施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ
考える男性
考える男性

施工管理って、ヤンキーっぽい人たちと現場で働くの?

正直、ヤンキーっぽい人は苦手だから、施工管理の仕事をやっていけるか不安…

どうすればヤンキーっぽい職人さんとうまく仕事ができるの?

こういった不安に応える記事です。

この記事でわかること

  • 施工管理は現場でヤンキーっぽい人と働くのか?
  • ヤンキーっぽい職人さんが怖く見える3つの理由
  • 施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ
  • あなたが施工管理でやっていけそうか診断
  • 未経験から施工管理に転職するコツ

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

結論、施工管理はヤンキーっぽい職人さんと仕事をすることがあります。

理由は、建設業界の職人さんの中には、元ヤンキーの人もいるからです。

「怖くないかな…?」「怒られないかな…?」と不安になりますよね?

大丈夫です、詳しくは後述しますが、信頼できて優しい人も多いです。

この記事では、ヤンキーっぽい職人さんとうまく仕事をしていくコツを6つ紹介します。

コツを押さえていけば、ヤンキーっぽい職人さんとうまくやっていける可能性があるので、不安な人は最後まで読んでみてください。

ポイント

ヤンキーっぽい職人さんとうまく仕事をしていくための、施工管理の始め方も解説します。

施工管理に興味がある人は、この記事の内容に沿って、さっそく転職活動を始めていきましょう!

施工管理は現場でヤンキーっぽい人と働くのか?

くりかえしですが、施工管理は工事現場でヤンキーっぽい人と働くこともあります。

  • ヤンキーっぽい職人さん
  • ヤンキーっぽい施工管理

ただし、もちろん全員がヤンキーっぽい人ではありません。

建設現場では、以下のような人も働いています。

  • 文化系の人
  • 非体育会系の人
  • 女性の職人さん
  • 女性の施工管理

結論、ヤンキーっぽい人と働くかどうかは「現場次第」です。

ヤンキーっぽくても怖くない人も多い

ヤンキーっぽく見える人でも、怖いとは限りません。

以下のような人もたくさんいます。

  • 優しい人
  • 情に厚い人
  • 面倒見がいい人

高校時代などにヤンチャをしていた人であっても、今は立派な社会人です。

コミュニケーションをとりやすい人もいるので、安心してください。

参考記事

ちなみに、施工管理の仕事内容の全体像については、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説にまとめています。

ヤンキーっぽい職人さんが怖く見える3つの理由
考える男性
考える男性

でも、やっぱりヤンキーっぽい人は怖いよ…

家の近くの工事現場を見たけど、厳しそうで怖そうな人がいたよ?

ヤンキーっぽい職人さんが怖く見えるのは、以下のような理由があります。

理由

  1. 現場は危険が多いので注意するため
  2. 現場がうるさくて大きな声を出さないと聞こえないから
  3. 施工管理と仲良くすることが目的じゃない人もいるから

1つず解説していきます。

現場は危険が多いので注意するため

工事現場には危険が潜んでいます。

ケガを防ぐためにも、職人さんが厳しい口調で現場の注意喚起をすることがあります。

危険箇所の例

  • 電気設備
  • 重機の近く
  • 高所の足場

そのため、不用意に危険箇所に近づくと、怒られることもあるでしょう。

これは怒っているというより、事故を未然に防いでくれているイメージです。

ポイント

ちなみに、工事現場の安全対策をするのは、施工管理の仕事です。施工管理が行う安全対策は、施工管理の安全管理とは現場の危険を防ぐこと【6つの安全管理を簡単に解説】にまとめています。

現場がうるさくて大きな声を出さないと聞こえないから

大きな音が鳴り響く現場では、職人さんは大きな声を出すことがあり、怖く見えることがあります。

ですが、これはシンプルに、大きな声を出さないと相手に聞こえないからです。

工事現場で発生する大きな音

  • 重機の動作音
  • ハンマーの打撃音
  • 資材を切断する音など

もちろん怒っているわけではなく、相手に聞こえるように大きな声を出しているだけです。

施工管理と仲良くすることが目的じゃない人もいるから

職人さんの中には無口な人もいます。

施工管理と仲良くすることが目的ではなく、自分の仕事に集中しているためです。

ポイント

「業務の内容がわかれば、必要以上の話はしない」というタイプの人もいます。

そのため「怒ってるのかな…?」と感じてしまうこともあるでしょう。

この辺の考え方は人によりますし、それぞれの仕事のスタイルがあるので、あまり気にしないのがおすすめです。

施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ
考える男性
考える男性

なんとなくわかったけど、ヤンキーっぽい人が苦手だから不安だなぁ…

うまく仕事をしていくコツはないの?

結論、ヤンキーっぽい職人さんとうまく仕事をしていくコツは、以下の6つです。

コツ

  1. 職人さんに合わせる姿勢をもつ
  2. コミュニケーション能力をアップする
  3. 業務知識を身につける
  4. 職人さんたちが仕事をしやすい環境を作る
  5. 資格を取得して箔をつける
  6. 経験を積んで信用される

1つずつ実践していくことで、仕事をやりやすくなります。

転職後のイメージになると思うので、詳しく解説していきます。

職人さんに合わせる姿勢をもつ

もっとも大切なことは、職人さんに合わせる姿勢をもつことです。

人間関係の基本は、まず相手に合わせることだからです。

  • 職人さんの口調に合わせる
  • 職人さんの話題に合わせる
  • 職人さんのテンションに合わせる

施工管理が上から目線で話したら、誰だって気を悪くしてしまうでしょう。

まずは職人さんに合わせる姿勢をもつことで、人間関係がうまくいきやすいです。

注意

ただし「言いなりになる」「ペコペコする」という意味ではありません。

仕事で大切なことは伝えつつも、職人さんをリスペクトして、寄り添うマインドが大切です。

コミュニケーション能力をアップする

職人さんとうまくコミュニケーションをとるスキルも身につけていきましょう。

具体的なコツは以下の13個です。

コツ

  1. 元気よく挨拶・返事をする
  2. きちんと感謝を伝える
  3. 休憩時間にコミュニケーションをとる
  4. 工事内容を把握するよう努める
  5. 職人さんをリスペクトする
  6. 職人さんの話をよく聞く
  7. 職人さんの提案を採用する
  8. 報連相を徹底する
  9. 感情的にならない
  10. 職人さんのやり方を否定しない
  11. 頭を下げてお願いする
  12. 熱心に仕事に取り組む
  13. コミュニケーションの5Cを意識する

詳しくは、施工管理が職人さんとうまくコミュニケーションを取る13のコツ!人間関係を良好ににまとめたので、参考にしてみてください。

業務知識を身につける

当然ですが、業務知識を身につけていきましょう。

職人さんから質問されたときに、すぐ答えられると信用してもらえるからです。

具体例

  • 図面の知識
  • 施工の知識
  • 法律の知識
考える男性
考える男性

施工管理の業務知識って、どこで勉強すればいいの?

これは、転職する会社の新人研修で学べばOKです。

できるだけ研修が充実している会社に転職すると、スムーズに施工管理の仕事をスタートできます。

ワット・コンサルティングの研修は業界トップクラスの60日間

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から施工管理になりたい人を募集しています。

業界トップクラスの「60日間の新人研修」を用意しています。

そのため、

考える男性
考える男性

しっかりと基礎を勉強して、少しでも現場で怒られたくない…

という人にも合っていると思います。

もちろん、どんなに研修しても現場で怒られることはありますが、研修を受けずに現場に出るよりは良いでしょう。

他にも、ワット・コンサルティングには、以下の強みがあります。

ワット・コンサルティングの強み

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 優良派遣事業者に認定されている(派遣会社のうちわずか0.2%)

あなたの転職先候補の1つに加えてみてください。

職人さんたちが仕事をしやすい環境を作る

施工管理は、職人さんたちが仕事をしやすい環境を作りましょう。

職人さんたちは仕事に専念できるので、喜ばれて信頼関係が生まれやすいからです。

施工管理がやること

  • 報連相の徹底
  • 資材発注にミスがないか
  • 最新の図面を共有できているか
考える男性
考える男性

でも、新人の施工管理だと、何をすればいいかわからないよ…

新人のころは、以下のように簡単なサポートから始めていきましょう。

新人施工管理の仕事例

  • 現場の掃除
  • 職人さんが使う道具をそろえる
  • 休憩中に飲み物の差し入れ

小さなことかもしれませんが、こうしたサポートの積み重ねが信頼関係につながります。

ちなみに、新人の施工管理の仕事内容は、現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】を参考にどうぞ。

資格を取得して箔をつける

施工管理に転職したら、資格を取得して箔をつけていきましょう。

職人さんから一目おいてもらえることがあります。

ポイント

「施工管理技士」という資格がおすすめです。

施工管理スキルを証明できる国家資格です。

施工管理技士については、施工管理技士試験の難易度や資格の種類!各試験の難しい順も解説にまとめています。

ただし、施工管理技士を受験するには実務経験が必要です。

そのため、まずは未経験から施工管理に転職して、実務経験を積んでいけばOKです。

経験を積んで信用される

基本的なことですが、施工管理で経験を積んで、職人さんに信用されましょう。

考える男性
考える男性

いつ、どれくらいの仕事ができれば信用してもらえるの?

信用されるレベルは職人さんによって変わりますが、施工管理3年目の目標イメージは以下のとおりです。

3年目の目標イメージ

  • 工程管理・安全管理・品質管理がある程度できる
  • 職人さん・施主・業者さんとある程度コミュニケーションがとれる
  • 朝礼やKYミーティングができる
  • ある程度トラブルを解決できる
  • 後輩の指導・育成

詳しくは、3年目の施工管理(現場監督)の目標の目安【やった方がいい3つのこと】にまとめたので、参考にしてみてください。

【番外編】いずれ大手ゼネコンに転職する

考える男性
考える男性

でも、ヤンキーっぽい人はやっぱり苦手なんだよね…

ずっと一緒に仕事をしていくのは大変かも…

という人は、いずれ大手建設会社であるゼネコンに転職を目指しましょう。

ゼネコンの施工管理だと、職人さんと直接話すというよりは、現場の棟梁や責任者と話すことが多いからです。

ポイント

ただし、未経験者がいきなりゼネコンに転職するのは難しいです。

最初は未経験者を募集している会社で経験を積んで、いずれゼネコンに転職を目指しましょう。

考える男性
考える男性

なんとなくわかったけど、自分はヤンキーっぽい職人さんたちと仕事をしていけるのかな…?

と不安な人は、施工管理の適職診断をやってみましょう。

以下に多く該当するほど、あなたは施工管理に向いています。

適職診断

  1. コミュニケーション能力がある
  2. リーダーシップがある
  3. チームワークを活かせる
  4. マネジメント能力がある
  5. スケジュール調整能力がある
  6. リスク管理できる
  7. 体力がある
  8. 臨機応変に対応できる
  9. マルチタスクができる
  10. 交渉力がある
  11. 気配りができる
  12. 細かいことに気がつく
  13. 元気よく話せる、元気よくあいさつと返事ができる
  14. 年上に好かれる・かわいがられる
  15. 初対面の人と仲良くできる
  16. 説明がわかりやすい
  17. 自分の意見を言える
  18. 仕事が丁寧
  19. 整理整頓できる
  20. 細かい仕事ができる
  21. 算数ができる
  22. 勉強し続けられる
  23. 体育会系
  24. メンタルが強め
  25. 理不尽なことや嫌なことがあってもすぐ立ち直れる
  26. 健康体
  27. タバコの煙に抵抗がない
  28. お酒が飲める
  29. 建設やモノづくりが好き
  30. 向上心・チャレンジ精神がある

詳しくは、施工管理に向いている人の特徴31選|向いてない人の特徴も解説にまとめています。

未経験から施工管理に転職するコツ
考える男性
考える男性

施工管理に挑戦してみようかなぁ…

未経験で施工管理に転職するコツを知りたい。

未経験者さんが施工管理に転職するとき、失敗を防ぐコツは以下の9つです。

失敗を防ぐコツ

  1. 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 未経験者OKの求人情報に絞る
  3. 転勤の有無をチェックする
  4. 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  5. 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  6. ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  7. 型に沿って志望動機を作る
  8. 型に沿って自己PRを作る
  9. 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しくは、未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減らせるにまとめています。

今回の転職に失敗したくない人は、最後まで読んでみてください!

最後に、施工管理や職人さんについて、よくある質問に答えていきます。

職人さんたちは体力がありそうだけど自分はついていける?

基本的に、施工管理は工事業務をしません。

業務内容

  • 施工管理:現場の監督業務
  • 職人さん:現場の工事業務

そのため、極端な体力がなくても大丈夫です。

施工管理の仕事内容は、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説|未経験者向けに詳しくまとめています。

職人さんたちと信頼関係を築くメリットは?

他の現場でまた一緒になったとき、仕事をしやすくなります。

そのため、できる限り職人さんと信頼関係を築いておきましょう。

注意

反対に、職人さんと信頼関係を築けていないと、別の現場でまた一緒になったとき苦労するかもしれません。

まとめ|ヤンキーっぽい人もいるけど施工管理次第でうまく仕事ができる

くりかえしですが、建設現場にはヤンキーっぽい人もいます。

ヤンキーっぽい職人さんとうまく仕事をするコツは、以下の6つです。

コツ

  1. 職人さんに合わせる姿勢をもつ
  2. コミュニケーション能力をアップする
  3. 業務知識を身につける
  4. 職人さんたちが仕事をしやすい環境を作る
  5. 資格を取得して箔をつける
  6. 経験を積んで信用される

施工管理に挑戦してみたい人は、さっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

ポイント

スムーズに施工管理の仕事に入っていくためには、新人研修が充実している会社に転職しましょう。

できる限り基礎を理解した上で現場に入れば、職人さんの信頼を得やすくなります。

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングでは、業界トップクラスの「60日間の新人研修」を用意しています。

しっかりと基礎を学んでから施工管理をスタートさせたい人は、転職先候補の1つに加えてみてください。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 施工管理

    施工管理の志望動機の例文!実務経験を職務経歴書にどう書く?

  2. 施工管理が未経験の人の志望動機の作り方【研修制度を会社を選ぶ】

    施工管理が未経験の人の志望動機の作り方と例文【研修で会社を選ぶ】

  3. 施工管理と現場監督の4つの違い【求人情報を見るときの注意点】

    施工管理と現場監督の4つの違い|求人情報を見るときの注意点

  4. 施工管理(現場監督)の11の職種を解説【仕事内容・やりがいも紹介】

    施工管理(現場監督)の16種類の職種を解説

  5. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9ステップ

  6. 現場監督

    ムカつく現場監督あるある7選【職人さんにムカつかれないコツ】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

    夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

  2. 令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正される|3つの注意点も解説

    令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正され…

  3. 施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につける方法も解説

    施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につけ…

  4. 建設機械施工管理技士と土木施工管理技士の違いと取得するメリットを解説

    建設機械施工管理技士と土木施工管理技士の違いと取…

  5. 現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト