施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法
考える男性
考える男性

施工管理の仕事って朝が早いって本当?

興味はあるけど、朝早いと起きられないかも…

早く起きられるコツがあれば知りたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかること

  • 施工管理の朝が早い3つ理由
  • 朝早く起きるための方法3選
  • 朝早いのを回避する方法4選

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験で施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

結論、施工管理の朝は早いです。

そのため、早起きが苦手な方は不安に感じるかもしれません。

でも大丈夫です。

この記事では、朝早い施工管理の業務を回避する4つの方法を紹介します。

「施工管理の仕事をしてみたい!でも朝が不安…」という方は、この記事を参考にしてみてください。

この記事の監修者

株式会社ワット・コンサルティング

施工管理の技術者派遣を行う会社。これまで1500名以上の未経験者を施工管理として育成した実績あり。

  • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
  • 有料職業紹介事業許可番号 13- ユ-304267
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-1) 第150734号

施工管理の朝が早い理由は、以下の3つです。

理由

  1. 通勤時間が長くなる現場もあるから
  2. 現場が始まる前の準備が多いから
  3. 夜中に稼働できないから

詳しく解説します。

通勤時間が長くなる現場もあるから

施工管理は1つの現場が終われば、また次の現場へと移り変わります。

その際、現場が遠いと通勤時間も長くなります。

注意

場所によっては、通勤に2時間くらいかかることもあるでしょう。

遠い現場ほど通勤時間がかかるので、朝が早くなりがちです。

現場が始まる前の準備が多いから

施工管理は、現場の工事が始まる前の準備が多いです。

例えば、以下の準備が必要です。

朝の事前準備

  • 工事現場の開場
  • メールチェック
  • 各作業の工程確認
  • 職人さんへの連絡事項の確認
  • 朝礼時の掲示物の作成や貼り出し

現場が8時に始まることが多いので、その30分~1時間前には出勤し、これらの準備をします。

そのため、出勤時間もおのずと早くなります。

夜中に稼働できないから

日中施工の場合は、日が暮れると作業ができなくなってしまいます。

暗くて労災の危険性が高まるからです。

そのため、日が暮れるまでに作業を終える必要があります。

作業時間を確保するために、朝早くから仕事が始まるのです。

ポイント

ちなみに夜間作業の場合は、照明設備を用意しているため問題ありません。

朝早く起きるための方法3選
考える男性
考える男性

早く起きられるか不安だなぁ…

朝早く起きるためには、早起きする習慣を作ることが大切です。

以下の3つの習慣がおすすめです。

朝早く起きるための習慣

  1. 生活リズムを整える
  2. 朝起きたらすぐにカーテンを開ける
  3. 朝食は必ず食べる

詳しく解説します。

生活リズムを整える

生活リズムを整えると、早起きも苦ではなくなります。

生活リズムを整える方法

  • 夜更かししない
  • 休日も朝早く起きる
  • アルコールを控える
  • 寝る前にカフェインを摂らない
  • 寝る前にスマホやパソコンを見ない

できるだけルーティン化して、朝の目覚めをよくしましょう。

考える男性
考える男性

それでもスマホやパソコンを見ちゃうんだよな…

という方は、アプリに制限をかけておきましょう。

まずは、1つずつ確実にこなしていけばOKです。

朝起きたらすぐにカーテンを開ける

朝起きたら、すぐにカーテンを開けましょう。

体内時計がリセットされて、目が覚めるからです。

具体的には、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌が止まり、脳が覚醒します。

出典:文部科学省|第3章 健康なくらしに寄与する光 2 光の治療的応用―光による生体リズム調節―

具体的には、15秒間、目の中に光を入れましょう。

注意

太陽を直接見ないで、空を見上げる感じです。

朝日は夜の快眠にもつながります。

そのため、朝起きたらまずカーテンを開けて朝日を浴びましょう。

朝食は必ず食べる

朝食を食べるようにしましょう。

脳のエネルギー源となるブドウ糖を摂取できるからです。

農林水産省によると、朝食を食べるメリットは以下のとおりです。

朝食のメリット

  • 食事の栄養バランスが改善される
  • 生活リズムが良くなる
  • 心の健康にも良い

時間がなくても朝食は食べておくと、早起きにつながります。

朝早い施工管理の業務を回避する4つの方法
考える男性
考える男性

施工管理の朝が早いのはわかったけど、やっぱり少しでも寝ていたいな…

朝が早いのを回避する方法ってないの?

以下の方法があります。

朝早い業務を避ける方法

  1. 直行直帰できる企業に転職する
  2. 事務所や現場が集中している近辺に住む
  3. ハウスメーカー系の企業を選ぶ
  4. 週休2日制や4週8閉所を実現している企業を選ぶ

これらの方法を実践すれば、極端な早起きを避けられる可能性があります。

詳しく解説していきます。

直行直帰できる企業に転職する

直行直帰できる会社に転職するのがおすすめです。

朝に事務所に寄らなくていいので、通勤時間が短縮できるからです。

メリット

帰りも事務所に寄らずにまっすぐ帰れるのであれば、帰宅時間が早くなります。

結果、規則正しい生活がしやすくなるので、朝早く起きられるようになるでしょう。

直行直帰の会社かわからない場合は、面接で直接聞いてみましょう。

「施工管理業務の1日の流れを教えてください」と聞けばOKです。

事務所や現場が集中している近辺に住む

事務所の近くか、特定のエリアを受けもっている周辺に住むのも1つの方法です。

現場が近いので、通勤時間が短縮されます。

近くに賃貸物件があるかチェックしてみるのも良いでしょう。

ハウスメーカー系の企業を選ぶ

ハウスメーカー系の施工管理は、朝が遅い傾向です。

理由

  • 管理する項目が少ないから
  • エリアが限定されているから
  • 住宅が密集していることが多く朝早くから作業ができないから

朝礼が8時半~9時に始まる企業が多く、他の施工管理に比べると少し遅めです。

ハウスメーカーの施工管理については、ハウスメーカーの現場監督の仕事内容|キツいところとメリットも解説に詳しくまとめています。

週休2日制や4週8閉所を実現している企業を選ぶ

週休2日制や4週8閉所を実施している企業に転職するのもおすすめです。

休日にきちんと休みが取れて体力が回復できるので、結果的に朝早く起きられるからです。

施工管理は週6日の出勤が多いです。

しかし、国土交通省より施行された「働き方改革」によって、週休2日制や4週8閉所を実行している企業も増えつつあります。

企業の確認方法

  • 就職四季報でで確認する
  • 求人サイトを確認する
  • ネットの口コミを活用する
  • 企業ホームページを確認する

ちなみに、働き方改革は残業時間の上限規制もあるため、早く帰れるようにもなります。

建設業界の働き方改革については、2024年問題!建設業界の働き方改革12選|無理といわれる理由を参考にしてみてください。

未経験で施工管理に転職するときに失敗しないコツ
考える男性
考える男性

施工管理に興味はあるけど、転職に失敗したらどうしよう…

と不安な人は、以下の9つを実践しましょう。

転職の失敗を防ぐことができます。

転職で失敗しないコツ

  1. 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 未経験者OKの求人情報に絞る
  3. 転勤の有無をチェックする
  4. 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  5. 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  6. ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  7. 型に沿って志望動機を作る
  8. 型に沿って自己PRを作る
  9. 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しくは、未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9ステップにまとめたので参考にどうぞ。

ワット・コンサルティングでも未経験者さんを募集中

転職に失敗しないためにも、研修がしっかりした会社を選ぶことも大切です。

基礎を理解した上で働けるので、スムーズに仕事を始められるからです。

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングでは、業界平均の約2倍である「60日間の新人研修」を実施しています。

そのため「基礎をしっかり身につけてから働きたい!」という人に合っているでしょう。

他にも、ワット・コンサルティングには以下の強みがあります。

強み

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 優良派遣事業者に認定されている(派遣会社のうちわずか0.2%)

転職先候補の1つに加えてみてください。

朝早い施工管理について、よくある質問に答えていきます。

よくある質問

  • 施工管理の1日のスケジュールは?
  • 施工管理が早く帰るコツは?
  • 朝が早くても施工管理を続けるメリットは?

それぞれ見ていきましょう。

施工管理の1日のスケジュールは?

施工管理の基本的な1日のスケジュールは、以下のとおりです。

施工管理の1日のスケジュール

  1. 朝礼の内容
  2. 巡回の内容
  3. 打ち合わせの内容
  4. 事務作業の内容

施工管理の1日のスケジュールは、施工管理(現場監督)の1日のスケジュールと仕事の流れに詳しくまとめたので、参考にしてみてください。

施工管理が早く帰るコツは?

コツは以下の4つです。

早く帰るコツ

  1. アプリを使う
  2. パソコン機能を使う
  3. 昼間に事務作業する
  4. 残業が少ない会社に転職する

くりかえしですが、早く帰れば生活リズムが整うので、結果的に朝早く起きられます。

詳しくは、施工管理が早く帰る4つのコツ|残業が減っても年収を減らさない方法にまとめています。

朝が早くても施工管理を続けるメリットは?

施工管理にやりがいを感じられるからです。

主なやりがいは以下のとおりです。

施工管理のやりがい

  • 工事が無事に完了すると大きな達成感がある
  • 社会に貢献している実感が大きい
  • 職人さんと信頼関係ができるとうれしい
  • お客様から感謝される
  • 自分の仕事が形に残る
  • 公共性の高い仕事ができる
  • 裁量権をもって責任ある仕事を任される
  • リーダーとしてダイナミックな仕事ができる
  • 会社から評価されやすい
  • スキルアップを実感しやすい
  • 自分が担当した建設物がテレビで紹介されることがある

詳しくは、施工管理(現場監督)のやりがい・魅力16選!やりがいを感じるために必要なことにまとめているので参考にどうぞ。

この記事をまとめます。

施工管理の朝が早い理由は、以下の3つです。

朝が早い理由

  1. 通勤時間が長くなる現場もあるから
  2. 現場が始まる前の準備が多いから
  3. 夜中に稼働できないから

朝早いのを回避する方法は、以下のとおりです。

朝早いを回避する方法

  1. 直行直帰できる企業に転職する
  2. 事務所や現場が集中している近辺に住む
  3. ハウスメーカー系の企業を選ぶ
  4. 週休2日制や4週8閉所を実現している企業を選ぶ

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングは、未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングでは、業界平均の約2倍である「60日間の新人研修」を実施しているため、しっかりと基礎を身につけてから働けるので安心です。

転職先候補の1つに加えてみてください。

あなたの仕事選びの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 施工管理が未経験の人の志望動機の作り方【研修制度を会社を選ぶ】

    施工管理が未経験の人の志望動機の作り方と例文【研修で会社を選ぶ】

  2. 施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのNG逆質問も紹介

    施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのNG逆質問も紹介

  3. 現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

  4. リビング

    内装施工管理の仕事内容や年収相場|激務できついのかわかります

  5. ハウスメーカーの現場監督の仕事内容【キツいところとメリットも解説】

    ハウスメーカーの現場監督の仕事内容|キツいところとメリットも解説

  6. 造園施工管理のきついところ6選【やりがいや魅力7選も解説します】

    造園施工管理のきついところ6選|やりがいや魅力7選も解説

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのNG逆質問も紹介

    施工管理の面接で好印象を与える5つの逆質問|8つのN…

  2. 施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選も紹介

    施工管理(現場監督)の手帳活用術|おすすめの手帳8選…

  3. 施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避する4つの方法

    施工管理の朝早い3つの理由!朝早い施工管理を回避す…

  4. 道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資格5選を紹介

    道路の施工管理とは?施工方法や手順・おすすめの資…

  5. 杭工事における施工管理の流れ|注意点とおすすめの…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト