女性の施工管理は家庭と両立できるのか?【IT化がカギ】

結婚した女性の施工管理は家庭と両立できるのか?【IT化がカギ】

考える女性
考える女性
でも、施工管理ってやっぱり忙しそうだし、家庭と両立できるか不安だなぁ…

ちょっと未来の話ですが、施工管理の女性がさらに仕事と家庭を両立しやすい時代がくるかもしれません。

その理由は「建設業界のIT化」です。

 

建設業界はIT化が遅れている業界で、人がやる業務がまだまだ多いです。

ですが、IT化が進まないといつまでたっても人が仕事をしなければいけないので、建設業界では国が主張でIT化を進めています。

 

技術開発はどんどん進んでおり、最近だと「施工管理アプリ」などが流行っています。

施工管理の仕事はマルチタスクなので、アプリに情報を管理してもらうことでミスを減らせます。

 

IT化が進んだ施工管理の未来の姿【※予測です】

IT化が進むと、施工管理の仕事は下記のようになるかもしれません。

  • ロボットが朝礼してくれる→出勤が遅くてよくなる
  • 現場教育をペッパーくんがやってくれる→仕事が楽になる(すでにあります)
  • 最適な工程をAIが自動計算してくれる
  • ドローンが高所の工事チェックをしてくれる→手間が減る
  • 過去の工事データから最適解をAIが提案してくれる
  • VRで完成形を職人さんやお客様と共有しやすい
  • 建設ロボットが24時間自動運転で工事が早く終わる→早く帰れる

 

結論、女性が家庭と両立しやすくなるかもしれませんよ。

建設業界のIT化については、ICTが建設業界で進んでます【機械の事例やメリットと課題も解説】にまとめてます。

 

建設業界で働き方改革が進んでいる

ちなみに、建設業界でも働き方改革は進んでいます。

国が主導なので、業界全体で「働きやすい業界」を目指してる感じですね。

具体的には下記のとおり。

  1. 残業代の上限が設定される:2024年から。1ヶ月45時間、1年360時間
  2. 週休2日制の導入:2021年度末までに。
  3. 無理な工期の禁止:残業や休日出勤が減る

 

残業時間の上限ができて、週休2日になれば、家庭と両立しやすくなりますよね。

「無理じゃないか?」という意見もありますが、事実、残業を短くしたり、週休2日を導入している建設会社が増え続けています。

 

今後は、女性も働きやすくなるかと。

建設業界の働き方改革については、働き方改革は建設業では無理なのか?【でもやらないとマズい】にまとめてます。

 

まとめ【施工管理の女性は結婚できる人が多いし、今後は家庭と両立できるかもしれない】

まとめ【施工管理の女性は結婚できるし、今後は家庭と両立できるかもしれない】

この記事をまとめます。

  • 施工管理の女性は結婚できる。むしろモテる。
  • 技術職なので、出産後も復職しやすい
  • 施工管理技士の資格があると、復職はさらに有利
  • 技術者派遣や施工管理サポートなど、女性にうれしい働き方もある
  • IT化や働き方改革で、施工管理の女性がさらに働きやすくなるかも

 

あなたの就職の参考になれば幸いです。

 

ちなみに、下記も施工管理の女性向けの記事なので、参考にどうぞ。

 

ちなみに弊社メルマガでも、たまに女性向けの優良な施工管理の求人情報を配信することがあります。

メルマガ会員しか見れない掘り出し物求人もあるので、できるだけ良い求人がほしい人はメルマガ登録をどうぞ。

 

求人情報以外にも、施工管理に役立つノウハウを無料配信しているので、施工管理に就職を考えるなら情報収集にどうぞ。

メルマガ

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、女性が働きやすい施工管理の求人を掲載しています。

就職の情報収集にどうぞ。

あなたの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 現場監督は暇じゃない【あんまり激務じゃない働き方も解説】

    現場監督は暇じゃない【あんまり激務じゃない働き方も解説】

  2. 施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

  3. 建設コンサルタントとはをわかりやすく解説【大手ランキングや年収】

    建設コンサルタントとはをわかりやすく解説【大手ランキングや年収】

  4. 施工管理

    施工管理の志望動機の例文!実務経験を職務経歴書にどう書く?

  5. 施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

    施工管理の原価管理とは【具体的なやり方や必要な5つのスキルも解説】

  6. 土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】

    土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】

  1. 現場監督の忙しい時期は工事前後と3月・9月【忙しい会社を避けるコツ】

    現場監督の忙しい時期は工事前後と3月・9月【忙しい会社を避けるコ…

    2021.09.07

  2. 現場監督は夜勤をすることもある【ただし夜勤の日は給料アップします】

    現場監督は夜勤をすることもある【ただし夜勤の日は給料アップしま…

    2021.09.07

  3. 【例文あり】施工管理の面接でよくある質問と答え方【詰まってもOK】

    【例文あり】施工管理の面接でよくある質問と答え方【詰まってもOK】

    2021.09.05

  4. 【収納重視】現場監督におすすめの車9選【選ぶときの3つの注意点】

    【収納重視】現場監督におすすめの車9選【選ぶときの3つの注意点】

    2021.08.04

  5. 【無料あり】施工管理技士の勉強におすすめのアプリ【合格の7つのコツ】

    【無料あり】施工管理技士の勉強におすすめのアプリ【合格の7つのコ…

    2021.08.03

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト