施工管理の事務作業12選|転職前に勉強しておくといい5つのこと

施工管理の事務作業11選【転職前に勉強しておくといい3つのこと】
考える男性
考える男性
施工管理の事務作業って、どんなことやるの?

未経験で転職を考えてて、仕事内容を詳しく知りたいんだよね。

パソコンが苦手だけど、大丈夫かなぁ…

施工管理の事務作業のために、今から勉強しといた方がいいこととかある?

自分が施工管理でうまくやっていけるか不安だなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

この記事でわかること

  • 施工管理の事務作業の内容がわかる
  • 施工管理の事務作業のために勉強しておいた方がいいことがわかる
  • あなたが施工管理でうまくやっていくコツがわかる

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験で施工管理に転職したい人を募集しています。

施工管理の事務作業の内容を解説します。

現場の監督業がメインに思える仕事ですが、けっこう事務作業もあります。

未経験から施工管理に転職する前に、事務作業のために勉強しておいた方がいいことも解説しますね。

また、あなたが施工管理に転職してうまくやっていくコツもまとめたので、転職の参考にどうぞ。

施工管理の仕事をよく理解してから転職したい人は、最後まで読んでみてください!

この記事の監修者

株式会社ワット・コンサルティング

施工管理の技術者派遣を行う会社。これまで1500名以上の未経験者を施工管理として育成した実績あり。

  • 労働者派遣事業許可番号 派13-304593
  • 有料職業紹介事業許可番号 13- ユ-304267
  • 特定建設業 東京都知事許可 (特-1) 第150734号

目次

施工管理の事務作業11選【細かく解説します】

結論、施工管理の事務作業は下記の12種類があります。

施工管理の事務作業

  1. 朝礼の準備
  2. 施工計画書の作成
  3. 原価計算
  4. 施工図の作成
  5. 写真の整理
  6. 行政向けの書類作成
  7. 打ち合わせ資料の作成
  8. 発注書類の作成
  9. 業者とのやりとり
  10. 請求書の作成・発送
  11. 報告書類の作成
  12. 工事記録書類の作成

1つずつ解説しますね。

参考記事

ちなみに、事務作業を含む施工管理の仕事内容の全体像については、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説にまとめています。

①朝礼の準備

工事現場では朝礼がありますが、朝礼の準備をするのは施工管理の仕事です。

具体的には、下記のような事務作業を行います。

仕事内容

  • 当日の工事の資料作成
  • 連絡事項の整理
  • 危険箇所の説明資料の作成

「危険箇所の説明資料の作成」についてですが、工事現場には危険箇所がたくさんあります。

現場で働く職人さんたちがケガをしないためにも、危険箇所を全員で共有する必要があり、そのための資料作成が必要。

この辺は、施工管理の安全管理とは現場の事故を防ぐこと【4つの安全管理がある】が参考になると思います。

また、朝礼の準備は新人の施工管理がやる会社も多いですね。

参考:現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】

②施工計画書の作成

「施工計画書」とは、簡単にいうと「工事のスケジュール資料」みたいなものです。

どの工事をどんな手順でやるかをまとめた資料ですね。

施工計画書の内容は下記のとおり。

施工計画書の内容

  • 工程表
  • 施工要領書
  • 品質管理計画表

「工程表」は、工事の手順を記したものです。

工程表の内容

  • 各箇所の工事の手順
  • 資材搬入の手順
  • 人材配置の手順

この辺は、施工管理の工程管理とは【あなたが工程管理に向いてるかも診断できる】に詳しくまとめてます。

「施工要領書」は、下記のようなことを記したものです。

施工要領書の内容

  • 使用する材料・資材
  • 工事手順
  • 重機の配置
  • 搬入出計画

「品質管理計画表」とは、建設物の品質を良くするための計画表です。

品質管理を怠ると欠陥工事を招く原因になり、後で大問題に発展するので重要。

施工管理の品質管理については、施工管理の品質管理とは【未経験者さん目線でわかりやすく解説します】に詳しくまとめてます。

工事は悪天候などでスケジュールが遅れることもあるので、そうした遅れにも柔軟に対応するためにも、施工計画書の作成が重要です。

③原価計算

原価計算とは、会社に利益が出るようにお金の計算をしながら工事を進めることです。

こうした計算をするのも施工管理の仕事。

品質の高い建設物を造りつつ、会社の利益を最大化する必要があります。

多少の計算力は必要です。

④施工図の作成

「施工図」とは、工事用の図面だと思ってください。

建築士などから送られてくる図面もあるんですが、これは工事には使えません。

なぜなら、役割が違うからです。

役割の違い

  • 建築士が書く図面:お客様や行政に見せるための図面
  • 施工管理が書く施工図:工事を進めるための図面

なので、建築士からもらった図面を施工図に書き直す作業があり、これも施工管理の仕事です。

この辺の詳細は、施工管理もCADを勉強した方がいい【無料で勉強する方法も解説】にまとめてます。

⑤写真の整理

工事の進捗の写真を整理するのも、施工管理の事務作業の1つ。

図面どおりに、法律を守って工事したことを証明するために、工事箇所の写真を撮る必要があります。

写真の枚数は膨大なので、それを整理する仕事です。

施工管理の写真については、施工管理の写真の撮り方8つの注意点【撮影の便利ツールも紹介する】に詳しくまとめてるのでどうぞ。

⑥行政向けの書類作成

公共工事は行政に提出する書類が多く、これを作成するのも施工管理の仕事です。

民間の工事と違い、公共工事は報告ごとが多いので、事務作業は多め。

特に、土木工事は公共工事が多いので、行政向けの書類作成が多いですね。

参考:土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】

⑦打ち合わせ資料の作成

打ち合わせ用の資料を作るのも、施工管理の仕事です。

工事は後戻りができないので入念に進める必要があり、そのため打ち合わせも多くなります。

打ち合わせ資料を大きく2つに分けると、業者向け顧客向けがあります。

資料の違い

  • 業者向け:設計事務所、職人など
  • 顧客向け:お客様、行政

⑧発注書類の作成・発送

工事に必要なものの発注書類を作るのも施工管理の仕事。

具体的には、下記のような発注の書類を作ります。

発注の内容

  • 材料・資材
  • 重機
  • トラック
  • 人材

発注ミスがあると大きなロスなので、ここは慎重に行う必要があります。

⑨業者とのやりとり

各種業者とのやりとりも施工管理の仕事です。

施工管理には多くの連絡が入るので、事務所で電話対応orメール対応をすることも多いです。

⑩請求書の作成・発送

お客様や行政に対して、請求書を作って送るのも施工管理の仕事。

大切なお金に関することなので、施工管理が責任をもって請求書を作るケースが多いですね。

⑪報告書類の作成

各種報告書を作成する仕事もあります。

具体的には下記のとおり。

作成する報告の書類

  • 日報
  • 月報
  • 行政への報告書類

⑫工事記録書類の作成

施工管理は工事の内容を記録していきます。

いつどんな工事が行われたか記録を残すことで、品質を証明できるからです。

具体的には以下などを行います。

記録する内容

  • 使用した部材
  • 施工した内容
  • 施工の過程を記録した写真の貼り付け

例えば、型枠にセメントを流し込んでしまうと、もう中を確認できなくなってしまいます。

そのため、セメントを流し込む前に工事記録をとっておくイメージです。

事務作業の有無で施工管理と現場監督を分ける会社アリ

会社によっては、施工管理の事務作業が少ないところもあります。

そういう会社は「施工管理」「現場監督」で役割を分けてることアリ。

役割の違い

  • 施工管理:現場の管理+事務作業
  • 現場監督:現場の管理がメイン(事務はあまりやらない)

特に大手企業だと、施工管理と現場監督を分けているケースが多いです。

※中小企業だと、施工管理が現場管理も事務作業もやるイメージ。

この辺の詳細は、施工管理と現場監督の4つの違い【求人情報を見るときの注意点】にまとめたのでどうぞ。

【あるある1】事務作業は夕方以降にまとめてやる

忙しい現場だと、昼間は現場の管理ばかりで、事務作業は工事が終わった夕方以降に行うこともあります。

そのため、どうしても残業になってしまう人もいます。

考える男性
考える男性

できるだけ早く帰りたい…

という人向けの昼間に事務作業をするコツは後述するので、このまま読み進めてみてください。

【あるある2】雨の日はまとめて事務作業をやる

施工管理あるあるですが、雨の日にまとめて事務作業をする人は多いです。

晴れて工事が進む日は、どうしても現場の方が忙しいから。

この辺は、施工管理(現場監督)の雨の日の仕事内容【あなたはやっていけるのか】を参考にどうぞ。

施工管理サポート・アシスタントの女性が増えている

施工管理を事務作業をサポートする「施工管理アシスタント」の女性が増えています。

施工管理アシスタントの主な仕事内容

  • 現場の写真撮影
  • 写真の整理
  • 工事の図面(施工図)の作成
  • 工事の仕様書(指示書)の作成
  • 工程表(工事のスケジュール表)の作成
  • 行政への申請書類の作成
  • 日報の作成
  • 関連会社との連絡業務
  • 各種報告書の作成
  • 資材の発注
  • 朝礼の資料準備
  • 電話対応など

施工管理アシスタントがいる会社だと、事務作業を軽減できる傾向です。

この辺は参考までに、施工管理アシスタントとは?仕事内容や志望動機のコツを解説を参考にどうぞ。

考える男性
考える男性

事務作業を効率化するにはどうすればいいの?

結論、以下の3つがおすすめです。

事務作業を効率化する方法

  1. 施工管理アプリを使う
  2. パソコン機能を使う
  3. スマホで事務作業を進める

できれば、施工管理向けのITシステムやアプリを導入している会社に転職しましょう。

事務作業を効率化できているので、早く仕事が進みます。

また、昼間にスマホで事務作業を進めておくことも大切です。

具体的には、以下のツールを使いましょう。

使うツール

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • クラウドツール

詳しくは、施工管理が早く帰る4つのコツ【残業が減っても年収を減らさない方法】にまとめています。

できるだけ事務作業を効率化したい人は、参考にしてみてください。

施工管理の事務作業のために勉強しておいた方がいい3つのこと
考える男性
考える男性
施工管理の事務作業をスムーズにできるようになりたいから、今から勉強しておいた方がいいことってある?

基本的には入社してから学ぶことが多いですが、もし心配なら下記の5つを勉強しておいて損はありません。

勉強した方がいいスキル

  1. 基礎的なパソコンスキル
  2. CADスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 簿記スキル
  5. マルチタスクスキル

1つずつ解説しますね。

※ただし、これら3つは転職してからでも身につけられるので、先に転職してしまってもOKです。

①基礎的なパソコンスキル

基礎的なパソコンスキルは、あった方が良いですね。

なぜなら、施工管理はけっこうパソコンを使う仕事だから。

お伝えしてきたとおり、資料作成や写真の整理など、パソコン作業はけっこうあります。

パソコンに自信がない人は「MOS」の勉強をしてみると良いかと。

マイクロソフト社のパソコン資格で、下記の基礎スキルが身につきます。

身につくスキル

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント

不安な人は、先に勉強しておくと良いと思います。

②CADスキル

興味あればCADを学んでおいて損はありません。

前述のとおり、施工図の作成があるから。

CAD操作は転職してから勉強する人が多いですが、心配なら先に勉強しておいて損はないかと。

具体的な勉強方法は、Jw_cadの無料ソフトをダウンロードして触ってみるのがおすすめ。

有料ソフトもあるんですが、練習なら無料版で十分です。

この辺は、施工管理もCADを勉強した方がいい【無料で勉強する方法も解説】が参考になると思います。

③コミュニケーションスキル

一見すると事務と関係なさそうですが、コミュニケーションスキルも勉強しておいて損はありません。

なぜなら、事務作業には報連相が必須だから。

例えば、何か書類を作るにしても、下記のような人たちに確認をとる必要があります。

確認が必要な人たち

  • 上司
  • 会社
  • お客様
  • 業者
  • 職人さん

このとき、上手にコミュニケーションを取れないと事務作業も進みません。

コミュニケーションスキルについては、施工管理が職人さんとうまくコミュニケーションを取る13のコツ!人間関係を良好にを参考にどうぞ。

④簿記スキル

少しでいいので、簿記を勉強しておくと良いでしょう。

施工管理は原価計算を行い、利益が出るように工事を進める必要があるからです。

簿記資格まで取得しなくてもいいので、基礎だけ勉強しておくと仕事に活かせます。

⑤マルチタスクスキル

マルチタスクスキル、つまり複数の仕事を同時進行するスキルを身につけるのがおすすめです。

施工管理はマルチタスクで業務を進めるから。

具体的には、以下を意識して行動するのがコツです。

コツ

  • 優先順位をつける
  • 集中できる環境を整える
  • 決まった時間で休憩をとる
  • スプレッドシートやアプリでタスク管理する

今の仕事で練習してみるのも良いでしょう。

あなたが施工管理でうまくやっていく2つのコツ

あなたが施工管理でうまくやっていく2つのコツ
考える男性
考える男性
なんとなくわかったけど、自分が施工管理でうまくやっていけるか不安だなぁ…

と心配な人は、下記の2つがおすすめです。

施工管理でうまくやっていくコツ

  1. 施工管理の適職診断をしてみる
  2. 研修がしっかりしている会社に入社する

1つずつ解説します。

①施工管理の適職診断

そもそも、あなたが施工管理に向いてるか適職診断しておくと良いでしょう。

向いてるなら、自信をもって転職できるから。

施工管理の適職診断については、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】にまとめてます。

施工管理に向いてる人の特徴を30個あげており、10個以上に当てはまれば向いてると思います。

転職前にどうぞ。

②研修がしっかりしている会社に入社する

転職するなら、研修がしっかりしている会社に入社しましょう。

未経験なので、研修がおろそかだと現場でパニックになるから。

研修がしっかりしている会社の選び方は、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】に詳しくまとめてます。

ワット・コンサルティングの新人研修は業界トップクラス

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは下記の6つ。

強み

  • 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  • 未経験者の採用率80%
  • 累計1500名の未経験者を育成
  • 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  • 優良派遣事業者に認定されている(派遣事業者のうちわずか0.2%)
  • 60日間の研修で基礎をしっかり学べる(研修期間の長さは業界平均の2倍)

「しっかりと基礎を学んでから働きたい!」という人に合っていると思います。

会社説明会があるので、就職・転職の情報収集に活用してみてください。

最後に、施工管理の事務作業に関連する質問に答えていきます。

施工管理の事務作業に役立つ資格は?

しいていうなら以下の資格が良いでしょう。

資格

  • MOS
  • CAD利用技術者

ただし、資格を取得しなくてもOKです。

業務の勉強のために、MOSやCAD利用技術者を勉強する程度でも大丈夫です。

ちなみにCAD利用技術者については、CAD利用技術者試験の難易度を合格率や過去問から分析【勉強方法も解説】にまとめています。

建設会社の事務職に転職できる?

募集があれば転職できるかもしれませんが、一般的に事務職は募集が少ないです。

令和5年8月の「一般事務従事者」の有効求人倍率は、わずか0.34倍しかありません。

「1人の求職者に対して0.34件の求人しかない」という意味です。

そのため、転職の難易度は高いです。

建設会社の事務職については、建設会社の事務職の仕事内容【有利な資格や志望動機のコツも解説】にまとめています。

まとめ【施工管理は事務職もある。仕事内容を把握しよう】

最後にもう一度、施工管理の事務作業をまとめておきます。

施工管理がおこなう事務作業

  1. 朝礼の準備
  2. 施工計画書の作成
  3. 原価計算
  4. 施工図の作成
  5. 写真の整理
  6. 行政向けの書類作成
  7. 打ち合わせ資料の作成
  8. 発注書類の作成
  9. 業者とのやりとり
  10. 請求書の作成・発送
  11. 報告書類の作成
  12. 工事記録書類の作成

もし施工管理の事務作業が不安であれば、転職前に下記の5つを勉強しておいて損はないかと。

※ただし、転職してからでも学べるので、先に転職しちゃってもOKです。

勉強した方がいいスキル

  1. 基礎的なパソコンスキル
  2. CADスキル
  3. コミュニケーションスキル
  4. 簿記スキル
  5. マルチタスクスキル

最終的には、研修がしっかりしている会社に転職するのが一番だと思います。

※研修でも事務作業のやり方を教えてくれるから。

未経験の施工管理の転職に失敗しないコツは、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】にまとめてます。

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

会社説明会があるので、就職・転職の情報収集にどうぞ。

あなたの転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. リフォームの施工管理の仕事内容【楽しいところときついところも解説】

    リフォームの施工管理の仕事内容|楽しいところと大変なところも解説

  2. 【2021年版】現場監督におすすめのデジカメ5選【写真アプリも紹介】

    現場監督におすすめのデジカメ5選【写真アプリも紹介】

  3. 施工管理は何歳まで働ける?【答え:何歳でもOK】転職の注意点7選も解説

    施工管理は何歳まで働ける?【答え:何歳でもOK】転職の注意点7選も解説

  4. 施工管理のキャリアプラン6ステップ【面接での答え方も解説します】

    施工管理のキャリアプラン6ステップ|面接での答え方も解説

  5. 施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

    施工管理がヤンキーっぽい職人さんと仕事をしていく6つのコツ

  6. 施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事じゃないけどね】

    施工管理を楽な順に並べてみた【結論:楽な仕事ではない】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

    夏の施工管理あるある5選|夏の暑さ対策10選も紹介

  2. 令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正される|3つの注意点も解説

    令和6年度から施工管理技士試験の受験資格が改正され…

  3. 施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につける方法も解説

    施工管理に必要な5つのマネジメントスキル|身につけ…

  4. 建設機械施工管理技士と土木施工管理技士の違いと取得するメリットを解説

    建設機械施工管理技士と土木施工管理技士の違いと取…

  5. 現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理になる方法も解説

    現場に出ない施工管理もある!現場に出ない施工管理…

  1. 施工管理とは?をわかりやすく解説【ようは監督です】

    施工管理が転職で失敗しない3つのコツ|進め方5ステ…

  2. 未経験から施工管理に転職するコツ

    未経験でも施工管理に転職できる!転職に失敗しない9…

  3. 現場監督

    施工管理の派遣で働く14のメリットと6つのデメリット…

  4. 施工管理

    施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で…

  5. 札束

    施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析|資…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建築設備のおすすめサイト