施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方法

施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方法
考える男性
考える男性

施工管理は食いっぱぐれがないと聞くけど、本当なのかな?

未経験でも食いっぱぐれないのか不安…

食いっぱぐれがない状態を目指す方法を知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかること

  • 施工管理は食いっぱぐれないと言われる3つの理由
  • 施工管理で手に職をつけた人の年収相場
  • 10年後も食いっぱぐれない施工管理になる3つの方法
  • 施工管理の仕事についていく3つのコツ
  • 施工管理の仕事に挫折しないコツは研修にある

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

施工管理は「食いっぱぐれない仕事」と言われています。

技術職で、今後も需要も大きいからです。

重要

終身雇用は崩壊したと言われているため、手に職をつけたいですよね?

食いっぱぐれたくない人は、施工管理に転職してみましょう。

施工管理でスキルアップすると、年収も高くなります。

中には年収1000万円以上を稼ぐ施工管理もいます。

この記事では、食いっぱぐれない施工管理になる方法や、挫折しないコツも解説するので、最後まで読んでみてください!

施工管理は食いっぱぐれないと言われる3つの理由

「施工管理は食いっぱぐれない」と言われる理由は、以下の3つです。

食いっぱぐれない理由

  1. 建設業界の仕事はなくならないから
  2. 施工管理が不足しているから
  3. 専門性の高い技術職だから

順に見ていきましょう。

建設業界の仕事はなくならないから

建設物がなくなることは考えにくいため、建設業界の仕事はなくならないでしょう。

新築工事が減ったとしても、修繕工事の需要があります。

戸建住宅を例にすると、新築とリフォームの推移は以下のとおりです。

出典:国土交通省|新設住宅着工戸数の推移(総戸数、持家系・借家系別)

出典:国土交通省|住宅リフォームの市場規模

住宅を建てる件数は横ばいでも、リフォームの市場は大きくなっています。

施工管理はリフォームや修繕工事も行うため、今後も食いっぱぐれがないでしょう。

施工管理が不足しているから

施工管理は人手が足りていないので、仕事がなくなる可能性は低いでしょう。

建設業の就業者数の推移は以下のとおりです。

出典:国土交通省|最近の建設業を巡る状況について

2021年に55歳以上で建設業に従事している人は、5〜10年後に引退する可能性があります。

そのため、施工管理は人手不足であり、今後も仕事がなくなることは考えにくいです。

専門性の高い技術職だから

施工管理は専門性の高い技術職なので、食いっぱぐれないでしょう。

具体的には、以下の専門知識とスキルが身につきます。

身につく専門知識

  • 建設工事の知識
  • 建設の法律の知識
  • 設計図面の知識
  • CADの知識など

身につくスキル

  • 交渉力
  • 統率力(リーダーシップ)
  • マネジメントスキル
  • コミュニケーション力
  • 危機管理スキル
  • トラブル解決スキル
  • マルチタスクスキル
  • スケジュール管理スキル
  • パソコンスキル(書類作成能力)

施工管理で身につくスキルは、施工管理で身につくスキル15選とスキルを身につけてできること4選にまとめています。

また、以下の職種へも転職できるので、潰しがきく仕事といえるでしょう。

広がる転職先

  • 設計事務所
  • CADオペレーター
  • 建設会社の営業マン
  • デベロッパー
  • 技術系の公務員
  • ビル管理
  • 都市再生機構


施工管理から転職したい場合のおすすめの異業種7選【転職のコツ】に詳しくまとめています。

考える男性
考える男性

施工管理で手に職をつけると、どれくらい稼げるの?

施工管理の平均年収は450万円ほどです。

参考:施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

そして、実務経験年数ごとの年収推移は以下のとおりです。

経験年数(勤続年数)年収
0年284万円
1〜2年338万円
3〜4年391万円
5〜9年431万円
10〜14年491万円
15〜19年538万円
20〜24年566万円
25〜29年643万円
30年以上657万円

参考:厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

実務経験を積んで、スキルアップしていくほど年収が上がっていきます。施工管理の年収推移は、20代の施工管理・現場監督の平均年収!給料を上げていく4つの方法を参考にどうぞ。

ポイント

大手ゼネコンでは、年収1000万円以上を稼ぐ施工管理もいます。参考:年収1000万円の現場監督9つの条件|給料アップする3つのコツ

このように、施工管理はスキルアップするほど年収が上がります。

前述のとおり需要も大きいので、食いっぱぐれる心配もなさそうです。

10年後も食いっぱぐれない施工管理になる3つの方法
考える男性
考える男性

10年後も食いっぱぐれない施工管理になるには、どうすればいいの?

結論、以下の3つを実践していきましょう。

ポイント

  1. まずは仕事の基礎を覚える
  2. 仕事の目標を決める
  3. 施工管理技士を取得する

1つずつ解説するので、転職後のイメージにしてみてください。

まずは仕事の基礎を覚える

転職したら、まずは仕事の基礎を覚えていきましょう。

仕事の覚え方

  • ググる
  • メモをとる
  • 職人さんにも聞いてみる
  • 図面と現場を見て覚える

施工管理の仕事の覚え方は、現場監督の仕事の覚え方7選【仕事に目標をもつと早く覚えられる】にまとめています。

仕事の目標を決める

目標をもって仕事を進めていきましょう。

目標があることで、ポジティブに仕事に取り組めて、スキルが身につくからです。

3年目の目標のイメージは以下のとおりです。

3年目の目標イメージ

  • 工程管理・安全管理・品質管理がある程度できる
  • 職人さん・施主・業者さんとある程度コミュニケーションがとれる
  • 朝礼やKYミーティングができる
  • ある程度トラブルを解決できる
  • 後輩の指導・育成

食いっぱぐれない施工管理になりたい人は、まず3年で上記の目標に向かって頑張ってみましょう。

施工管理の目標については、3年目の施工管理(現場監督)の目標の目安【やった方がいい3つのこと】を参考にしてみてください。

施工管理技士を取得する

施工管理の国家資格である「施工管理技士」を取得しましょう。

施工管理技士は現場に配置が必要な責任者なので、会社にとって貴重な人材になれます。

また、どの会社の施工管理技士を採用したいため、食いっぱぐれはないでしょう。

ポイント

施工管理技士を受験するには、所定の実務経験年数が必要です。

未経験者さんは、まず施工管理に転職して、実務経験を積んでいきましょう。

施工管理技士については、施工管理技士試験の難易度や資格の種類!各試験の難しい順も解説にまとめています。

施工管理の仕事についていく3つのコツ
考える男性
考える男性

食いっぱぐれない施工管理になりたいけど、仕事についていけるか不安…

施工管理の仕事についていくコツは、以下の3つです。

コツ

  1. わからないことは早めに聞く
  2. コミュニケーション能力を磨く
  3. 一日の業務を復習する

わからないことは早めに聞く

仕事でわからないことがあれば、早めに聞きましょう。

わからないままにしておくと、どんどん仕事についていけなくなるからです。

注意

わからないことが増えすぎると、何から聞いていいかわからなくなり、さらに仕事を覚えられません。

先輩や上司にどんどん質問して、早めに不明点を解消していきましょう。

コミュニケーション能力を磨く

コミュニケーション能力も勉強しておきましょう。

施工管理は以下のようにコミュニケーションが必要な仕事であり、コミュニケーション能力があれば仕事についていきやすいからです。

コミュニケーションが必要なシーン

  • 先輩に仕事の質問をする
  • 職人さんに指示を出す
  • 関連業者と打ち合わせをする
  • 近隣住民に工事の挨拶をする

職人さんとコミュニケーションをとるコツは、施工管理が職人さんとうまくコミュニケーションを取る13のコツ!人間関係を良好にを参考にどうぞ。

コミュニケーション能力を磨く方法は、普段のコミュニケーションも大切ですが、本で勉強するのも良いでしょう。

一日の業務を復習する

仕事が終わったら、一日の業務を復習しましょう。

一つ一つ仕事を覚えていかないと、同じミスをくりかえして仕事についていけなくなるからです。

コツ

仕事が終わったら、今日学んだことをメモにまとめるなど、しっかり勉強しましょう。

こうした努力を積み重ねていくことで、早く一人前になれます。

施工管理の仕事に挫折しないコツは研修にある
考える男性
考える男性

なんとなくわかるけど、やっぱり仕事についていけるか不安だなぁ…

挫折したらどうしよう…

結論、不安な人は研修がしっかりしている会社を選びましょう。

基礎を理解した上で働けるので、スムーズに施工管理の仕事を始められて、挫折しにくいからです。

ポイント

できれば2ヶ月くらいの新人研修がある会社を選びましょう。

給料や福利厚生も大切ですが、研修も会社選びの基準にすると安心です。

ワット・コンサルティングの研修は業界トップクラス

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングでは、60日間の新人研修をしており、業界トップクラスです。

ポイント

60日間の研修は、業界平均の約2倍です。

しっかりと基礎を身につけてから働きたい人におすすめです。

他にも、ワット・コンサルティングには以下の強みがあります。

ワット・コンサルティングの強み

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 優良派遣事業者に認定されている(派遣会社のうちわずか0.2%)

転職先候補の1つに加えてみてください。

まとめ|施工管理で食いっぱぐれないスキルを手に入れよう

くりかえしですが、施工管理は食いっぱぐれにくい仕事です。

食いっぱぐれない理由

  1. 建設業界の仕事はなくならないから
  2. 施工管理が不足しているから
  3. 専門性の高い技術職だから
考える男性
考える男性

施工管理で手に職をつけたいけど、仕事についていけるか不安…

という人は、研修がしっかりしている会社を選びましょう。

私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングでは、60日間の新人研修をしているため、しっかりと基礎を身につけてから働けます。

まずは施工管理に転職して、スキルを磨き、食いっぱぐれないスキルを身につけていきましょう。

あなたの今回の転職活動の参考になればうれしいです!

未経験_施工管理

関連記事

  1. 現場監督

    2年目の施工管理の大変さを克服する5つのコツ【辞めたくなったときの対処法】

  2. 建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

    建築学科が強い大学をまとめてみた【夢を叶えるために情報収集】

  3. みんなの転職理由10選【施工管理が転職するわけ】

    施工管理の転職理由10選【辞めた後の転職先の選び方も解説】

  4. 現場監督(施工管理)の服装と持ち物【服装はきちんとするべし】

    現場監督(施工管理)の服装と持ち物【服装はきちんとするべし】

  5. 年収1000万円の現場監督9つの条件【年収アップする3つのコツ】

    年収1000万円の現場監督9つの条件|給料アップする3つのコツ

  6. 施工管理のキャリアプラン6ステップ【面接での答え方も解説します】

    施工管理のキャリアプラン6ステップ【面接での答え方も解説します】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    2024.02.28

  2. 施工管理におすすめの髪型10選!ヘルメットにも合う髪型とは

    施工管理におすすめの髪型10選!ヘルメットにも合う髪型とは

    2024.02.27

  3. 施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

    施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

    2024.02.24

  4. 施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方法

    施工管理が食いっぱぐれない3つの理由|10年後も食いっぱぐれない方…

    2024.01.30

  5. 施工管理は帰宅時間が遅い?労働時間が長い5つの理由を紹介

    施工管理は帰宅時間が遅い?労働時間が長い5つの理由を紹介

    2024.01.27

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ【進め方5ステップも解説】

    2019.10.19

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減ら…

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット|やめとけと言…

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法38選

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト