施工管理の工程管理とは【あなたが工程管理に向いてるかも診断できる】

施工管理の工程管理とは【あなたが工程管理に向いてるかも診断できる】
考える男性
考える男性
施工管理の工程管理って何?

未経験だけど施工管理に転職を考えてて、仕事内容を知りたいんだよね。

ググったら「4大管理」って出てきて、工程管理のイメージができない。

具体的にどんなことするの?

果たして、僕に工程管理とか施工管理ができるかなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 施工管理の工程管理が何かわかる
  • 工程管理は、具体的にどんなことをするのかわかる
  • 工程管理ができるようになるまでのステップがわかる
  • あなたが工程管理や施工管理に向いてるかわかる

 

施工管理の仕事ってわかりにくいですよね。

仕事内容には主に下記の4つがあります。※4大管理などとも言われてます。

  1. 工程管理
  2. 原価管理
  3. 品質管理
  4. 安全管理

 

この記事では、工程管理について解説します。

※工程管理以外の仕事内容を知りたい人は、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】を参考にどうぞ。

工程管理とは、簡単にいうと「工事のスケジュールを作って、管理すること」です。

予定どおりに工事を進めるための仕事ですね。

具体的な工程管理のやり方や、工程管理ができるようになるまでのステップも解説します。

あなたが施工管理に向いてるかも解説するので、転職の参考にしてみてください。

 

施工管理の工程管理とは【スケジュール管理です】

施工管理の工程管理とは【スケジュール管理です】

施工管理の工程管理とは、工事のスケジュールを決めて管理しつつ、期限内に完成を目指す仕事のことです。

建設物は期限内に完成させないといけないため、工程管理は重要というわけですね。

 

【注意】工程管理をやらないと大きな損害が出る

工程管理をやらないと、下記の2つの損害が出ます。

  1. 完成が遅れて建設物を使えない
  2. 余計な人件費がかかって会社が儲からない

 

これではお客様にも会社にも損害が出てしまいます。

お客様も会社もメリットがあるようにするためにも、工程管理が必要です。

 

工事はスケジュール通りに進まない→工程管理が必要

どんなに素晴らしい工事のスケジュールを立てても、現実はスケジュール通りに工事は進みません。

理由は下記などがあります。

  • 天候悪化で工事が遅れる
  • 予期せぬトラブルが起きる
  • 事故が起きて工事が止まる

 

予定通りに工事が進んだら誰も苦労しません。

施工管理は、予定と現実のズレを修正していくのも仕事です。

そして、なんとか期限内に建設物を完成させる仕事です。

ちなみに、上記の「事故が起きて工事が止まる」ですが、現場の事故を防ぐための対策を「安全管理」と呼び、施工管理の重要な仕事の1つです。

安全管理については、施工管理の安全管理とは現場の事故を防ぐこと【4つの安全管理がある】で詳しく解説してます。

 

工程管理ができると4つのメリットがある

工程管理ができるメリットは下記の4つです。

  1. 期限内に完成できる→お客様にも会社にもGood
  2. コスト削減できる→ムダを省けるから
  3. 急なスケジュール変更に対応できる
  4. 品質の向上

 

最後の「品質の向上」ですが、工事の順番を考えること=品質(建設物)の向上につながります。

なぜなら、正しい手順で工事することで、良い建設物ができるから。

手順がデタラメだと、欠陥工事になるリスクがあります。

それを防ぐためにも工程管理が重要で、工程管理をすることでお客様満足度を上げることができます。

そして、お客様満足度が上がれば会社も儲かるし、あなたの評価も上がるというわけです。

ちなみに「品質の向上」は、施工管理の仕事の「品質管理」の分野でもあります。

品質管理については、施工管理の品質管理とは【未経験者さん目線でわかりやすく解説します】にまとめてます。

 

施工管理の工程管理で具体的にやること

施工管理の工程管理で具体的にやること

考える男性
考える男性
なんとなく工程管理の意味はわかったけど、具体的にどんなことをやるの?

施工管理の工程管理でやることは、「PDCA」で表されます。

PDCAとは、具体的に下記のとおり。

  • Plan:工事の計画を立てる
  • Do:実際に工事を始める
  • Check:予定通りに工事が進んでいるかチェック
  • Action:予定とズレがあれば修正する

 

PDCAを日本語でいうと、「試行錯誤」に近いかなと思います。

すごく簡単にいうと、下記のイメージですね。

  • 計画を立てて、
  • やってみて、
  • ズレがあれば修正していく

 

 

工程管理の中で決めていく3つのこと

工程管理の中で決めていくことは、下記の3つです。

  1. 必要な資材の調達
  2. 必要な重機や道具の調達
  3. 必要な人材を準備

 

工事のスケジュールを立てるだけでなく、スケジュールをこなすために必要なモノ・人を準備していくのも仕事ですね。

スケジュールを決めるときは、施工管理1人で決めることはありません。

当たり前ですが、業者さんの意見も聞いて決めていく感じです。

施工管理が勝手に作ったスケジュールで、工事ができるとは限らないですからね。

 

施工管理が使う2つの工程管理表

工程管理には「工程管理表」というスケジュール表を使います。

工程管理表には、主に下記の2つがあります。

  1. 横線式工程表
  2. ネットワーク工程表

 

横線式工程表は、縦軸が工事の項目、横軸が時間になっており、作業の順番や期間がわかる表です。

横線式工程表

出典:AnyONE

 

ネットワーク工程表は、工程を図式で表したものです。

ネットワーク工程表

出典:SKK施工管理研究室

ちなみに工程管理表を作るときは、下記のように期間ごとに工程を決めていきます。

  • 工事全体
  • 1ヶ月ごと
  • 2週間ごと
  • 1週間ごと

 

 

工程管理を作成するときのコツ

コツは、わざと空白期間を作ってスケジュールを組むことです。

工事の予定がズレても、空白期間があれば対応できるから。

空白期間のことは「フロート」と呼ばれ、工程表にも記載しておくイメージです。

 

施工管理の工程管理に必要な4つの力

考える男性
考える男性
工程管理をするには、どんなスキルが必要なの?

結論、下記の4つです。

  1. 逆算して考える力:スケジュールを立てるために必要
  2. コミュニケーション能力:周囲と協力してスケジュール調整するために必要
  3. 冷静さ:スケジュールがズレても慌てず対処するために必要
  4. 施工管理の経験:スケジュール感を想像するために必要

 

最後の「施工管理の経験」だけは、身につけるのに数年かかります。

でも、逆算して考える力・コミュニケーション能力・冷静さについては、施工管理に転職する前でも身につけることができると思います。

 

施工管理の工程管理ができるようになる5ステップ

施工管理の工程管理ができるようになる5ステップ

考える男性
考える男性
なんとなくのイメージはわかったけど、実際に工程管理ができるようになるまでは、どんなステップを踏んでいくの?

大まかに分けると、下記の5ステップで学んでいく感じです。

  1. 先輩の工程管理を見る
  2. 工程と現場の進み具合をみる
  3. 工程管理をやらせてもらう
  4. ある程度は失敗する
  5. 予想外の事態を経験する

 

1ステップずつ解説します。

 

【ステップ①】先輩の工程管理を見る

当たり前ですが、まずは見ないと感覚がわからないからです。

先輩の横について、工程管理の感覚から見ていきましょう。

工程管理表の書き方も勉強になります。

先輩の工程管理表を、自分でも同じように書いてみるのも良い練習です。

まずは見て慣れましょう。

 

【ステップ②】工程と現場の進み具合をみる

工程管理表と実際の現場を見比べてみましょう。

立てたスケジュールと現場との感覚をつかむためです。

  • どの工事にどれくらい時間がかかるのか
  • どの工事にどれくらい人が必要なのか
  • どの工事にどういう資材や重機が必要なのか

 

などなど、工程管理表と現場を見比べながら覚えていくと頭に入ります。

工事は現場がすべてなので、現場感も見て覚えていく感じです。

 

【ステップ③】工程管理をやらせてもらう

慣れてきたら、実際に工程管理をやらせてもらいます。

なんでもそうですが、実際にやってみないと身につかないですからね。

よく「わかるとできるは違う」と言われますが、勉強してきた割に、実際には手が動かないモノです。

そういう壁にぶつかりつつも、実際に工程管理をやってみることで覚えていきます。

 

【ステップ④】ある程度は失敗する

工程管理は、ある程度の失敗も重要。

これもなんでもそうですが、失敗しないとできるようにならないから。

先輩に見てもらいつつ、失敗しながら仕事を覚えていく感じですね。

正直、失敗するなら早いうちがいいですよ。

施工管理経験が浅いうちの失敗なら、「慣れてないから」でちょっと言い訳できるから。

ベテランになってから失敗するのは少し恥ずかしいので、最初にたくさん失敗するのがコツです。

※もちろん先輩に報連相は必須です。取り返しのつかない失敗は不要なので。

 

【ステップ⑤】予想外の事態を経験する

工程管理をしていると、必ず予想外の事態が発生します。

現場は生き物だし、何が起きるかわからないから。

ただ、こういった予想外の自体も「トラブルを乗り越える力」を身につけるためには、避けて通れません。

運よくトラブルがなく経験を積んでいっても、いつかは必ず予想外の事態が起きます。

そうしたトラブルを経験することで、経験値が上がっていき、一人前に施工管理になれます。

 

あなたが工程管理や施工管理に向いてるか診断【3つの特徴】

あなたが工程管理や施工管理に向いてるか診断【3つの特徴】

考える男性
考える男性
う~ん、なんとなく工程管理はわかったけど、僕にできるかなぁ…?

未経験から施工管理に転職を考えてるけど、できるか不安…

工程管理に向いてる人の特徴をまとめると、下記の3つです。

※先ほども紹介したのと似てますが。

  1. 逆算して考えられる人
  2. ある程度のコミュニケーション能力がある人
  3. トラブルが起きても冷静に対応できる人

 

2つ以上あてはまるなら、工程管理はやっていけるかと。

最初は大変ですが、徐々に慣れてくると思います。

 

【ちなみに】あなたが施工管理に向いてるか診断

工程管理だけでなく、あなたが施工管理自体に向いてるかも診断してみると良いかと。

詳しくは、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】で解説してます。

30項目のチェックリストがあり、10個以上に当てはまるなら施工管理に向いてる可能性アリです。

 

まとめ【施工管理の工程管理はスケジュール管理の仕事】

まとめ【施工管理の工程管理はスケジュール管理の仕事】

この記事をまとめます。

  • 施工管理の工程管理とは、工事のスケジュール管理の仕事
  • 工程管理はPDCAで進めていく
  • 先輩の仕事を見つつ、失敗やトラブルを経験して工程管理はできるようになる
  • 工程管理には逆算力、コミュニケーション能力、冷静さが必要

 

以上、施工管理の仕事内容の理解につながれば幸いです。

施工管理の仕事内容の全体像は、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】がわかりやすいと思います。

 

また、さらに施工管理の仕事のリアルを知りたい人は、弊社メルマガをどうぞ。

こちらのメルマガが基本的に現役の施工管理向けですが、未経験者さんが見てもイメージをつかむのに良いかと思います。

メルマガ

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」もあるので、具体的な求人を見たい人は情報収集にどうぞ。

あなたの転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

    施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

  2. 施工管理はやめとけと言われる5つの理由【就職してもいい人の特徴】

    施工管理はやめとけと言われる5つの理由【就職してもいい人の特徴】

  3. 建設と建築の違いを超わかりやすく解説【簡単な覚え方も紹介します】

    建設と建築の違いを超わかりやすく解説【簡単な覚え方も紹介します】

  4. CADオペレーターと設計の違いを表で比較【仕事内容の詳細も紹介】

    CADオペレーターと設計の違いを表で比較【仕事内容の詳細も紹介】

  5. プラント施工管理の仕事内容【激務なのかや、転職に有利な資格も紹介】

    プラント施工管理の仕事内容【激務なのかや、転職に有利な資格も紹介】

  6. 派遣のCADオペレーターの実態【時給相場や未経験者が働くコツ】

    派遣のCADオペレーターの実態【時給相場や未経験者が働くコツ】

  1. 施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】

    施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】

    2021.04.18

  2. 施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    施工管理から営業に転職は可能【ただし3つのデメリットがあります】

    2021.04.17

  3. 施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

    施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】

    2021.04.11

  4. 施工管理から設計に転職は可能【ただし条件つき。3つのデメリットあり】

    施工管理から設計に転職は可能【ただし条件つき。3つのデメリットあ…

    2021.04.11

  5. 施工管理と設計のどっちに就職すべき?【メリットとデメリットを解説】

    施工管理と設計のどっちに就職すべき?【メリットとデメリットを解…

    2021.04.10

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

施工管理に役立つメルマガ

建築設備のおすすめサイト