CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】
考える女性
考える女性
CADオペレーターの資格を知りたいな。

CADオペレーターに転職を考えてるけど、資格がある方が有利なのかな?

どんな資格があるんだろう?

 

あと、そもそも資格とった方がいいのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • CADオペレーター向けの8つの資格
  • CADオペレーター系の資格の勉強方法
  • 【結論】資格がなくてもCADオペレーターはできる

 

CADオペレーター系の資格を紹介します。

8つの資格があり、経験者向け・未経験者向けがあります。

資格を取得したい人は参考にしてみてください。

 

ただし、CADオペレーターは資格がなくても転職できます。

資格があると資格手当をもらえたり、転職がさらに有利になったりするので、必要に応じて取得しましょう。

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです(^^)

CADオペレーター向けの8つの資格

CADオペレーター向けの8つの資格

CADオペレーター向けの資格は、下記の8つです。

  1. CAD利用技術者試験
  2. 建築CAD検定
  3. オートデスク認定資格プログラム
  4. Vectorworks操作技能認定試験
  5. CAD実務キャリア認定制度
  6. CADデザインマスター
  7. 3次元設計能力検定試験
  8. 機械・プラント製図技能士

 

資格によって難易度や対象者が違うので、あなたに会う資格を選びましょう(^^)

 

①CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CAD系資格で一番有名な資格です。

建築系も機械系も網羅する、総合的なCAD資格といった感じです。

 

CAD利用技術者試験には、大きく分けて2つのジャンルがあります。

  • 2次元CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験

 

ようは、2次元CADと3次元CADの試験が分かれています。

3次元の方が難易度は上ですね。

 

資格の種類は下記のとおり。

  • 2次元CAD利用技術者試験基礎
  • 2次元CAD利用技術者試験2級
  • 2次元CAD利用技術者試験1級
  • 3次元CAD利用技術者試験2級
  • 3次元CAD利用技術者試験準1級
  • 3次元CAD利用技術者試験1級

 

誰でも受験できるのは、

  • 2次元CAD利用技術者試験基礎
  • 2次元CAD利用技術者試験2級
  • 3次元CAD利用技術者試験2級

 

の3つなので、初めての人はここから受けてみましょう。

合格率も比較的高めなので、きちんと勉強すれば合格できます。

 

CAD利用技術者試験については、

CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】に詳しくまとめているので、読んでみてください(^^)

CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

 

②建築CAD検定

建築CAD検定は、建築系に特化したCAD資格です。

准1級・2級・3級は、誰でも受験できるので初心者も挑戦できます(^^)

※4級は高校生のみ。

 

ただし、准1級のみ極端に合格率が低いので難関です。

准1級は、CAD業務で経験を積んでから受験しましょう。

 

建築系のみでやっていくつもりなら、建築CAD検定で十分です。

CADスキルを身につけて、業界問わず活躍したいならCAD利用技術者試験が良いですね。

 

建築CAD検定については、

建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】に詳しくまとめているので、読んでみてください(^^)

建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

 

③オートデスク認定資格プログラム

オートデスク認定資格プログラムは、AutoCADを作っている企業が主宰する資格です。

※Microsoftが主催するMOS資格みたいなものです。

 

世界中で受験されている資格なので、グローバルに活躍したい人は取得しておいていいかと。

 

最初は「オートデスク認定ユーザー」から受験しましょう。

初心者向けなので、簡単に合格できます。

AutoCADを操作する勉強にもなるので、一石二鳥です。

 

上級資格には「オートデスク認定プロフェッショナル」があり、高いスキルの証明になります。

 

試験は4月と10月の年2回です。

試験に合格すると、すぐに証明書が発行されます。

 

詳しくは、オートデスク認定資格プログラムのホームページを見てみてください(^^)

 

④Vectorworks操作技能認定試験

CADソフトを開発しているVectorworksが主催する資格です。

内装やインテリアのCAD設計に強いソフトです。

 

資格の種類は、

  1. ベーシック
  2. マスター

 

の2種類で、マスターはベーシック合格者しか受験できません。

なので、最初はベーシックから受験しましょう。

 

パソコンで受験できるので、いつでもどこでも受験が可能です。

2人に1人くらいは合格できるので、きちんと勉強すれば大丈夫。

 

ベーシックは、ホームページ上で試験の体験もできるので対策しやすいです。

 

受験料は下記のとおりです。

  • ベーシック:3240円
  • マスター:12960円

 

参考:エーアンドエー株式会社

 

⑤CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度も、CADの総合的な資格です。

  • CADアドミニストレーター認定試験
  • 3次元CADアドミニストレーター認定試験
  • 3次元CADトレーサー認定試験

 

の3種類があり、最初はCADアドミニストレーター認定試験から受験すると良いですね。

 

誰でも受験できますし、自宅で受験が可能です。

※試験は9月と2月

しかも、試験中に参考書を見ることもできます。

 

3次元の試験問題は、実技試験の他に「事前課題」もあります。

 

受験料は下記のとおり。

  • CADアドミニストレーター認定試験:7300円
  • 3次元CADアドミニストレーター認定試験:10500円
  • 3次元CADトレーサー認定試験:13600円

 

自宅受験ができるので、気軽に受験してみるのも良いでしょう(^^)

参考:CAD検定部会/NPO法人日本学び協会

 

⑥CADデザインマスター

CADデザインマスターは、建築や製造問わず広いジャンルの知識の資格です。

自宅で受験できるので、気軽に挑戦できるのも良いところ。

受験資格も特にないので、誰でも受験できます。

 

合格基準は、70%以上の正答です。

受験料は10000円となっています。

 

ジャンルが広いので、難易度はちょっと高めです。

CAD利用技術者試験に合格した後とかで良いかと。

参考:日本デザインプランナー協会

 

⑦3次元設計能力検定試験

3次元設計能力検定試験は、文字通り3DCAD向けの資格です。

試験には、

  • 3次元CADコース
  • 図面作成コース
  • プロ設計者コース

 

の3種類があります。

 

プロ設計者コースが、一番難しいですね。

受験資格は特にないので、3DCADのスキルアップをしたい人は受験してみましょう。

 

受験料は下記のとおりです。

  • 3次元CADコース:8000円
  • 図面作成コース:10000円
  • プロ設計者コース:15000円

 

試験は5月と11月の年2回です。

参考:特定非営利活動法人3次元設計能力検定協会

 

⑧機械・プラント製図技能士

機械・プラント製図技能士は、CAD系資格で唯一の国家資格です。

文字通り、機械やプラントのCAD系資格です。

 

試験には下記の3種類があります。

  • 機械製図手書き作業(1・2・3級)
  • 機械製図CAD作業(1・2・3級)
  • プラント配管製図作業(1・2級)

 

受験資格もあるため、経験者向けの資格です。

  • 1級:実務経験7年以上
  • 2級:実務経験2年以上
  • 3級:実務経験半年以上

 

試験は学科と実技があります。

試験は2月にしかないため、1年に1回しか受験のチャンスがありません。

 

合格率も30%ほどしかないため、けっこう難しい試験です。

 

受験料は学科と実技で分かれていて、下記のとおり。

  • 学科試験:3100円
  • 実技試験:17900円

 

参考:技のとびら

 

CADオペレーター系の資格の勉強方法

CADオペレーター系の資格の勉強方法

CADオペレーター系資格の勉強方法は、過去問中心の勉強でOKです。

多くの資格では、過去問を中心に出題されるからです。

 

独学するなら、

  • 過去問集
  • わかりやすいテキスト(参考書)

 

を買って、繰り返し勉強しましょう。

 

たくさんの問題集やテキストを買うと、かえって知識が定着しにくいので購入する本は少なくてOK。

 

また、多くの試験では実技試験があるので、無料のCADソフトをパソコンにインストールしておきましょう。

近年は、CAD系のYoutube動画も増えてきたので、Youtubeで勉強するのも効果的です。

 

スクール・通信講座・職業訓練校で勉強することもできる

独学が苦手な人は、

  • スクール
  • 通信講座
  • 職業訓練校

 

で勉強することもできます。

 

ただし、スクールと通信講座は有料。

職業訓練校は無料ですが、就職活動とセットです。

あなたに合う勉強方法でやってみましょう(^^)

 

【結論】資格がなくてもCADオペレーターはできる

【結論】資格がなくてもCADオペレーターはできる

考える女性
考える女性
CADオペレーターで働くには、資格が必要なの?

と思うかもしれませんが、結論、資格はなくても大丈夫です。

CADオペレーターで評価されるのは、資格ではなくスキルだからです。

 

無資格だけど、スキルがあって転職に困らないCADオペレーターがいるのも事実。

資格はあくまでも補足的なもので取得しましょう。

 

資格を取得するメリットは、下記の2つです。

  1. 業務の勉強になる
  2. 転職のとき、ちょっと有利になる

 

資格はなくてもいいですが、CADオペレーターとしてキャリアアップしたいなら取得してみましょう(^^)

 

まとめ【CADオペレーターの資格は8つ】

まとめ【CADオペレーターの資格は8つ】

この記事をまとめます。

  • CADオペレーター系の資格は8つある
  • 最初はCAD利用技術者試験でOK
  • 建築系で働くなら建築CAD検定が良い
  • 勉強方法は過去問中心。必要に応じてスクールや通信講座
  • 資格がなくてもCADオペレーターはできる

 

CADオペレーター系の資格を知りたいあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、資格を取得すると資格手当をくれる会社もあります。

資格手当の有無を確認してから、資格を取るのが良いかもですね(^^)

 

CADオペレーターの資格手当や年収については、

CADオペレーターの年収・給料【年収を上げる方法も解説】にまとめています。

CADオペレーターの平均年収・給料【年収を上げる方法も解説】

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 現場監督の資格は施工管理技士【未経験者がブラックを避ける方法】

    現場監督の資格は施工管理技士【未経験者がブラックを避ける方法】

  2. ショベルカー

    2級土木施工管理技士の難易度!合格率や過去問から分析してみた

  3. 戸建

    二級建築士の難易度!合格率や受験資格から分析してみた

  4. 技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

  5. お金

    一級建築士の年収や給料!収入を上げる方法は?

  6. 建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

  1. 新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    新担い手三法について改正点をわかりやすく解説

    2020.02.17

  2. 技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    技士補はいつから?【答え:2021年から!どんな資格かも解説】

    2020.02.12

  3. CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    CADオペレーター向けの8つの資格【結論:資格がなくても働ける】

    2020.01.25

  4. 建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    建築CAD検定試験の難易度や合格率【勉強方法も解説】

    2020.01.25

  5. CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強も解説】

    2020.01.23

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】

    2019.10.19

  2. まとめ【現場監督の服装と持ち物を確認しよう】

    施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】

    2019.10.18

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働くメリットは?

    2018.12.09

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法

    2018.11.19

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】

    2018.10.24

建築設備のおすすめサイト